※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

21歳新米OL、課長に恋しちゃったの(5)   http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1140092719/

148 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 00:48:32.19 ID:stfpiCJJO

  「失礼しま~す」
  トントントン、いつものように3回ノックする。
  ドア越しにパタパタと言う足音が聞こえ、目の前で止まる。

  「どなたでしょうか」
  ツンとすました声に思わず吹き出しそうになる。
  「どなたでしょう?」
  ついつい、意地悪をしてしまった。
  「新聞でしたら間に合ってますので」
  いや、こんな所に営業しにくる新聞屋いませんから。
  「まぁまぁそうおっしゃらずに、洗剤お付けしますから」
  合わせますけどもさ。

149 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 00:55:27.87 ID:stfpiCJJO

  「でしたら、合い言葉をお願い出来ますか」
  そう来ますか。
  取りあえず適当に……
  「ローズガーデン」
  「ブッブー」
  「彩華堂」
  「ブッブー」
  「志穂ちゃん」
  「ブッブー」

  うぅむ、何なんだろ……
  「それではヒント」
  お、助かった。
  「あなたの好きな人の名前です」
  ……小学生ですか、アナタは。

150 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 01:01:03.07 ID:stfpiCJJO

  いくら志穂さんでもこればっかりは言えないしなぁ……
  「10、9、8――」
  どうしましょ。
  「5、4、3――」
  よし、ここは一発。
  「志穂さん」
  「……」

  ……あちゃ、外したかな?
  「志穂さん大好きって言ってみて」
  はぁ?
  「志穂さん、大好き」
  はいはいこれでいいんでしょ。

151 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 01:05:20.00 ID:stfpiCJJO

  「気持ちがこもってない、もう一度」
  「志穂さんだぁい好きっ」
  一体どこのバカップルですかまったく。

  「……」
  いい加減開けなさい。
  カチャッ
  あ、開いた。
  「いらっしゃ~い!」
  うわぁ、満足しきっちゃってるよこの人。よっぽど寂しかったんだな。

152 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 01:15:36.05 ID:stfpiCJJO

  「もぅ何やってんですか……」
  「ふふっ、息抜き息抜き~」
  いつもの自分専用デスクに着き、足をブラブラさせてある。
  「ホント甘えん坊ですね~」
  「うん、家でも……」
  嬉しそうに途中まで言いかけ、ハッと一瞬動きが止まった。
  そして、真顔になったかと思ったら急にパソコンの方に向き直りキーを叩き始めた。

153 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 01:25:49.03 ID:stfpiCJJO

  「あの……」
  「何」
  スパっと吐き捨てるように返事を返してきた。
  「やっぱりご結婚……されてたんですか」
  キーを打つ手が止まり、しばしの静寂の後河部チーフが小さくうなずいた。

  そしてまたキーを叩き始める。

  なんで結婚してる事、隠してるんだろ……
  私に対してはともかくとして、薔薇っ子達にまで。
  ぼんやりと、唇をぎゅっと閉じたままキーを叩き続ける横顔を眺める。

  「辛いですよね、隠し事って」
  無意識にそんな事を口走っていた。

154 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 01:38:22.08 ID:stfpiCJJO

  キーを叩く音が止んだ。
  「……そうだね」
  いつもの、志穂さんの優しい声。

  思わず、涙がこみ上げて来た。
  「マユちゃん?」
  「志穂さん、私、もう、どうしたらいいのか分からないよぉっ!」
  胸が苦しい、涙が止まらない。
  辛いよ、助けてよ、課長っ、諦めたく無いよおっ!

  不意に温かい感触が私を包み込んだ。
  「好きなだけ泣いていいよ」
  耳元で志穂さんの声。
  「ひっ、志穂さぁん、えぐっ、諦めたく無いよおっ!」
  「大丈夫だから、志穂はマユちゃんの味方だから」
  そして、頭を撫でてくれた。

155 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 01:55:43.78 ID:stfpiCJJO

  「落ち着いた?」
  まだ少し鼻水がズルズルしている私に、志穂さんが紅茶をいれてくれた。
  「うん……」

  「ねぇ、アドレス交換しよっか」
  私に優しい視線を投げかけながら呟くように言った。
  「えっ!いいんですか!?」
  「うん、いいよ」
  そう言って白衣のポケットから携帯を取り出す。
  私のアドレスを志穂さんに教え、メールが送られてきた。

