※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



①Of all~(黒木)

日本のすべての伝統楽器の中で、三味線は疑いようもなく最も多様の使い方がある。

It is~(小杉)

三味線は歌舞伎音楽の中枢(?)であり、あらゆる宴会(?)のなかできわめて重要な要素であり、多くの御家(?)の社会的な優美さであり、たくさんの民族音楽の乗り物(?)である。

(ササキ的解釈)
それは歌舞伎音楽の背景音楽であり、すべての宴会の中で不可欠な要素であり、多くの家庭において社会的なたしなみであり、そして民謡音楽の主催のための手段であった。
↑すばらしい(小杉)

The shamisen~(小西)

芸術音楽としての三味線の演奏曲目は江戸時代の偉大な文化的遺産の一つです。

At the~(児玉)

同時に、三味線の鋭くしかし繊細で切ないその音色は、現代(といっても1950年代ごろ)の日本の生活の空気にも染み渡るのです。

Tradition claims~

言い伝えによると三味線は1562年ごろに大阪の堺の港で最初に伝えられたという。

The particular~(ササキ)

そのとき現れた特徴ある楽器は琉球島の蛇皮線であった(Plate70)。

Like its~(住友)

中国の祖先である三線のように、蛇皮線は三本の弦と、小さな木製の棹と、蛇の皮で覆われた胴を持ち、バンジョウと同じ方法で撥(バチ)で叩いて演奏する。

This instrument~(瀬崎)

この楽器は、琵琶奏者の手に渡るまで、最初は音の鳴る珍しいおもちゃだと考えられた。

These men~(田代)

琵琶奏者たちは、この楽器を彼らの琵琶のばちで演奏することによって、大変良い音色になることに気付いた。

They also~(田上)

しかしながら、彼らは蛇の皮はこの大きめのばちの打撃に耐えられないという事も発見したので、彼らはより適当な覆いを捜し求めた。

When catskin~(土谷)

猫の皮が試されたとき、彼らはより耐久性のある材料であるだけでなく、音の完全に新しい世界の能力を秘めているものだと分かりました。


This new~ (堤)

この新しい楽器は、そのときまでは"さみせん?"と呼ばれていたが、最終的に現代的な日本固有の"三味線"として知られているものになるまでさらなる進化の過程の途中にあった。

Plate 73~(?)

写真73には今日使われている三味線の最も共通の形を示しており、その楽器は長唄音楽や義太夫節に使われている。

As there~(黒木)

多くの三味線音楽の方式があるため、三味線の構造にも多くの種類がある。

These individual~(小杉)

独特な種類の音楽は議論されるものなので、これらの特徴的な種類は言及されるだろう。

Certain features~(児玉)

しかし、すべての三味線に(共通する)特定の特徴というのも見られる。

The body~(コヤ? 訂正します)

三味線の胴は木の4つの部分から出来ており、好まれるの木材は紫檀、クワ、中国の花梨である。

Concert models~(これもコヤ? 訂正します)

演奏会用のモデルは綾杉として知られる、矢筈(やはず)模様が内側に彫りこまれている。これにより音色が非常によくなると言われている。

The body~(斎藤)

胴部は、てっぺん?と底の部分をネコの皮で覆われていて、より安い型の場合、それは犬の皮だった。
top and bottom=たぶん、表と裏ではないかと思います。いやドラムがそうだからね。(瀬崎)
top and bottom=やっぱ、胴部の上側と下側で合ってるぽいです。矢向が図で示してたので。(コヤ)

To protect~ (?)

表の皮をばちの衝撃から保護するため、小さな半月型の皮(ばち皮)が上と真ん中のほうに加えられている。