※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆17歳女子高生、昨日教室で全裸にされたの☆7日目(2)   http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1138805638/

22 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 01:25:45.49 ID:DLoMQxFR0
(>>21ありがとう)

  「なんだこりゃ・・・戦闘力5か、クズめ」
  つるつるぶ隊長がパーマン1号変身前(仮)のちんちんを弄んだの。

  ・・・!!

  「避けろナッパ!!」
  ビュッ
  白い気円斬がぶ隊長の頬をかすめたの。
  「て、てめぇ・・・」
  ぶ隊長がパー(仮)のちんちんをギュっと握ったの。
  そしたらパ(仮)が裏声で
  「アッーーー!」

23 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 01:30:39.53 ID:DLoMQxFR0

  早くこの、調子に乗り出した、パをなんとかしないと。
  あ、そーだ、私写メつきの携帯もってるんだ。

  「うふふ、あたしの恥ずかしい所、見てみたい?」
  「うん!!  見たい、見たい。そのトイレットペーパーほどいて見せてくれるの?」
  「うん、簡単にほどけるからねぇ。そうだ、恥ずかしいから、
  そのまま眼をつぶっててほしいなぁ。うん、そうそう、おちんちんは出したままの方が、志穂うれしいの。」
  「えへへ、じゃあ、眼をつぶるねっ!!」

  「ほら、携帯」
  「へ?」
  ぶ隊長がすっとんきょうな声を上げる。
  「だから携帯」
  「・・・まだ、教室」
  使えねぇこのヤムチャ・・・

24 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 01:34:46.29 ID:DLoMQxFR0

  仕方無いから、私たちは女子トイレを後にしたの。
  ちんちん出して目を閉じてる(仮)を放置して。
  「シコシコシテー」
  何か言ってるけど気にしない。

  窓から校舎についてる時計を見る・・・5時間目が終わるまであと10分。
  時間的におかめちゃんは使えない・・・顔はトイレットペーパーで隠れてる・・・よし。
  「走れ、雷電!」
  「え、ちょ、さっきから何なの雷電て!!」

  携帯強奪ミッション、急げスネーク!!

26 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 01:42:46.50 ID:DLoMQxFR0
(>>25声援ありがとう、今年の夏、後楽園遊園地で志穂とあくしゅ!)

  雷電と二人、全身にトイレットペーパーをまとい2-D教室へと急ぐ。
  階段・・・よし、エネミーゼロ。

  ぶ隊長の心の中’飯野かよっ!’

  上体を屈め、(気持ちの中では)サブマシンガン:スコーピオンを小脇に抱え階段を駆け上がっていく。
  目的地まで20・・15・・10・・
  よし、突入!!

  ジャーン
           ジャーン

  「げぇ!ミイラ!!」


  その高校で向こう10年に渡り、「きびきびしたミイラ伝説」が語り継がれる事になろうとは知る由も無く。

27 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 01:54:51.99 ID:DLoMQxFR0

  クラスの連中は、まだ私にやられた傷が癒えてないのか、その辺でうずくまってたの。

  ざっと教室を見渡し、私とぶ隊長の制服の所へと駆け寄ったの。
  携帯は・・・あ、詩織とかって人が両方とも持ってる。
  「ゔー!!」
  うなり声を上げながら携帯を奪い取ったの。

  「ファラオじゃ!ファラオのしわざじゃー!!」
  「吉村教授タスケテー!」
  「俺のターン!クリボーを攻撃表示!!」
  何かクラスの連中が口々に叫び声をあげていたけど、気にせずサヨナラ。
  トラップカード狙いなの見え見えだし。

  「ミ、ミイラなんている訳ないじゃない!!」
  不意に背後から声がしたの。

28 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 02:01:10.24 ID:DLoMQxFR0

  後ろを振り返ると、詩織がこっちに向かってよろけながら歩いてくるの。
  「ぎゃー、ゾンビー!」
  だから落ち着きなさいよつるつる・・・あ、走って逃げてっちゃった。

  「まぁぁぁてぇぇぇぇっ!!」
  つるつるミイラを、詩織がすごいスピードで歩いて追いかけるの。不気味。
  仕方ないから私もその後を追って走って行ったの。

  つるつるが逃げながら戦って、私が追いかけながら戦う・・・
  つまり、挟み撃ちの形になる訳ね。

29 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 02:09:49.26 ID:DLoMQxFR0

  「つるつる、待ってー!」
  「わーんっ!!」
  「泣くなー!」
  あーもう鬱陶しい・・・

  「つるつ・・・!?もしかして、あ・・・」
  やば、正体ばれそう。こうなったら一刻の猶予も無いわ。

  「いくぞブドー、マスク狩りだ!」
  「え、何!?」
  「いいからラリアット!」
  ぶ隊長がとまどいながらも、腕を水平に伸ばしこっちへとUターンしてくる。
  「や、え、ちょ、な」
  二人の真ん中で詩織がうろたえる。絶好の餌食だカカカカカ~ッ!!

  ク ロ ス ボ ン バ ー

30 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 02:16:52.28 ID:DLoMQxFR0

  ドサッ
  前後からのラリアットによる挟み撃ちを受け、詩織が倒れる。

  「な、なんでアタシが・・・」
  私の足を掴みながら弱弱しく鳴き声をあげる。
  ・・・トイレットペーパーに覆われた顔ごしに言ってやったわ。
  「所詮この世は弱肉強食。強ければ生き、弱ければ死ぬ」
  そして手を振り解き、詩織の頭を踏みつける。
  「ふは、はははっ、はーはっはっはーっ!!」

  ぶ隊長の心の中’あとで病院行こうね’

31 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 02:24:22.20 ID:DLoMQxFR0
(いいかげん壊れてきたな・・・志穂たんごめん。)

  ちらっと時計を見る・・・やば、あと36秒!
  ぶ隊長の手を掴み、全速力で走る。
  よし、玄関抜けた!
  校門まで!
  あと!
  一息!!

