※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぷるるるるるるる・・・・。
事務の先生「はい、薔薇学園です・・・え!?は、はい只今!!」
梅岡「どうしたんですか??」
事務の先生「ああ、ちょうどよかった・・・今、近所の『スーパービッグ・ボス』から通報が来まして・・・梅岡先生のクラスの生徒が万引きで捕まったって・・・今スーパーで保護したそうです・・・。」
梅岡「え!?・・・うちのクラスの生徒が!?それは確かなんですか!?」
事務の先生「はい・・・店長が豪い怒りようで・・・。」
梅岡「で、その生徒の名前は・・・。」
事務の先生「蒼星石・・・だそうで・・・。」
梅岡「そ、そんな、だってあの子は優等生だし・・・。」
事務の先生「・・・とにかくビッグ・ボスまで行ってください、校長の方には私から・・・。」
梅岡「は、はい!!(そんな・・・あの子が・・・なにかの間違いであってくれ!!)」

  ― スーパービッグボス事務室
店長オセロット「困りますな!!こんなことされちゃあ!!で、どう責任をとっていただけるのですかな!?」
梅岡「すいません、この子にも今後このようなことの無いように学園全体で勤めます!!」
蒼「・・・。」
梅岡「ほら、蒼星石も謝って・・・。」
蒼「・・・すいませんでした、反省してます(←棒読み)」
店長オセロット「ふん!・・・まあ今日のところはいいでしょう。」
梅岡「すいません・・・。」



―薔薇学園職員室
梅岡「なんであんなことやったんだ??」
蒼「別に・・・ただ、なんとなく・・・。」
梅岡「なんとなくってことはないだろう・・・・話さなければ何も解決しないぞ!」
蒼「だから~、理由なんて無いんですって!・・・それじゃあ僕帰りますね・・・。」
梅岡「あ、ちょっと・・・いっちゃった・・・しかし何故?・・・。」
事務の先生「梅岡先生・・・先ほどのことで、ムスカ校長が・・・。」
梅岡「・・・解りました、今行きます。」

ムスカ「ふぅ・・・困りましたね梅岡先生、何故呼ばれたのか解っていますね?」
梅岡「・・・はい。」
ムスカ「この学園の規則では・・・この生徒を退学にせざる終えないのだよ。」
梅岡「し、しかし校長!!あの生徒、蒼星石はとても優秀で、心も優しい大変よく出来た生徒であります!!きっと何か理由が!!」
ムスカ「・・・私もこんなことは言いたくない、私だって辛いんだ・・・だが規則だ・・・。」
梅岡「」・・・。
ムスカ「・・・君も男なら聞き分けたまえ。」
梅岡「・・・はい。」




翌日・・・薔薇学園昇降口掲示板前
真「そ、そんな!?」
ジ「嘘だろ・・・おい・・・。」
翠「・・・み、みとめねーです!!!!」
水「ちょ、ちょっと・・・これは・・・。」
薔「グスッ・・・。」
ベ「蒼嬢おおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!」
笹「(また僕だけ廊下かよ・・・。)」


           蒼星石退学処分通知。

真「絶対おかしいわね・・・蒼星石が退学なんて・・・。」
ジュ「それも万引きだってよ・・・なんでなんだちくしょー!!」
雛「う、グスグス・・・そ、蒼星石は、グスッもう学校にはこないの~??」
翠「なんで、なんでなのです!?翠星石にだって一言相談欲しかったです!!」
水「確かにおかしな話ね・・・あの蒼星石が万引きなんて・・・。」
(ガラガラー
梅「さあ朝のHRはじめるぞ~!!」
翠「梅岡~!!なんで蒼星石が退学なんですか~!?絶対おかしいです!!」
梅「さあ~席に着け!!HRはじめるぞ!!」
真「先生・・・なんで??なんで蒼星石は万引きなんか??」
梅「・・・先生だって・・・先生だって辛いんだ!!だけど・・・だけどこれが規則だから・・・規則だからって校長が・・・。」
一同「・・・。」
梅「みんな・・・ごめん・・・先生の力不足だ・・・。」

