※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ジュン、ちょっときなさい」
 ふいに、教室の窓から呼ばれる。
「なんだ?」
「いいからきなさい。上着も忘れずにね」
「……はぁ」
 小さくため息を吐くと、席を立った。
 廊下に出ると真紅が「こっちよ」と言って案内する。
 しっかりコートを着ていることと、道からして
 ……どう考えても屋上だよなぁ?
 などと考えてつつ、いそいそとコートを着た。
 ガチャ、と音を立てて屋上の扉が開いた。

「鬼は外ー! 福は内ー!」
 出るやいなや、浴びせられる豆の弾丸。
「ちょ、ちょっと、私がそっちに行ってからのはずでしょう!?
 痛いじゃないのっ!」
「お前ら何がしたいんだよ……って痛っ!」

「見ての通り豆まきですぅ」
「今日は2月3日。節分の日だから……雛苺と金糸雀がやりたいって」

「お前らなぁ、こういうのは夜に家でやれば……」
「あらぁ、いいじゃなぁい。こういうのも」
 水銀燈が指で豆をピンッとはじく。
 そしてそれは、見事に額に命中した。
「……ったー……! 顔面は無しだろ!?」
「大丈夫……・携帯もってるから……いつでも救急車呼べる……」
「救急車の前に保健室かしらー!?」

「……あのなぁ」
「はい、ジュンと真紅のお豆なのー」
「お、ありがと」
「ありがとうだわ」
 豆を受け取っている間にも降りかかる豆の雨。
「ちょ、服の中にも入るし、っていうか俺鬼かよ!?」
「真の鬼はもうちょっとでくるはずですから、それまでお前が代理ですぅ」
「っていうか寒……」
 見上げた空はどこまでも蒼く。白い雲がふんわりとふたつ、浮かんでいる。

 そんな空の下、扉が開く。そこからでてきたのは……。
「……ベジータ?」
「おう、薔薇乙女の皆さんとジュ……」
 バシッ。豆が当たる。しかも、それはジュンが受けたものより速く、とても痛そうだ……。

「鬼がきたのー」
「やっつけるかしらー!」
「ざまぁみやがれですぅ」
「ご、ごめんねベジータ君……」
「うふふ、結構面白いわねぇ」
「……力の加減に注意しないと……」
「これは行事だもの、心して受けなさい」

「痛いけど……何だこの快感……」
「……良かったな、ベジータ」
 
「あ、ちょっと待って皆。歳の数だけ食べてからじゃないと、後から足らなくなったら……」
「あら、そ、そうだったかしら? 私は遠慮するわ……ってむぐぅ!?」
「好き嫌いは良くないわぁ、真紅ぅ」
「お豆おいしいのよー」
「な、真紅も苦手だったですか……」
「真紅も嫌いなんだね。僕は結構好きだけど……」
 翠星石がちらり、蒼星石を見る。
「蒼星石が食べるなら……す、翠星石だってこれぐらい食べれるですぅ」
「ふふ」
「薔薇水晶は食べれるのぉ?」
「結構……好き……」
「俺も嫌いじゃないな」

「……あの、俺の豆が無いんだが」
 ベジータが呟くように言う。
「あら、あなたは鬼だもの、食べなくていいわ」
「な……っ!? そうか、完全なる鬼退治プレイだったのか!!」
「何言ってやがるです、このド変態がぁっ!」
 翠星石のパンチが決まる。

「食べ終わったのー、豆まき再開するのー」
「かしらー、ベジータをやっつけるかしらー!」
「恵方巻きは食べなくていいのぉ?」
「関西じゃないからいいんじゃないかな?」
「用意してないですぅ」

 ちらり、真紅を見た水銀燈の口角がつりあがる。
 そしてこっそりと射程距離内に入るまで、真紅に近づくと……
「……真紅ぅ」
「何かしら水銀と」バチッ。
 真紅が後頭部をおさえてしゃがみこんだ。
「水銀燈~~~~~……!!」バチッ。
「いたぁい、よくやったわねぇ」
「先にやってきたのはそっちよ!
「あらぁ、せっかく真紅の中にいる鬼を退治してあげようとしてるのにぃ」
「余計なお世話なのだわ! ジュン、あなたも手伝いなさい!」
「何で俺が……「下僕でしょう!?」

