※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『初恋の風が吹く頃に』

生まれてから一度も、恋をしたことがなかった。好きになれる男の子が
いるとか、いないとかそういうことじゃない。ちょっぴり不安で、怖かった。
早い話が、私は子供なのだ。恋に臆病な十七歳の乙女なのだ。
雛「うにゅ~眠いのぉ。でも、お腹もすいたのぉ」
金「どっちかにするかしらぁ~。本当に雛苺は子供かしらぁ」
雛「ぷぅ~、雛は子供じゃないもん!」
金「そうかしらぁ~?お子様の匂いが、プンプンしてくるかしらぁ」
雛「そう言う、金糸雀の方こそお子様なのぉ~。だって雛は今、恋に夢中なんだから!」
金「えっ?」

私は、とても驚いていた。ずっと、自分よりも子供だと思っていた雛苺の口から
『恋』なんて言葉が出てきたからだ。急に自分が、恥ずかしくなった。
金「恋って……お魚の鯉かしらぁ?」
雛「ち~が~う~のぉ!雛ね、好きな人がいるのぉ。もう夢中なのぉ!」
金「それって、誰のことかしらぁ?」
雛「え~とねぇ、う~んとねぇ、ジュンなのぉ!」
ジュンという人は、眼鏡をかけたさえない男子だ。でも、ちょっと格好良い
と思った瞬間も多々ある。いや、それよりも雛苺に好きな人がいることに
私は、ショックを受けていた。このままだと、置いてかれてしまうような
気がして、不安だった。
思わず私は、その場から逃げるように立ち去った。
雛「う~んとね、後、巴も蒼青石も、真紅もみんな好きなのぉ!…ってあれ?」

薔薇学園NO1の天才に、不可能の文字はない!でもでも、やっぱり恋は
苦手かしら。こう言う時こそ、大人の意見を聞く時。雛苺には負けてられない!
まず手始めに、水銀燈の意見を聞いてみるかしら。
水「どうしたのぉ?深刻な顔しちゃってぇ。痔にでもなった?」
金「違うかしらぁ!実は、その……恋の仕方を教えて欲しいのかしら」
水「恋の仕方ぁ?急にどうしちゃったのよぉ?」
金「と、特に理由はないかしら。良いから、カナに教えて欲しいかしら」
水「そうねぇ……。まず、トラヴィダ語をマスターしなさぁい」
金「メモしなきゃかしらぁ。(トラヴィダ語…?)」
水「その後ねぇ、少女漫画を最低でも、千冊は読みなさい。学校に来る時は
必ず遅刻寸前で、パンを咥えなさい。後は…」
金「ちょっと、ストップかしらぁー!真面目に応えて欲しいかしらぁ」
やっぱり、冗談だった。昔はクールでちょい悪だった水銀燈も、今は薔薇水晶の
影響で、おかしくなっちゃったかしら。

気を取り直して、再度聞くと、水銀燈は急に真剣な顔をして、語りだした。
水「恋っていうのはねぇ、簡単に説明すると男と女が(ここからは自主規制)」
水「で、ああなって、(ピーーーーーー)するものなのよぉ?わかりましたかぁ?」
金「ふむふむ……って、こんな卑猥なこと出来るわけないかしらぁ!」
水「はい、授業料として、ヤクルト買ってきてちょうだぁい」
金「おめぇに飲ませるヤクルトはねぇ!かしらぁ!」
水銀燈は、やっぱり私を子供扱いしてる。悔しいけど、私が子供なのは
認めざるをえない。恋って一体なんなのだろう?

