※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

There is~

ナイロン弦の張り方にもいろいろある。

There are~

図18に示すように三味線には三つの基本的なチューニングがある。

The first~

第一に完全4度と完全5度からなる本調子あるいは、"original tuning"である。

The second~(斎藤)

2番目は「二上り」つまり「2番目(の音)を上げる」で、4度と5度(の音程差)で作られ、3番目は「三下り」つまり「3番目(の音)を下げる」で、2つの4度(の音程差)で作られている。

There are~

他のチューニングもあるが、それらはすべて本調子からできている。

Since shamisen~(ササキ)

三味線音楽は元来歌ものなので、その楽器がチューニングされるべき固定された基本のピッチというものは存在しない。

It varies~(住友)

それ(基本のピッチ)はソからレまで変わり、転写ではシが一般的に多く使われた。

It must~(瀬崎)

それゆえ、三味線音楽のどの採譜も任意か、多くは特定の演奏から採譜されたものと同じ調でのみ再演されるかということを覚えておくべきだ。

Thus,there~(田代)

したがって曲には、Bフラットメジャー(変ロ長調)の歌、Dマイナー(ニ短調)のシンフォニーといったような、固定された高さはない。

There is~(田上)

しかしながら、西洋における我々のメジャー、マイナーの概念にみられる楽しい、悲しいという調律の概念はあります。

Specifically~(土谷)

特に、本調子は荘重な音楽、二上がりは陽気な音楽、三下がりは憂鬱で穏やかな音楽に最も適していると言われています。

The practical~(堤)

この理論の実際への適合はあいまいだが、しかしその概念は言及されなけばならず、より強い伝統的気質の音楽家たちの心理的な見解を形づくる。 よくわかりません

The first~

最初の三味線奏者は大阪・京都地区の琵琶の流派から転向した。