  キーンコーンカーンコーン

  「よし、勝った。」
  「・・・誰に?」
  「そんなことより!早く着替えちゃおうよ!!」
  「え、あ、うん。そうよね。」
  校門の脇でそそくさと着替え始めたの。

32 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 02:30:50.59 ID:DLoMQxFR0

  とりあえずスカート履いてっと。
  ・・・あ。
  「神戸さん、先に制服着ちゃってからトイレットペーパー取ったら?」
  「・・・はい」
  ぶ隊長ったら先にトイレットペーパー取ろうとして、おまんこ見えそうになっちゃってるの。
  ホントバカだなぁ・・・ダメね、私がついてな・・・ん?

  ジャーン
        ジャーン

  「げぇ!亀梨!」

33 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 02:31:28.11 ID:DLoMQxFR0
(今日はここまでです。)

57 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/02/02(木) 14:16:33.17 ID:2ZOIICSOO
お絵かき保守
http://n.pic.to/83pv

69 名前: ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 17:34:03.86 ID:DLoMQxFR0
(保守ありがとうございます。
夕食を食べて、諸々の家事を終わらせたら再開します。大体8~9時の目処で。)

70 名前: ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 17:35:03.70 ID:DLoMQxFR0
(>>57可愛らしいぶ隊長ありがとうございます。
      • てか、彩ちゃんそれ 隠 せ て な い )

88 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/02/02(木) 20:50:03.75 ID:3HvALvj30
1代目の志穂です。2代目の人乙です。
頑張ってください。

91 名前: ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 21:07:54.30 ID:DLoMQxFR0
(お待たせしました、やっとこさ火事片付きました。保守、お疲れ様でした。
 88初代志穂影様お久しぶりです。勉強頑張ってくださいね。)

92 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 21:11:55.55 ID:DLoMQxFR0

   「あ、志穂。まだいたんだ」
  あぁん亀梨くぅん・・・っと、今はそれどころじゃないわね。
  「う、うん。色々あって」
  とにかく言い訳考えないと、う~んと、え~と・・・

  「ところでどうしたの?その格好」
  「あ、しゅ、趣味なの!!志穂の!!」
  黙ってろよつるつる・・・

94 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 21:16:48.43 ID:DLoMQxFR0

  「へぇ、そうなんだ」
  亀梨君が、私の制服姿を舐めるように見たの。
  幸い下にトイレットペーパー巻いてあったから、おっぱいやおまんこは見えなかったの。

  ぶ隊長の心の中’よっしゃ、これでちょっとは志穂のイメージ悪くなったはず!’

  「うん、この子・・・神戸さんのバカな思いつきに付き合うのが趣味なの」

  ぶ隊長の心の中’ウボアー’

95 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 21:20:37.49 ID:DLoMQxFR0

  「で、猫ちゃんの具合はどうだったの?」
  「ナノマシーン注入されたみたいなんだけど、もう大丈夫っぽいよ。
  なんか副作用で、レールガン撃てるようになったけど。」

  それなんてブラックk(ry

  「それじゃ、折角だし志穂の高校まで送って行くよ」
  「えっ、ホント!?」
  やったぁ!志穂超ラッキー!

96 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 21:26:35.77 ID:DLoMQxFR0

  とりあえず私は、顔と手足だけトイレットペーパーを取って、
  その上に例の丈の短い制服を着たの。

  「あ・・・」
  「ん?どしたの?」
  ぶ隊長が私の耳元でささやいたの。

  「ボソボソ(パンツとブラ忘れてきた・・・)」
  「いいじゃん、どうせぺたんこなんだし」
  「ボソボソ(うわーん!)」

97 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 21:32:40.21 ID:DLoMQxFR0

  「ほら、二人とも行くよ」
  「は~いっ」
  「う~・・・」
  私達3人は、ウチの高校へ向かって歩き出したの。
  へへ、亀梨君と腕組んじゃおっ!ほら、ぶ隊長もさっさとついて来る!!

  もう少しでウチの高校って所まで来た時、信じられない光景を目の当たりにしたの。

99 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 21:43:22.44 ID:DLoMQxFR0
(>>98保守お疲れ様でした。ゆっくりお休みくださいね。)

  道端に、レイザーラモンのコスプレをさせられた状態で亀甲縛りにされて、
  その上口にブリを丸々一本ねじ込まれた格好の教頭先生が転がってたの!!

  私は急いで教頭先生の口からブリを引っこ抜いたの。活きがよくって大変だったよ><
  「教頭先生、どうしたんですか!?」
  「むぅ・・・気をつけろッ!敵はまだ近くにッッッ!!」

100 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 21:52:50.01 ID:DLoMQxFR0

  突然、3つの影が私達に飛び掛ってきたの!
  「きゃっ!」
  「ちぃぃっ!!」
  「おのれ何奴!!曲者じゃっ!!ものども、であえ!であえぇぇぃっ!!!」

  「ここで待ってればまた会えると思ってたわよ、オ・バ・サ・ン!!」
  「私達のプレゼント、気に入ってもらえた?」
  「ブリは大根といっしょに煮物にすると美味しいよ!」
  あの中学生3人組だったの。

101 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/02(木) 21:57:28.43 ID:DLoMQxFR0

  「ちょっと遊ぼ・・・・っかぁぁ!!」
  中学生の一人が私に向かって突っ込んで来たの。
  亀梨君とぶ隊長にもそれぞれ一人づつ突っ込んで行ったみたい。

  1対1x3か・・・