  『気軽にメールしてね、私はいつだってマユちゃんの味方だから』

  「志穂さん、ありがとう……」
  「いいのよ、それより……」
  志穂さんが唇の前で人差し指を立て、ウィンクをしてみせる。
  「あの事はみんなに内緒にしてね」
  「はいっ」
  結婚の事はタブーっと、よし。

156 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 02:11:51.80 ID:stfpiCJJO

  「あっ」
  携帯の時計表示に視線を移す……もうそろそろ時間じゃん。
  「ごめんなさい志穂さん、そろそろ行かないと」
  「ちょっと待って」
  立ち上がろうとする私を制し、志穂さんが赤いチェック柄のバニティボックスを持ってきた。
  「これじゃ、人前には出られないでしょ」
  子供を諭すようにささやきながら、メイク落としコットンで私の目元を拭き、
  マスカラやシャドウを手際良く塗り付けていく。
  「はい、これでいかがかしら?お嬢様」
  こっちに向けられた鏡を覗きこむ。
  うん、バッチリ私の趣味でしかも私より上手い。
  「お見それしました」
  さすが、ローズガーデン生みの親。

  後ろを振り向くと、志穂さんがドアの隙間からぴょこんと首だけ出していた。
  「志穂さんありがとね~」
  「またいつでもおいでね~」
  そしてお互いに手を振りつつ、私はローズガーデンを後にした。

157 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 02:28:56.25 ID:stfpiCJJO

  「木戸さんこっちこっち」
  居酒屋吉兆夢。すでにみんな座敷で卓を囲んでいた。
  「はい、木戸さんの席ここね」
  「ありがと~」
  ホントありがとう、大泉君。
  課長の隣空けといてくれるなんて!!!!!
  「木戸君、怪我はもう大丈夫?」
  「おかげさまで……あ、私がつぎますからっ!」
  私のグラスにビールをつごうとする課長の手から、瓶を取ろうとする。
  「あっ」
  「おっと」
  ……手触っちゃった。
  「はい、どうぞっ」
  「ありがとう」
  課長のグラスにビールを注いでいく。

  はぁ……手、あったかかったな……
  笑顔、素敵だな……
  「ああ木戸君もういいよ、ありがと…いや、もういいって、ちょっ」

  好きでいるだけなら……いいですよね?

  「木戸さんビール溢れてるって!すいません、布巾を!布巾をぉぉっ!!」


  室尾課長、大好きです……たとえ何があったとしても。

200 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 21:33:38.36 ID:vfh5xFPS0
(保守おつかれさまでした、それでは再開します。しかしVIP板ごと落ちるとは……)

  「う~む」
  自宅のコタツの上、束ねられたそれから1枚だけ抜き出された年賀状。
  言わずと知れた、室尾誠課長にお送りする分なんだけど。
  「どうしよ……う~ん、どうしよ」
  めっちゃ悩んでいる訳なんですよ。

  この印刷された謹賀新年の文字とわんこの絵の横に、
  一筆そえようかどうしようか、と。

201 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 21:39:59.50 ID:vfh5xFPS0

  やっぱり『今年も一年よろしくお願いします』だろうか……
  それとも、もっとこう……
  例えば、もっと仲良くなりたいな~……とか?

  ……さすがにそれはどうかと。

  いや、それ以前に……あの人の目にも止まるだろうしなぁ、うん。
  やっぱり新年は夫婦水入らずなんだろか……
  ハァ……

  あ~ダメだダメだ、気が滅入ってきた。余計な事考えちゃいかんわ。

202 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 21:43:35.31 ID:vfh5xFPS0

  「今年も一年よろしくお願いします……っと、よし」
  まぁ結局無難にコレ。
  それにしても、我ながらヘタな字だなぁ。何か全体的に傾いてるし。

  今更言っても仕方ないか、明日出社する時に出しちゃおっと。
  それじゃおやすみなさ~い。


  ……ダメですってば課長~

  それ食べられませんから、お尻欠けちゃいますから~
  ムニャムニャ。

203 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 21:49:14.30 ID:vfh5xFPS0

  「いくら僕でも乾燥剤は食べないよ、さすがに」
  社食で課長と一緒にお昼を食べながら、昨日見た夢のお話。

  「でもこの間、紙がついたまま食べてませんでしたっけ?カステラ」
  「いや、だってアレはペラペラで気付かないし」
  う~ん、照れる課長も可愛いなぁ~。
  ほらほら、お箸からざる蕎麦逃げちゃってますよもぅ。

  スルッ、スルスルッ
  あ、でもお蕎麦食べるのは上手だなぁ~、すする音からして違うし。

  ……あら?