―薔薇ヶ岡市内某所
蒼「ふう・・・退屈だな・・・。」
蒼「ミンナどうしてるかな・・・??」

―教室
翠「・・・。」
真「コレは先ず本人の話を聞くしかないようねえ・・・。」
ジュ「でも蒼星石は何処にいるんだ??家にもいないみたいだし・・・。」
薔「翠星石一人で塞ぎ込んでかわいそう・・・。」
金「フフフ・・・カナにいい考えがあるのかしら~。」
翠「い、いままで何処にいたですか!?」
水「で、いい考えって?」
金「フフフ・・・つまり校長が今回の件を仕切ったってことかしら~、じゃあ校長の考えを変えればいいかしら~!!」
真「どうやって?」
金「ずばり署名かしら~!!」
水「ちょっとまって!!いったいどんだけの署名集めれば!?」
真「面白そうね・・・。」
翠「蒼星石はそれでたすかるですか~!?」
雛「それで蒼星石が学園に来るなら雛がんばるの~!!」
真「それしか手はない・・・だったらそれをやるしかないわ!」
ジュ「ああ・・・よしやるぞ!!」
翠「そうとなったら人手が欲しいです!!笹塚、ベジータ来いです!!」
笹&ベ「よっしゃ!!」
金「・・・で、肝心の蒼星石の問題だけど~・・・。」
真「ジュン、あなたが適任ね!」
ジュ「え、ちょ、ちょっと!?何で俺!?」
水「がんばって~♪」
ジュ「わ~った!!やるよ、やりますよ!!」
薔「がんばって♪」

―薔薇学園内部、フォックスハウンド部部室
金「よしっ!!ここを活動の拠点にするかしら~!!」
水「うわ~!!ちゃんとコピー機もパソコンもあるのね!!ここならいい場所になるわ~!!」
雛「うゆ~・・・重たいの~・・・。」
翠「さあ!!ちゃっちゃ運ぶです!!笹塚!!ベジータ!!重たい荷物はお前らが運ぶです!!」
スネーク「なんだなんだ!?この騒ぎは!?」
オタコン「カナリア、これはいったい??」
金「実はね・・・(ゴニョゴニョかしら~・・・。」
ス「だめだだめだ!!そんな事のために部室を貸すわけには・・・ん?なんだ君は??」
水「ハラリ(胸の谷間強調)ねえ先生・・・お願い・・・。」
ス「うっ・・・ま、まあしかたない・・・お、俺はかまわないオタコン!!お前はどうなんだ!?」
オ「ハ、ハハ・・・い、いろんな意味でオッケーっス!!」
水「ありがとう・・・じゃあついでにこの署名もよろしくね♪」
ベ「ここからが本当の地獄だ・・・。」

その頃・・・薔薇ヶ岡市内の某公園
ジュ「!?・・・あ、あれは、蒼星石!?」
蒼「!!??ジュン君!!??」
ジュ「蒼星石・・・お前・・・。」
蒼「ハハハッ・・・な~んだ見つかっちゃったんだ~元気~??」
ジュ「なんで・・・。」
蒼「??」
ジュ「なんであんなことしたんだよ!!」
蒼「・・・。」

ジュ「だまってちゃわかんないだろ!!」
蒼「・・・ジュン君に話すことなんて、何にも・・・。」
ジュ「無いわけないだろ~!!!!(ギュッ・・・。」
ジュ「俺は・・・俺はずっとずっと蒼星石が好きなんだよ!!真紅でも水銀燈でもない!!お前が好きなんだよ!!」
蒼「ジュン君・・・僕だって・・・僕だってジュン君のこと大好きだよ!!誰にもジュン君にだって負けないくらい大好きなんだよ~!!」
ジュ「え!?・・・そうだったのか・・・両思いって奴だったのか・・・何をずっと躊躇ってたんだろうな・・・。」
蒼「う、うん・・・そうだね、なんか解ったら・・・突然・・・涙が出てきちゃったよ・・・(グスグスッ・・・。」
ジュ「バ、馬鹿!!泣くなよ!!」

