SIREN2 @Wiki 夜見島の謎

 

 

<異形の者考察まとめ>


母胎:
太古に起こった光の洪水から逃れるため、地の裏に逃げた者達(=闇霊)の集合体
見た目は前作の堕辰子の顔が三上母になったもの。(でっかい人魚?)
白い(何も着ていない)闇霊を生み出す。
元々仲間であった堕慧児達を、劣化版の構ってちゃんとしか見ておらず、邪魔に思っている
元々意識の集合体であり、実態はなかったが、三上母の遺体が冥府に漂着際、自分に形(三上母)を与える
地上世界奪還のため行動するが、一樹と郁子によって仇なされる。
母胎戦中は子供脩の視界をジャックできる。
その時の加奈江の服装は章子のもの。
母胎に闇那其・痕を使用するとき、
一樹と郁子、使用する順番でムービーが若干変化。

一樹の武器が「闇那其・痕(聳牙)」武器になる前が「闇那其・痕(彎角)」
郁子の武器が「闇那其・痕(彎角)」武器になる前が「闇那其・痕(聳牙)」
説明はどっちも同じ。誤植か?


堕慧児(おとしご):
太古に起こった光の洪水から逃げ遅れ、海の底に逃れた者達の集合体。
地上(水底)に長く居過ぎたため、母胎達と違い色々劣化している。
でっかい頭。手や足などがたくさん生えている。闇人甲式の手のような足も確認。
母胎を真似て自分に形(市子)を与えるが、所詮劣化版、醜く変形してしまっている。
母胎に会いたいと思う思慕と、自分達を残して逃げたことによる憎悪という、愛憎入り混じった感情から、母胎を目指して行動を開始する
永井23:00条件2スタートデモで、市子の顔にめり込んでいたのは、「堕慧児の眼球」。市子は堕慧児が市子の遺体を模倣(コピー)してつくられた模倣体(実際は市子ではない)。
海中から出現し、倒れていた闇人甲式三沢を咥え取り込む。
地上に出てすぐに永井によって倒される。
アーカイブの堕慧児は母胎の方の姿をしていたが、そこから解るように実は昔は母胎と同じような存在だった

屍人:人間の死体に屍霊が憑依したもの。
倒しても倒しても復活してくるのは、「不死身」だからではなく、
新しい屍霊が憑依し直しているからである(説明書参照)
闇人達のような再生能力失われている

屍霊:
海に潜みし穢れや、赤黒い化け物などと呼ばれるもの。光を受け続けると消滅する。


闇人:人間の死体に闇霊が憑依した存在。
周囲の闇霊達と生命力を共有しているため再生能力があり、ほぼ不死身(バラバラにされると流石に再生できない)。
光に弱いが、人間の体(殻)をシェルター代わりにし、耐性をつけているので怯むだけ(多少ダメージあり)。
闇人の世界の闇人は非力な者も多い。子供闇人もいる

闇霊:母胎から生まれてくる。実体あり。ドアを抜けられない(開ける事もできない)。
体は白い。黒い奴は服を着てる。
光を受け続けると消滅する。

・『鳩』=母胎(一樹23:00のボス)の使い(分裂体)
目的は地下(冥府)に閉じ込められた「おかあさん(母胎)」の代わりに門(冥府)を開くこと
人魚姫の物語に似た宿命を持つ(恋慕した男を殺す等)
また、例外で、妊婦が海に入り、その妊婦の子供に鳩の因子が寄生したものが、
鳩として目覚める(覚醒する)と、顔がみんな同じ(三上弥生の顔)になる。
加奈江と岸田百合、ブライトウィン号を襲った2人は母胎から分裂した存在。純粋な鳩である
章子と木船姉妹は因子持ちとなる


<事象の考察まとめ>

因果律の崩壊:
一、ブライトウィン号事件で死んだはずの中島一郎が生きてる。
二、8月1日の國報新聞の夕刊の一面が多河柳子撲殺事件が中島一郎撲殺事件にまんま入れ替わってる。
この二つからブライトウィン号消失事件はなかったことになっていると考えられる。
阿部ED後はこれによって阿部が飛ばされた、平行世界。
故に多河柳子は生まれてこなかったと推測。