204 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 21:52:43.56 ID:vfh5xFPS0

  「んぐ、ぐぐぐっ!!」
  「え、課長!?何!?」
  蕎麦をすすり上げた課長が急にもがき出した。

  「ん~、ん~っ!!」
  「水ですか?水ですねっ!!」
  大急ぎで給水気の元に走り、コップに水を注ぐ。早く出ろ早く出ろ早く出ろぉぉっ!!
  おっし、水入ったぁっ!!

  「はいっ、課長っ!!」
  水がこぼれるのも構わず私からコップを奪い取り、
  ゴクッゴクッゴクッ

205 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 21:56:59.69 ID:vfh5xFPS0

  「はぁ、はぁ……助かったよ、木戸君……」
  「もぅ、初めて見ましたよ。蕎麦を喉につまらせる人なんて」

  一体何をどうやったらそんな器用な事出来るのやら。
  「でも……無事でよかった」

  「ありがとう」
  ……え、あ、今の声に出てた!?
  「あ、いやその、課長倒れたら、ほら、仕事がアレしちゃうし、その」
  「……ありがとう、木戸君」
  そんなまぶしい笑顔こっち向けないでくださいってばぁっ!
  ほら、もう、ほっぺがカッカッて、あんもうやだぁっ!!

206 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 22:01:30.51 ID:vfh5xFPS0

  あ~もうヤダヤダ、まだ心臓ドキドキしてる。
  「ねぇねぇマユミ」
  「ん~?」
  何でしょうか香苗さん、また合コンの結果報告でも?
  「サンダル、左右反対なんでない?」
  「……あらホント」
  いけねぇこりゃうっかりだ。

  「なんかさぁ……」
  机の下でゴゾゴゾとサンダルの左右を入れ替えてる私を、
  片肘つきつつぼんやり眺ていた香苗さんがぽつりと。
  「アンタ、最近課長に似てきた事無い?」

207 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 22:06:19.88 ID:vfh5xFPS0

  頭、一気に大沸騰。
  「ひぇ、か、かちょ、え、や、そ、へ、あ」
  「相変わらず分かりやすいわねぇ……」
  もしかして……
  「し、知ってたの?」
  「ま、隣で見てりゃね」
  頭が大噴火いたしました。

  ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっ!!!!!!!

  「……まるでゆでダコだわこりゃ」

208 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 22:13:37.10 ID:vfh5xFPS0

  「あ~別に心配しなくてもバラしたりしないから」
  香苗さんが隣の席でパタパタと手のひらを動かす。
  「あ、ありがと……」
  とりあえず書き物でもしよっと。顔下に向けてれば真っ赤になってんのも分からないだろうし。

  「でもさ」
  「ん?」
  「正直結構お似合いだと思うよ、アンタら」
  「そ、そ、そ、そ、そう?」

  いかん、品川区の川の字が縦線4本になってしまった。

209 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 22:17:27.85 ID:vfh5xFPS0

  「それじゃ、お先~」
  「ほいお疲れ様~」
  もう、変な事言うから微妙に残業する羽目になっちゃったじゃないのよ。

  えっと、あと出荷票の写し入力するだけだから……
  「珍しいな、木戸君が残業だなんて」
  「あ、課長」
  いやまぁ色々ありましてね。

  「無理しないようにな」
  「はい、ありがとうございます」

210 名前: マユミ ◆mWaYx4UM2o 投稿日: 2006/02/18(土) 22:23:24.63 ID:vfh5xFPS0

  「そういえば課長も残業なんですか?」
  「いや、もう帰るけど……」
  ん?なして香苗の席に座ります?
  「……せっかくだから、木戸君の仕事が終わるまで残ってようかな」

  え、え、え、え、えぇぇぇぇえぇぇぇえっっっっっ!!!!!!!!!!

  「や、そんな、悪いですってばっ!!」
  「いいからいいから」
  背もたれ側を前にし、その上に覆いかぶさるようにしながらニコニコする室尾課長。

  返って邪魔ですから、いや嬉しいですけど、ああもう、はぁ。