|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

Launchpad-demo


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本編のウイルスとの戦いの後日談。

Darwinian達はDarwiniaの外のネットワーク世界を目指してロケットを作っている。しかし打ち上げ間近になって再びウイルスに感染した赤いDarwinianが襲い掛かってきた。

プレイヤーのタスクは赤いDarwinianを撃退し、ロケットに動力を供給し、ロケット打ち上げを成功させることである。

  • Enable primary/secondary/tertiary fuel pump(ソーラーパネルから電力を供給して燃料ポンプを動かす)
  • Launch Rocket(Darwinianを搭乗させる)

博士はウイルスの発生以来変わってしまったDarwiniaに思いをはせる。システムのウイルス侵食を排除できたと思っていたが、博士が見ていない間にどこかでまたウイルスが発生してDarwinianが殺されている…

今ではDarwinian自身が世界をコントロールする力を持っていて、このLaunchpadはDarwinianが自分自身で作り上げた最初の場所だ。

そして外の世界が存在することを知ったDarwinianは空白だった空に外の世界を映し出すことに成功した。星のように見えるのは膨大なインターネットの網に繋がるサーバ群だ。彼らの願いはこれらの数百万ものコンピュータシステムを探検することであり、このロケットプロジェクトによってDarwinianは世界に飛び立っていく。
メニュー


取得中です。