ジュ「・・・落ち着いたか?」
蒼「うん・・・アリガトね!」
ジュ「そ、その・・・なんでこんなことやっちゃったんだ??」
蒼「・・・自分が、自分が嫌になったから・・・。」
ジュ「??」
蒼「ほら、僕ってずっと優等生で、みんなからもそんな目で見られてて、おじいさんの期待にもこたえなきゃって・・・でも、これはほんとうの自分じゃない気がして・・・ずっとイライラしてて・・・それで。」
蒼「ううん・・・でも、もう吹っ切れたよ!ジュン君が、僕にはジュン君がいるもんね!」
ジュ「・・・いいや、俺だけじゃない真紅も水銀燈も翠星石も雛苺も金糸雀も薔薇水晶も笹塚やベジータだっている、ミンナお前の仲間だ!!」
蒼「・・・でも僕退学になっちゃったんだよ!!ミンナともう会えない!!」
ジュ「ミンナが、皆がお前のために署名をやろうとしてる・・・。」
蒼「!?」
ジュ「皆、お前に戻ってきて欲しいんだよ!」
蒼「み、みんな・・・うわあああああああああん!!!!!!」
ジュ「(ふーやれやれ・・・膝貸すのは今日だけだぞ・・・。)」

―その頃、学校
金「笹塚君とベジータ君が過労で倒れたのかしら~!!」
翠「じゃあその辺に寝かせとけばいいです。」
ベ「こ・・・ここからが・・・本当の・・・じ、地獄・・・(ガクッ・・・。」

金「署名お願いしますなのかしら~!!署名なのかしら~!!」
雛「うゆ~・・・誰も署名してくれないの~・・・。」
金「あきらめるな!!かしら~!!真紅たちも必死にやってるかしら~!!」
雛「うゆ~・・・雛がんばるの~!!・・・あ、雨なの~!!」
金「大変なのかしら~!!笹塚君とベジータ君の血と汗と涙の結晶の署名用紙が濡れてしまうかしら~!!」

―校内
翠「こうなったら!!いろんなクラスに行って直接手渡すです!!みんなで手分けするです!!」
B組
真紅「署名お願いできる??」
ロイ「喜んで!!おい!!野郎ども!!男子は全員署名だ!!やらねー奴は俺が殺す!!」
男子1「真紅さんの頼みを誰が断れますか!!委員長!!この俺が!!」
男子2「いいや俺が!!!!」
リザ「はぁ~・・・男子ってどうしてこう・・・。」
女子1「わ、私も~!!」
女子2「あ、私にも~!!蒼星石さんのためですもん!!」
リザ「・・・。」
真紅「よしよし(このクラスは順調ね)」

―廊下
薔「しょ、署名お願いします・・・廊下を歩く生徒(vip)の皆さん・・・清き一筆を・・・お願いします。」

―D組
ギコ「よっしゃー8:30分遅刻ギリギリゲトズサー!!」
モナー「よーギコ、だがいかんモナ、客人がいるモナ・・・。」
ギコ「客人??誰だオメー!!」
しぃ「ああ~ギコ君、あの八頭身に絡まれてる娘が・・・。」
ギコ「ん~??」
長岡「おっぱいおっぱい!!」
ギコ「ジョルジュ・・・邪魔だ、カエレ。」
八頭身「金糸雀タンハアハア・・・。」
金「いや~!!かしら~!!!!きゃー摩擦熱~!!」
ギコ「おい!八頭身!!その辺にしとけ。」
内藤「そうだお、ほっぺが焦げてるお~・・・。」
ギコ「で、どうしたんだ??」
金「え、えと、あ、あ~・・・署名お願いしますかしら~!!」
ギコ「カエレ!!」
モナー「ギコ、それは酷いモナー、話くらい聞いてやるモナー」
金「え、えっと実は(ゴニョゴニョかしら~」
しぃ「そうなんだ~、私はいいよ!」
モナー「用紙かすモナー!!」
ギコ「ちっ・・・しゃあねーな、サインしてやらー!!」
内藤「僕たちもこの署名活動手伝ってあげるお!!」
八頭身「金糸雀タンハアハア・・・。」
ドクオ「・・・。」
金「み、みんな・・・な、泣けるのかしら~・・・。」

―廊下
薔「あ、ありがとう♪・・・よ~しっ!!もっとがんばろう!!」

雛「・・・ってな訳で、署名お願いしますなの~!!」
林田「う~ん・・・って蒼星石って誰だ??」
神山「いや!林田君!!知らないで聞いてたのかい?」
林田「だって・・・なあ?」
神山「なあって・・・まあいいや、よく知らない人間のために安易にこういった用紙に氏名を記入するのはよくないことだと思うんだ。」
雛「うゆ~・・・でも~でも・・・(グスッ」
(スッ・・・。カキカキ・・・。
神山「フ、フレディー!?何やってるんだい!?」
フレディー「・・・。」
雛「あ、ありがとうなの!!」
林田「・・・なあ俺たちはまちがってたんじゃねえのか?」
神山「うん!そうか!!・・・本人を知ってる知ってないなんて関係ない!!ただ同じ学校に通う学友が困っている、ただそれだけだったんだ!!」
林田「ああ、誰がとかどうしたとか関係ない、俺たちは皆で一つだ、フレディーはそれを身をもって教えてくれたのかもな・・・。」
神山「すまない・・・僕たちが間違っていた・・・よければその署名、手伝わせて欲しい!!」
雛「み、みなさんありがとうなの~!!」

