※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆17歳女子高生、昨日教室で全裸にされたの☆8日目(4)   http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1139055477/

176 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 21:58:03.56 ID:XFwwmksT0

  カツッ、カツッ、カツッ、カツッ・・・
  卯ノ花さんと二人、煙が立ち込める音楽室の前に立つ。
  「いよいよだね・・・」
  「うん」
  お互いの顔を見合い、頷く。

  ぶ隊長、待ってて・・・!!

177 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:01:41.39 ID:XFwwmksT0

  瓦礫が転がる・・・もはや教室とは呼べない空間に、アイツがいた。

  「紅葉ちゃん・・・」
  「ずいぶんと派手にやってくれたわね、オバサン」
  ほとんどお宅のバカのせいなんですけどね。

  「やちるっ!!それと志穂!」
  「彩っ!無事だった!?」
  声のする方を振り向く・・・ぶ隊長が白いテーブルセットに腰掛けて、紅茶とケーキでくつろいでた。

178 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:06:58.77 ID:XFwwmksT0

  「・・・ちょっと、何くつろいでんのよつるつる」
  「また言ったぁっ!!」
  だからすぐ泣くなっての・・・

  「・・・やっぱり、彩ちゃんの言う通りのろくでなしね」
  紅葉ちゃんが一歩踏み出す。
  「ろくでなし?私が?」

179 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo [sage] 投稿日: 2006/02/05(日) 22:07:54.35 ID:XFwwmksT0

  「そうよ・・・人の気持ちを土足で踏みにじる・・・」
  ちょっとぉ、まるで私が悪役みたいな言い方じゃないっ!!><

  さらに紅葉ちゃんが歩みより・・・
  「彩ちゃんを・・・アンタに渡しはしない!!オバサンッ!!!」
  バシュッ!!
  一足飛びに、一気に間合いを詰めてくる!!

180 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:11:23.07 ID:XFwwmksT0

  「とぅあ!!」
  殴るかかってくるのを掴み、そのまま投げ飛ばす。

  「はぁぁぁっ!!」
  空中で身を翻し・・・壁を利用して跳躍だとぉっ!?

  面白い・・・私も飛び上がり、そして・・・

  ガシィィンッ!!
  「てやぁぁっ!!」
  「せいやぁぁっ!!」
  空中で飛び蹴りと飛び蹴りが交差!

181 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:15:28.72 ID:XFwwmksT0

  「はいっはいっはいっはいっ!!」
  そのまま空中で両足から交互に蹴りを連射!!

  ガッガガッガッ!
  くそっ!キレイに捌きやが・・・
  「たぁっ!!」
  蹴り上げだと!?マズい、受け、間に合わ・・っっ!!

  ズガァァンッ!!

182 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:21:33.24 ID:XFwwmksT0

  蹴りを受け天井を突き破り、星がちらつき始めた空へと放り出される。
  紅葉も地を蹴り、追いかけてくる。

  「はぁぁぁぁっ!!」
  「おぉぉぉぉっ!!」
  バシッ!ガシッ!パンッ!ズシッ!!

  校舎のはるか上空で激しくラッシュを打ち合う。

183 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:25:18.00 ID:XFwwmksT0

  「・・・よくやるわねぇ」
  「ホントホント」
  彩と卯ノ花が口を開けて、天井の穴越しに上空を見上げる。

  「でも、ホントに怪我とかしてないの?」
  「うん。みんな親切にしてくれたし。やちるは?」
  「アタシは・・・うんダイジョブダイジョブ」
  そう言いながらも卯ノ花の目は、どっかトンじゃっていた。

184 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:30:43.81 ID:XFwwmksT0

  「ぬぉぉぉぉっ!!」
  私の蹴りを受けた紅葉がプールの方へと落ちていく。
  ズガァァン!!

  よし、一気にとどめよっ!!
  プールから『アレ』を引きずり出し、紅葉目がけて放り投げる。
  ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・
  「ウェッハタンクだっ!!」

185 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:34:03.79 ID:XFwwmksT0

  ズォォォォォッ!!
  さぁ、どうする紅葉!!

  ・・・と、ウェッハタンクが地面にぶつかる直前、縦真っ二つに両断される。
  ブゥン・・・
  「ビームサーベル・・・過ぎたおもちゃね!!」
  とは言え素手じゃ分が悪いわ・・・
  「とうっ!!」
  一足飛びに、音楽室へと飛び込む。

186 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:37:18.46 ID:XFwwmksT0

  「逃げるなよ、オバさんっ!!」

  紅葉も追ってくる・・・が、慌てず鞄の中から・・・
  「逃げやしないわよ、ただ・・」
  ロケットランチャーと、グラットンソードを取り出し、

  「お前にふさわしいおもちゃを用意していただけよぉっ!!」
  紅葉へと飛び込みながら斬撃を繰り出す!!