闇人の世界:
闇人が人間を滅ぼして支配した平行世界。
太陽が黒い。皆既日食?
人間の世界とは違って、太古に光が差さなかった(光の洪水が起こらなかった)世界とも考えられる。
その様子や絵日記や闇人が非力?なところから、闇人にとってた平和な世界だった思われる。

闇人の絵日記の解読:
「そらから こわいかいぶつが おちてきた かいぶつは ぜつめつしたはずの にんげんの いきのこり」
海辺ののぼりや看板の解読:
「ラーメン」「うきわ」他


<ED考察まとめ>

■一樹と郁子:因果の打開されていないループ空間

__~~~~~~~____&& 
↑異界の夜見島      ↑今ココ

色々頑張って戻ってきたが因果律を受け継ぐ郁子が居ることにより
同じ時間軸のまま、多分ループして一樹シボンヌ


■一樹と郁子:異界の夜見島の先

__~~~~~~~____&& 
↑異界の夜見島      ↑今ココ
いろいろな時間軸が折り重なった異界の体験を観測して
それらがすべてあったこと、と可能性が収束した先なん
じゃないかな。ループはしてないと思う。

一応母胎を撃退したが鳩の存在は残っていて…

*終始、女に振り回ッされ放しで挙げ句に帰還も出来ず行方不明に?


■永井:因果の打開の衝撃?で上(現世)じゃなくて下(闇人界)に飛ばされる

_______ ←今までの世界

    ↓      ←本来交わらない時空

______λ..._←闇人世界(今ココ)戻れるの?ガンバレ。

*蜘蛛の糸を登り切れず地獄に堕ち、ただ異形のモノを滅する事のみに喜びすら覚えた結果、異形のモノのみの世界へ墜とされる事に。


■阿倍とツカサ:因果律の打開によって、因果が存在しない修正された現実に。

今まで居た時間軸  ⇒_____~~~~☆←因果の打開

因果が元々ない世界⇒_________&犬 ←阿倍ちゃんとツカサ

*ただ一人の生還者と言うべきか。女ッ気にも殺りッ気にも捕らわれなかった結果の、無心の勝利とも言える。


<参考年表>
全て昭和表記

加奈江、漂着    51年
羽生蛇村儀式失敗    51年8月2日(前作)
夜見島全島民消失事件     51年8月3日
章子の生年月日   51年8月3日
ブライトウィン失踪 61年8月3日
羽生蛇村事件    78年8月2日(前作)
羽生丸失踪     78年8月7日
岸田百合失踪 78年8月10日
多河柳子もしくは中島一郎撲殺事件 80年8月1日
今回の夜見島事件  80年8月3日

前作の事件と年月日が非常に近い。
何か関係ありそう。

8月2日→ 8 2 → はに → はにゅう

8月3日→ 8 3 → やみ → やみじま

8月10日→ 8 10 → はと → 鳩

意図的?

 

<映画SIRENとの因果関係>

・夜見島に言い伝えられている人魚伝説やわらべ歌の存在
・29年前に発生したケーブル切断事件
・謎の赤い服の少女(岸田百合?映画版では名前は不詳のまま)

くらいか?そもそも登場する島の名前が『夜美島』と名前が微妙に違うので因果関係は無いと考えられる。

<隠しシナリオについて>

・三沢07:00
シナリオタイトル「形見」
自衛隊屍人の一藤二孝で屍人の鍋島揉子を闇人が徘徊する団地から救出するステージ。
市子の学校シナリオでアイロン持っていた屍人と同一屍人と思われる。
「なんでこんなとこでアイロン持ってるの?」
という素朴な疑問を解くためだけの、おまけステージか?


・須田恭也33:00
シナリオタイトル「殲滅」
学校ステージで須田恭也が延々と闇人、闇霊を葬っていくステージ。
スコアアタック。
本編との関係が疑われるがミニゲーム的な位置だろうか?
開始時刻の33:33:33は、
「××村三十三人殺し」「サイレン1のキーワードが3」「4(死)の前」とかけているのだろうか?

?cmd=upload&act=open&pageid=21&file=mmr001.jpg


添付ファイル