|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

Biosphere

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Biosphere - Darwinian誕生の地

Biosphereは予想通り赤いDarwinianによって占拠されていた。それぞれの島ごとにDarwinianの人口が管理され、Spawn Pointから不足数が補充される仕組みになっている。赤いDarwinianからSpawn Pointを取り返せば、Darwinianの人口を以前の状態に復帰させることができる。

  • Wipe out Red Army (赤いDarwinianを駆逐する)

Biosphereの中央にはTemple(神殿)へのTrunk Port、そして岩でできた頭の彫刻がある。これは博士を模したものだ。

ある日空のレンダリングコードを調整していた博士は、間違ってテクスチャデータをリアルタイムのカメラ画像で上書きしてしまった。博士は元のテクスチャに戻したものの、空に数秒映し出された「創造主」の顔を見たDarwinianは喜び、何日もお祭り騒ぎになった。この一度の事件の後、Darwinianは博士が見ていない間にYardを使ってこの石像を作り出し、世界の各地に配置した。…そして博士はDarwinianの「創造主」としての責任を大きく感じることになった。

プレイヤーが赤いDarwinianの駆逐を完了すると、博士がウイルス発生の原因がわかったと知らせてくる。全てはTempleで明らかになる。
メニュー


取得中です。