187 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:40:33.04 ID:XFwwmksT0

  「二人ともっ!!アタシの為に争わないでぇっ!!」
  彩が遥か上空で剣を交える二人を見上げ、叫ぶ。

  チィンッ!ドォォンッ!!

  だが、二人に声は届かない。

188 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:44:48.96 ID:XFwwmksT0

  「ははっ!女子高生の力というのはその程度のものかっ!!」
  ヒュオッ!!
  「貴様こそ・・・志無き刃で何を成そうと言うっ!!」
  キィィンッ!!
  「志だと!?お前には分かるまい・・・分かってたまるかぁっ!!」
  パシュッ!!
  「はっ!分かりなどしないさっ!!つるつると共に生きるなどと言う理想論などっ!!」
  ガシィィンっ!!

  ジジジジ・・・
  鍔迫り合い、志穂と紅葉の間合いが一気に詰まる。
  「何故っ!何故理解しようとしない!!つるつるの苦しみをっ!!」
  「理解だと?笑わせる!!あのような劣勢種・・・」

189 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:47:00.60 ID:XFwwmksT0

  「おい・・・」

  「つるつるでも・・・たとえつるつるでも!!生きているんだ!!同じ人間なんだぁぁっ!!」
  「バカがっ!!所詮つるつるはつるつる、我々とは違う人種っ!!」
  ガキィィンッ!!

  「ちょっと待てお前ら・・・」
  「あ、彩、落ち着いて・・・」

190 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:49:22.70 ID:XFwwmksT0

  「志穂の事だから・・・えっと」
  ガサゴソガサゴソ、彩が志穂の鞄をあさる。

  「猫ちゃんはちょっとここで大人しくしててね・・・あ、これは青ダヌキか」
  ガサゴソガサゴソ
  「あったあった、かくばくだん」

  「彩ぁ、どうすんのよそ・・・え、持ってろって?」
  「そそ。で、ちょっと手を出してみて?」

191 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:51:48.61 ID:XFwwmksT0

  「こ、こう・・・?」
  差し出された卯ノ花の手を彩が掴み、にっこり微笑む。
  「さて、と」

  そして背負い・・・
  「てめぇらぁぁぁぁ・・・」
  「え?ええっ!?」

  上空の二人目がけて・・・
  「つるつるだの、ぺたんこだの・・・」
  「ま、まさか・・・」

  投げ飛ばす!!
  「いいかげんにしろぉぉぉぉぉっ!!」
  「最後までこれなのぉぉぉぉぉっ!?」

192 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:54:54.39 ID:XFwwmksT0

  ぎゅぉぉぉぉぉっ!!
  「連合の新型、そのてい・・・ん?」
  「おや?何か飛んで・・・」

  おおぉぉぉぉぉぉ!!
  「・・・人?」
  「・・・って言うか」

  ぉぉぉぉおおおおおおおおっ!!!
  『人 間 核 ぎ ょ ら ・・・』

  カッ

  卯ノ花の心の中’よいこはまねしないでね、ガフッ’

193 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 22:58:52.03 ID:XFwwmksT0

  「暇だね~」
  「ね~」
  私と紅葉ちゃんは包帯でぐるぐる巻きにされて、病院のベッドの上でひっくり返ってた。
  二人とも全治3ヶ月。

  「二人とも元気ぃ~?」
  あ、ぶ隊長。
  「紅葉姉ぇ~」
  「紅葉姉様」
  「もみじおろし!!」
  と、中学生3人組。

194 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 23:01:35.54 ID:XFwwmksT0

  「とりあえず、お見舞いで『元気ぃ~?』は無いと思うんだけど。神戸さん」
  隣のベッドで騒いでいる中学生達を尻目に、ぶ隊長に注意する。

  「まま、固い事言わないで。リンゴむいたげるから」
  ぽふっ。
  私のそばのパイプ椅子に腰掛け、紙袋からリンゴを取り出す。

  「ねぇ、神戸さん・・・」
  「ん?」

195 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 23:02:51.78 ID:XFwwmksT0

  「ずっと気になってた事があるんだけど、いいかな・・・」
  「何?」

  そう、言わなくては。
  神戸さんはもう忘れてしまっているかもしれないけど。

  ・・・ずっと、私の深い所に残っている、あの事を・・・

196 名前: 志穂 ◆Z2KySTSpOo 投稿日: 2006/02/05(日) 23:04:20.23 ID:XFwwmksT0

  「お尻の赤鉛筆・・・まだ抜いちゃダメ?」


  「うん、ダメ」



  ぎゃふん。



  ー完ー