―放課後公園
ジュ「よう!蒼星石!!」
蒼「わっ!?ジュン君!!来てくれたんだ!!」
ジュ「当然だろ!!毎日来るさ・・・俺はその・・・お前の彼氏だからな・・・。」
蒼「クスッ・・・皆はどんな感じ??」
ジュ「署名は順調らしいよ、他のクラスから協力者も出たりして・・・お前って案外人気あるのな!」
蒼「て、照れるな~・・・また皆と一緒になれるかな??」
ジュ「なれるさきっと!!」
蒼「・・・うん!」
ジュ「さて、帰るか・・・。」
蒼「あの・・・手、繋いで・・・。」
ジュ「ったく、しゃーねーな・・・。」

翠「やったです!!・・・これで校内の生徒の9割の署名はあつまったです!!」
真「大した物だわ。」
水「流石ねえ~♪」
雛「うゆ~!!これで蒼星石戻ってくるの~??」
金「いいや・・・まだ喜ぶのは早いのかしら~・・・。」
真「どうゆうことなの??」
金「フフフ・・・ずばり!校長の側からも署名を集めれば万全になるかしら~!!」
真「校長の側って・・・まさか!?」
金「そう、職員室!!」
水「いいわぁ~面白そうじゃな~い!」
翠「うっしゃ~!!やったろーです!!」
薔「もっと、もっとがんばろ♪」
ジュ「これで、蒼星石は救われるんだな!!」
金「じゃあ作戦は明日!!今日は解散かしら~!!」
一同「おおー!!!!」
真「ねえ、そういえば誰か忘れてない??」
翠「気のせいです、さっさと帰るです。」

―フォックスハウンド部部室
笹「ね・・・え、ベジータ君、僕ら・・・いつまで、この・・・まんまなんだろうね?」
ベ「お、俺、死神見ちゃったよ・・・ハハハ・・・。」
ス「お~い!!雷電そこに転がってるゴミさっさと捨ててきてくれ!!」
雷「・・・。」
ベ「ここからが本当の(ガクッ・・・。」

諸葛亮孔明「だから~、だめなものはだめなのですよ。」
水「え~・・・なんでなんですか~??」
孔明「ですから、生徒のこういった活動に教師が介入するのはよろしくないと・・・。」
水「そこをなんとか、ね♪」
金「(う~ん・・・水銀燈の色仕掛けに押されないなんて・・・孔明恐るべし・・・。)」
水「スネーク先生とオタコン先生と梅岡先生と蜜香先生は書いてくれたんですよ!」
孔明「まったくしょうがない人たちです、後できつく言っておかねば・・・。」
呂布「おお~、なんだなんだ!?水銀灯じゃねーか、どうしたんだ?孔明さん??」
孔明「ああ、呂布先生実は(・・・。」
呂布「ほほう・・・よし!おい!水銀燈!!その紙貸しな!!」
孔明「な、何を!?」
呂布「いいじゃねーか署名の一つや二つ・・・。」
孔明「まあ・・・呂布先生が書くなら、永い付き合いですし・・・。」
水「あ、ありがとうございます!!」

―物陰から・・・。
梅「ああ~、やっぱ職員室での署名は難しいか・・・ん?アーカード先生!?それにホーエンハイム先生にネギ先生まで!?」
アーカード「いや・・・そこでこんな紙を拾ってな、これは大事な物なんだろう??」
梅「ああ、すいません・・・え!?、ちょっとこの名前!?」
アーカード「なあに・・・我々は落ちていた紙に自分の名前を書く練習をしていただけさ、さあ生徒が待ってる、届けて上げな。」
梅「あ、ありがとうございます(グスッ・・・。」
ネギ「がんばってくださいね!」