恋人ってなんなのだろう?友達でも、親でも、兄弟でもない。口にするのは簡単だけど、説明するのは難しいかもしれない。
金「はあ……。恋ってなんなのかしらぁ。きゃあ!」
突然、強い風が吹いた。スカートが風で揺れる。とっさに、めくれるスカートを
押さえる。純潔な乙女としては、当然の行為だ。
金「もう!なんてエッチな風かしらぁ!」
蒼「あれ?金糸雀じゃないか。こんな時間まで学校にいるなんて、どうしたの?」
金「蒼星石…。あの、その、たそがれていたのかしらぁ」
蒼「クスッ。そうなんだ」
どうしてだろう?彼女の笑顔を見た瞬間に、胸の奥が、ズキズキして
それと同時に、ぽわぁん、ってする。もしかして、これが恋というものなのだろうか?
蒼星石が私の隣に来る。部活が終わったあとだからか、ほんのりと汗の匂いがする。
でも、なんだかとても良い匂い……。

蒼「ねえ、見て?あの夕陽、とても切なくて、綺麗じゃない?」
金「本当…かしらぁ…」
夕陽なんかより、私は蒼星石を見ていた。夕陽に照らされるその整った顔は
より一層、綺麗に映えていた。
蒼「金糸雀、どうしたの?顔がなんか紅いよ?」
金「ゆ、夕陽のせいで、そう見えるだけかしらぁ~」
恋をする相手は、男の子は女の子にする。女の子は男の子にするものだと思っていた。
でも、女の子が女の子に恋をしても、良いよね?
蒼「もう、帰ろうか?このままいたら、夜になっちゃうし」
金「も、もうちょっとだけ……こうしていたい。…かしらぁ」
蒼「……金糸雀がそうしたいなら、もうちょっとだけいようか?」
金「お願いします、かしらぁ~!」
恋がなんなのか、わかった気がした。強い風が吹いたあの日、初めての恋をした。
…完

「ついに……ついに恋しちゃったのかしらー!」
 バイオリンケースを右手にもったまま、両手でガッツポーズをとる。
 そして、体を上下左右にくねくねとねじった。
 ――――でも。
 ぴた、と足が止まり、笑顔は徐々に憂いをおびていく。
「相手は女の子、なのかしら……」
 項垂れると、今度は大きくため息を吐く。
「で、でもでも、それでも……」
 そこで、言葉は途絶えた。
 金糸雀は、街灯が照らす道を再び歩き出す。
 今呟いてしまったことは、忘れてしまおう……。
 ふと空を見上げれば、そこには闇が広がっていて。
 さっき見た夕陽は、無い。
 当然のことなのにどこか虚しさを感じて、俯く。

「ふっふっふ……この薔薇乙女一の才女、金糸雀もついに初恋しちゃったのかしらー!」
「かなりあもなのー?」
「だからやっぱり雛苺のほうが子供なのかしら!」
「ぅぅー違うもんー」

 勝ち誇った笑みを浮かべていると、ふいに額に衝撃が与えられる。

「痛……っ水銀燈! いきなりでこぴんするなんて酷いのかしらー!」
「初恋ぐらいで自慢してるからよぉ。どうせ自慢するなら私ぐらい経験豊富じゃないとねぇ……?」
「な……」
「大体、自慢してる暇があったら実らせる努力でもしたらどぉ?」
「み、実らせる……?」
「うふふ、どうアタックすればいいのかわからないんでしょぉ? 私が教えてあげてもいいわよぉ」


「ほ、ほん」とう? と言いかけて、昨日の嫌な記憶が甦る。
「……その手にはひっかからないのかしら!」
「あらぁ……そう。じゃぁまぁ、頑張ってねぇ」
 
 ひらひらと手を振り去っていく水銀燈。

 ――――まずいかしら。
 お弁当箱を抱えたカナリアは俯いたまま廊下を歩く。
 と、ふいに肩がぶつかった。
「あ、ごめんなさいかしら……って薔薇水晶」
「金糸雀……お姉ちゃんどこだか知らない……?」
「お姉ちゃ……? あ、水銀燈のこと? カナは知らないかしらー」
「そう……」
 ふらふらと別のところへ行こうとする薔薇水晶。
 ――――あ!
「ちょ、ちょっと待つかしら。聞きたいことがあるのかしら」
「聞きたい……こと……?」
 薔薇水晶の足が止まる。金糸雀は心の中でガッツポーズを決めた。
「何……?」
 しかし、そのガッツポーズも一瞬で崩れる。
「その、えと、うー……」
 ――――か、カナ! さっさと聞くのかしら!
 いざとなったら切り出し難く、言葉が出て来ないのだ。
「あ、"アタック"ってどうやるものなのかしら……?」
「アタック……」
 言うと薔薇水晶はちょいちょい、と手を動かす。こっちにきてという意味だろう。
 その通りに近くまで行き、
「それで、どうするのかしら?」
 と言った途端、金糸雀の体が崩れ、廊下に手をつく。
「どーん……」
 どうやら薔薇水晶に体当たりされたせいらしい。
「い、痛いのかしら薔薇水晶……!」
「だって……これ……アタック……」
「そっちの意味じゃないのかしらぁー!!」