 そしてバトルはこちらでも起きていた。
「蒼星石ぃ」パッ。
「ひ、雛苺……痛いよ」
「蒼星石になにするですかちび苺! 許さんですぅ!」
「カナも当てるかしら~!」バチッ。
「痛っ! バトルはお前ら二人でやりやがれですぅ、こっちは平和に……」バチッ。
 雛苺の豆が当たる。
「……許さんですぅ! お前ら外に出して福を内にいれてやるですぅー!!」
「翠星石、ここはもう外だよ?」
「う、うるさいですぅ、蒼星石も参戦するのですぅ!」
「……わかったよ」

 そして放置されるベジータ。しかし、彼はめげなかった。それどころか……。
「水銀嬢、俺も混ぜ……」
 背後から忍び寄り、胸に手を伸ばす……・が、その手が届くことは無かった。
 ボォンッと大きな音が空に響く。
 一同、音がしたほうを振り向く。そこには、バズーカを肩に担いだ薔薇水晶の姿があった……。
「……豆バズーカ、つくってみた」
「薔薇水晶……それはやりすぎよぉ」
 足元には、頭部から血を流したベジータが倒れている。
「ちょ、お前何やってんだよ、いくらベジータだからって……」
 薔薇水晶はポケットから携帯を出すと、なにやら誰かと話す。
 そしてその数十秒後、頭がウサギの男がやってきた……。
「ば、薔薇水晶、その人頭がウサギなのだわ!?」
「あら、皆知らないのねぇ。薔薇水晶の執事さんみたいなものよぉ」
「執事がウサギ頭ってどうなのかしらー!?」

「ラプラス……その人の始末を・……お願い」
「かしこまりました、お嬢様」
 ラプラスと呼ばれた男はベジータを軽々と担ぐ。
「ここからが本当の地獄だ……」
 ベジータが呟いた刹那、姿が消えた……。

「……まぁ、ベジータだからいいか」
 後ろでは雛苺が満面の笑みで
「鬼退治完了なのー」
 とバンザイをしている。
「雛苺がちょっとこわく見えた瞬間かしらー……」
「それよりなにより薔薇水晶がおそろしいですぅ、敵にまわせねーですぅ」
「いい子なんだけどぉ……ちょっとズレてるところがあるのよねぇ」
「ちょっとどころじゃないのだわ!」
「もう少しで豆無くなるね、そろそろ撤退しようか?」
「ん、そうだなぁ……。っていうかこの豆だらけになった屋上はどうするんだ?」
 つん、と何かが背中に当たる。
「箒……って、それだけじゃ集めるしかできないじゃないか」
「こうして……下に……落とすの……」
 薔薇水晶が柵の辺りまで豆を転がし、その外に落とした。
「何て手抜きな……」
「捨てるの……勿体無いから……」
「いや、やってることは捨てるよりもひどいと思うぞ?」
「まぁまぁ、このさいいいじゃなぁい」
「でも、いいのかなぁ……委員長の金糸雀だっているのに」
「委員長が許すかしらー」
「え、許すんだ……?」
 蒼星石が唖然とした表情で、金糸雀を見た。
「そうと決まればとっととやっちまうですぅ」
「仕方ないわね」

「ま、こんな日もいいか」
 呟くと、心地よい風が頬をかすめた。

その頃、教室では……。
「先生、何か豆が降ってきてます!」
「笹塚、寝言は寝て言え」
「本当です! 窓の外をみてくださいよ!」
 梅岡がプリントを整理する手を止め、窓に目をやる。
「……豆なんか降ってないじゃないか」
「そんな、本当なんです! もう一度みてみてくださいよ!!」
「笹塚、お前はもう廊下に立ってろ」
「(´・ω・`)」