※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 「ワシが育てた」でおなじみの北京五輪日本代表監督兼阪神シニアディレクター。
  • 「ワシのカラダにはドラゴンズブルーの血が流れている」という名言?は後にヒルマンにパクられた。
  • 金儲けのノウハウは板東英二から仕込まれたとも言われる。
  • ドラゴンズ監督時代は11年間で2度のセリーグ優勝。
  • 大型補強とトレードによってチームを強化するのが得意。だが1年しか活躍しない選手やルーキー投手を酷使するなど優勝した翌年以降決まってチームは下降していくため、「カンフル剤」に例えられることも。
  • ドラゴンズ監督時代は全国マスコミを批判していたが、いつのまにやらそのマスコミ側の人間になっている。
  • このようにD専的にはあまり良い評判が無いのだが、ドラゴンズの背番号20として1970年代のドラゴンズを支えていた事実もある。1974年には沢村賞・最多セーブ賞を受賞。
  • 郷里の岡山県倉敷市の倉敷美観地区に星野仙一記念館が作られた。倉敷商業高校時代から五輪監督就任まで、数々の貴重な品が展示されている。もちろんドラゴンズ時代の物も数多く展示されている。また星野仙一の半生を描いたビデオも上映されており、現役時代・監督時代の映像を見ることが出来る。
    • だが、同じ建物に入っている星野仙一記念館ミュージアムショップには「ミニタイガースショップ」が入居している。阪神のシニアディレクターであることと、岡山県はタイガースファンが多いという事情もあるかもしれないが・・・
  • 最後にこれだけは言っておきたい。 「星野はドラゴンズが育てた」