 ――――とりあえず、順調かしらっ。
 金糸雀は鼻歌混じりで廊下を歩く。
 あれから結局雑誌を頼り、最近は良く話し掛けるようにしている。
 時々押し寄せる"何か"は、気付かないふりをすればどうってことなかった。

 そんなことを思いながら教室へ向かっていると、ふいに階段で男子と話している蒼星石の姿が映る。
 片方は桜田ジュン。二人して笑って、とても仲が良さそうに話している。
 心なしか、蒼星石の頬が赤く染まっているようにみえて……。
「――――っ」
 自然と早足になっていく。
 
 ――――蒼星石のあんな顔、見たこと無かしら。
 
 笑い声が耳に入ってきて、頭の中で響く。
 
 ――――でもそうよ。蒼星石だって、恋をしてるかもしれなかったのかしら。
 
 視界が歪んで、早足はいつの間にか駆け足になっていた。
 
 ――――それに、もしいなくたって、カナにあんな顔は……。

「あらぁ……どうしたのぉ……?」
 金糸雀は、教室に入るなりしゃがみこむと、両手で顔を覆った。
「蒼星石って……桜田君のことが好きなのかし……ら」 
 あの光景が目に焼き付いて離れず、頭の中ではいまだにあの笑い声が響く。
「金糸雀……あなたの好きな人って」
 金糸雀の身体が一瞬、震えた。
 水銀燈は歩み寄り、金糸雀の前に座る。
 顔を覆っていた両手をそっと離すと、ぽろぽろと涙が零れた。
 そこで気持ちが溢れ出したらしく、水銀燈に抱きついた。

「今まで不安で、怖くて、恋なんてできなかったの……かしら……。
 でも、蒼星石の傍にいると……どきどきするけど
 何だか安心できて……胸があたたかくなって……」
 鼻水がでてきて、ぐずっとしている金糸雀に、水銀燈はそっとハンカチを差し出した。
「ほら……」
 金糸雀はハンカチを受け取ると涙を拭き、次に鼻をかむ。
 それでも涙は溢れ出して止まらない……。
「一歩踏み出せたと思って……この薔薇乙女一の才女が、大事なことも忘れて……」
 水銀燈の腕が、そっと金糸雀を包む。
 なんだかんだいって、根は優しいのだ。

「蒼星石だって……恋してるかもしれないのに……してなくても、蒼星石は……」
 夕陽が沈んでゆく。あの日みた夕陽はこんなに胸が痛くなるものではなかったのに……。
「カナと同じ……女の子……で……。あんなふうには……笑ってくれない……かしら……」
「……おばかさぁん」

 水銀燈は、落ち着くまではこのままでいてあげる、と言って、金糸雀の頭を撫でた。
「実らなかった……かしら」
 バイオリンケースを右手にもったまま、上を向く。
 俯けば、また涙がでてきそうで。
 ――――でも。
 ぴた、と足が止まり、憂いをおびた表情は徐々に優しいものへと変わる。
「水銀燈も言ってたのかしら。まだしばらく、カナはこれからも蒼星石のことを好きでいるかしら……」
 そっと胸に手を置いて、大きく深呼吸をする。
「今はまだ苦しいし、つらいけど……いつかこの"好き"がもっともっと――」
 そこで、言葉は途絶えた。
 金糸雀は、街灯が照らす道を再び歩き出す。
 呟きを聞いているのは木々だけだ。
 ふと空を見上げれば、そこには闇が広がっていて。
 あの日見た夕陽は、無い。
 当然のことなのにどこか切なく感じて……それでも、俯かない。
「――もっともっと優しい感情になればいいなぁ、かしら……」

                             
                               終わり。