※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真紅「ほら、いつもコンビニ弁当じゃ飽きるでしょ?これ、食べていいのだわ。」

真紅「今日もコンビニ弁当なのね。私の用意したこっちのお弁当を食べなさい。」

真紅「またコンビニ弁当ね。もうこんなもの食べなくていいのだわ。ほら、あなたの分よ。」

真紅「今日も食べ切れなかったのだわ。残り物だけど食べていいわよ。」

水銀燈「・・・いつも、いつも、ありがとぉう。でもぉ、どうして最近そんなにやさしいのぉ?」

真紅「・・・太ったあなたを食べるために決まってるのだわ。」




真紅「水銀燈?JUNにこれ以上近づくことは許さなくてよ?」
水銀「何を言ってるのかしら?おばかさぁん。」
真紅「近づいたら、あの<強調>写真をばら撒くわよ?」
水銀「!!!そ、それだけはやめてくださいご主人様ーっ!」
真紅「わかってるならいいのよ。ふふふ・・・(これでライバルが一人減ったわね・・・。」




ジ「今日の昼飯はパンでも買うか。」
銀「ジュン、ジュンにお弁当もってきたわぁ」
真「こんなマズいものジュンにやるんじゃないわよ。」
銀「なっ…そんなの食べなきゃわからないでしょ?」
真「なら食べてあげるわモク゛モク゛…マズいわね…こんなものジュンに食べさせないでくれる?」
銀「そんなぁ…味見したら完璧だったのに…どうして?」
真「あなたは味覚もおかしいようね。」
銀「でもジュンならきっと…」
真「そうやってジュンに頼る気?」
銀「え…そんな…事」




J「やっぱ通販はいいなー心が洗われるようだ」
ピンポーン
宅「おとどけものでーす判子おねがいしまーす」

J「あれ?これは何だろ?油紙に包まれてて、結構重いし・・ちゃ、チャカ?」
J「(電話)あ、すみません。クーリングオフしたいんですけど」


真「はぁ、明日はテストなのに全然集中出来ないわ、ジュン”シト”を用意してちょうだい」
J「は?シトって何だよ、もしかして”シトラスミント”の事か?」
真「いいのよ!貴族はは略すんだから!」
J「どこの業界人だよ」
真「いいから早く、よこしなさい!」
J「はいはい、お姫様は我がままですねー」




雛「ねーねー蒼星石。あれからベジータとは上手くいってるなのー?」
蒼「そんな事君には関係ないじゃないか(まさかラブラブだとは
  恥ずかしくて口が裂けても言えないよ…)」
ガラっ教室に入ってくる真紅
真「あら。二人とも今日は早いわね。おはよう。」
雛「おあよーwwあれー?ジュンはあ?」
真「何か、色々あるからって今日は休むって言ってたわ。
  それよりも雛苺。紅茶買ってきて頂戴」

紅茶を買いに廊下をかけていく雛苺

蒼「・・・君もひどいよね」
真「何の事かしら」
蒼「ジュン君の事だよ。いくらなんでも、あんなあしらい方する事はないじゃないか
  彼の気持ちも少しは考えてあげるべきだよ」
真「彼の気持ち…私には彼が、翠星石と蒼星石に恋人が出来て、ただただ
  焦っているだけという感情しか感じなかったわ。」
蒼「・・・でも」
真「何が言いたいのかしら。」

蒼「・・・なんでもないよ。」




真紅「ジュン、お茶を入れて頂戴」
ジュン「……」
真紅「ジュン、早くして頂戴」
ジュン「あああああ、もう。わかったよ……ほら」
真紅「ちょっと、ジュン。これココアじゃないの」
ジュン「しらねーよ。何でもいいだろ」


真紅「ジュン」
ジュン(なんだよ、まだ怒ってんのか?)「ん?」
真紅「……ココア、美味しかったわ。ありがとう」

ジュン「真紅、口の周りにココア付いてんぞ」
真紅「あら、本当」
ジュン「あ、ちょっと待て」
真紅「何かしら……!…ん、んん……ぷはっ……もう、ジュンったら……」



真紅「ジュン、何をニヤニヤしているの?」
ジュン「い、いや……別に……」
真紅「気味の悪い子ね……」




蒼星石「じゃあジュン君、また明日」
水銀燈「ジュン、明日までに真紅と仲直りしなさいよね。わたしや皆が迷惑するんだから…」
真紅  「……ふんっ」

ジュン(んなこと言ったって…向こうが勝手にへそ曲げてるだけじゃないか)
ジュン 「…ただいまー」
のり 「あらジュン君、聞いたわよ?真紅ちゃんと喧嘩しちゃったんだって…」
ジュン 「何でお前が知ってるんだよ?」
真紅  「あら、遅いじゃないジュン」
ジュン 「な―――っ、何でお前が居るんだよ!?」
のり 「真紅ちゃんね、家の鍵落としちゃって、今晩ウチにお泊まりすることになったから」
真紅 「いつ来ても代わり映えのない狭い家だけど……一晩だけ辛抱してあげるわ」
ジュン「偉そうだなお前……っていうかっ!僕に頼らないとか言っておいて、よく顔出せたもんだな?」
真紅 「別にあなたに頼った覚えはないわ。のりに相談しただけだもの」
ジュン「こいつ……自分から近づくなとか言った癖に、何かにつけて僕の近くに寄ってくるな」
真紅 「……気のせいよ。わたしの通り道に、ジュンがぽーと突っ立ってるだけなのだわ」
ジュン「ああそうかよ…ったく付き合ってられないよ」
ジュンは真紅と離れた場所にあるソファーにどっかりと座り、正面のテレビを付ける。
すると、真紅がその後を追うように、ジュンの隣にちょこんと座る。
ジュン 「…………ついてきてるじゃん」
真紅 「くんくんを見るのに、この場所が絶好の角度なだけだわ。文句があるなら、あなたがどきなさいな」
ジュン「僕が先に座ってたじゃないか!?っていうか押してくるな!か、体が密着して…っ」
真紅 「あらやだ、幼なじみに欲情するなんて……節操ないわね」
のり  「昔は一緒にお風呂入った仲なのにねぇ」
ジュン 「関係無い話すんな!!!」