|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

プログラム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Darwinian

Darwiniaの住人である緑の人。進化するデジタル生命体。

初期状態では非力だが、アップグレードすることで、レーザー、グレネードといった武器も使えるようになる。

なおプレイヤーから直接指令はできず、Officerを介して移動指示を行う。ソーラーパネルなどの施設の近くに誘導すると自動的に配置につき、労働する。Darwinianの誘導がマップクリアに必須である。

死ぬと緑の魂を残す。(ソウルデストロイヤーに殺された場合除く)

魂を集めてインキュベーターに持っていくことでDarwinianを増やすことができる。またSpawnポイントを制圧することでも増やすことができる。

声の担当は猫らしい。

タスクマネージャー


プログラムを呼び出すマネージャー。アップグレードすることで同時に起動できるプログラムの数が増える。

Squad


対ウイルスの主力。レーザー及びサブウェポンで戦う。

制御下に置いたコントロールタワーの周りに生成可能。

Squadをはじめプレイヤーが生成できるプログラムは作成コストがないので、弱ったユニットを自爆させて新しいものを投入する、または自爆覚悟で特攻するという戦略を使用できる。

Engineerがリサーチアイテムを集めることでサブウェポンが増えていく。

  • グレネード:手榴弾。アップグレードで射程アップ
  • ロケット:ロケットランチャー。アップグレードで射程アップ。対蜘蛛兵器
  • エアストライク:空爆。アップグレードで爆撃機の数が増える。対蟻塚兵器

アップグレードすると人数が増え、結果として攻撃力&体力が上がる。

Engineer


コントロールタワーの再プログラミング、Darwinian生成のための魂収集、リサーチデータのダウンロードが役割。攻撃手段は持たないが、飛行しているので海を越えることができる。

制御下に置いたコントロールタワーの周り、もしくは稼動しているSquadの周りに生成可能。

コントロールタワーを再プログラミングすることで、周辺の施設を使用可能にするとともに、プログラム生成の拠点にすることができる。施設は島をつなぐレーザーディッシュ、魂をDarwinianに変換するインキュベータ、マップをつなぐトランクポートがある。再プログラミングには3体までのEngineerが参加することができ、完了までの時間がはやまる。

ウイルスが死んだ後には赤い魂が残る。この魂をEngineerが収集してインキュベータに運ぶことでDarwinianを生成することができる。

リサーチファイルはマップに青いキューブとして存在し、Engineerがダウンロード作業を行うことで使用プログラムが増える。

アップグレードすると一度に運べる魂の数が増える。

Officer


Darwinianを選んで指定するリーダー格。旗を持ち、Darwinianに対して移動、集合といった指示を出すことができる。

アップグレードすると使用できる命令が増える。

Armour


Yardのオブジェクティブを達成すると使えるようになる砲台。トランクポートの側に生成可能。多数のDarwinianを載せて移動手段としての使用と、バトルキャノンに変形しての攻撃が可能。

左クリックで移動、Armourの近くを右クリックでDarwinianを乗せる・降ろす、という切り替えが可能。

マップ上を右クリックで設置場所を指定すると(平地限定)バトルキャノンに変形できる。

バトルキャノンに変形すると移動不可になるが、Darwinianを乗り込ませることで砲撃を行うことができる。Darwinianに自動で狙いをつけさせることも、自分で操作することもできる。

対ソウルデストロイヤーなどに活躍。

アップグレードでDarwinian搭載数&射程アップ。
メニュー


取得中です。