翠「ついに・・・ついにやったのです!!」
ジュ「ああ・・・やったやったぞ!!!!!」
水「私の色仕掛けもなかなかのものだったでしょう♪」
薔「やった♪やった♪・・・。」
金「ま、まだかしら~、まだ校長に提出するかしら~、それまでは、それまでは泣かないのかしら~・・・(グスッ・・・。」
雛「やったなの~!!これで蒼星石が帰ってくるの~!!」
真「まだよ、さあ、あの校長の所に殴りこみに行きましょう。」

―校長室
内山田「校長!!なんなんです!?この署名用紙の山は!?」
ムスカ「見ての通り、蒼星石の助命嘆願のようだね・・・。」
内山田「校長!!認めませんぞ!!私は絶対認めません!!」
ムスカ「ふぅ・・・教頭、私は今までこの校長室の窓から生徒をゴミのように見てきたのだが最近私もそのゴミの一部ではないかと思ってるのだよ。」
内山田「??」
ムスカ「まあよい・・・私も男なら聞き分けよう・・・蒼星石の退学は取り消し、復学を認める!!校長命令だ。」

蒼「早く行かないと~!!遅刻する~!!」
 早く、早くあの場所へ行って大事な仲間達に、大事な恋人に早く逢わないと!
(ガラガラ~!!
蒼「お、遅れて・・・」
パーンパーン!!
一同「蒼星石復学おめでとう~!!!!」
蒼「み、皆・・・。」
ジュ「皆お前のこと待ってたんだぞ!」
翠「ば、ばかな妹です!心配かけんじゃねーです!!」
真「あなたがいなくて誰がこのクラスをまとめるというの?」
水「フフフ・・・虐めがいのある子がようやく戻ってきたわ♪」
雛「蒼星石~!!蒼星石~!!もう離さないの~!!」
金「このカナの頭脳で救われたんだから・・・感謝するのかしら~!!」
薔「♪♪♪!!」
ベ「蒼嬢おおおおおおおおお!!!!!!!!!」
笹(廊下から)「お、おめでと!」
梅「先生・・・力になれなくてごめんな・・・。」
        蒼「皆・・・」
ジュ「馬鹿!泣く奴があるか・・・。」
蒼「皆・・・大好きだよ!!」

自分が苦しい時、悲しい時直ぐそばに仲間がいるはず・・・さあ君も探してごらん・・・ほら直ぐに出会えるはずだよ。もしどうしても一人になった時、孤独な時は、おいでませ私立薔薇学園まで・・・。

―スーパービッグ・ボス
オセロット「見たぞ!!お前ちょっとおくまで来い!!」
ベジータ「やべ見つかった!!ここからが本当の地獄だ・・・。」





  • ベジータ面白い -- kuroNeko (2007-02-11 00:12:33)
  • 笑いあり、感動で最高でした!\^∇^*) -- Ayu (2007-04-12 21:45:42)
  • 蒼星石がどうしてこんな事を~??(0@0) -- 蘇芳 (2007-07-15 15:50:51)
  • よかったデス☆ -- 翠星石 (2007-08-16 15:19:04)
  • 凄い面白かったです!
    感動しましたぁ(つoT) -- ラルク (2007-11-22 02:07:50)
  • ムスカ、論外! -- 名無しさん (2007-12-17 23:57:48)
  • 蒼星石~!!!感動!!! -- しおん (2008-03-23 22:21:45)
  • ベジータテラワラタww -- 名無しさん (2008-03-24 22:04:20)
  • 版権キャラ出過ぎwww -- 名無しさん (2008-10-03 18:05:08)
  • 一つだけ言っておく
    今の現実世界にそんなに優しい奴はいない、この世界に神なんていない -- レーゼ (2008-12-26 16:27:04)
  • これローゼンメイデン普通の女の子のサイトに乗ってたぜwwwコレパクリ
    それとも使い回し? -- ADIoS (2009-01-15 21:00:02)
  • ヒント:女の子スレはここのまとめ管理人がいろいろいやになって放棄した結果、続けたい人が新しく立ったスレ -- 名無しさん (2009-02-04 11:48:06)
  • うらやましいねぇ
    -- レーゼ (2009-06-26 21:57:41)
  • 蒼星石..ジュンくんと.......(´A`*)・゚。 -- じーな (2013-01-11 22:20:03)
  • いや蒼星石も好きだけどばらしーの出番増やしてくんね? -- 名もなき小市民 (2013-11-20 16:37:11)
名前:
コメント: