※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


バレンタインデーの日のこと

真「今日はバレンタインデーね。ジュンにチョコあげなきゃ」
翠「私もジュンに渡すんですぅ。真紅にはやらせないのです。」
銀「私もジュンに渡すわよぉ。」
真「あなたジャンクのくせにジュンにチョコ渡す気?ジュンはジャンクのチョコなんかほしくないわよ」
銀「え…そ、そんなことないわよぉ。ジュンならきっと…。手作りなんだから」
チョコを見せる水銀燈

それを真紅が奪って
銀「ちょっと…」
真「ベジータ~。」
ベ「ん??」
真「水銀燈からよ。あなたの事好きなんだけど恥ずかしくて渡せないみたいなのあの子。ウフフ」
銀「ちょっと!真紅!」
ベ「水銀燈が俺の事好きだって?!本当にかカカロット??」
真「そうよ。だから水銀燈と屋上にデートにでもいってきたら?」
ベ「やったぜ!水銀燈が俺の事すきなんて…水銀燈~~!!(水銀燈の前に来て)俺君のチョコもらえるなんて嬉しすぎるよ!だから味わって、ん?」
銀「ぐす…ひどいわぁ…真紅…ぐすっ」
真「あら、あなたがチョコを渡したいっていうから渡したのよ。感謝してほしいわ。」
翠「そうです!真紅はあなたのためにやったのです。それをひどいなんて最低です!」
銀「そんなぁ…」
ベ「泣くほど俺にチョコわたせた事がうれしいのかい?」
銀「真紅の…ばか!」泣きながら教室をでていく水銀燈
ベ「俺と顔あわせるの恥ずかしいのかな?ふふふ」
男子たち「てめぇ水銀燈からチョコ貰ったあげくなかせたなぁ!ゆるせん」
ベ「おいおい嫉妬はよしてくれ。水銀燈はもう俺にメロメロなんだから、さ!」
男子たち「死ねぇぇぇぇ!」「あんたって人はぁ!」「新しい時代をつくるのはベジータではない!」ドカドカガスグシャメシャポキリ
ベ「ぎゃぁあぁああ…」
真「…下劣ね。」

ジ「おはよー。って何やってんだ?みんな?」
ベ「助け…てく…れ…ジ…(ry
真「ジュン~私からバレンタインデーのチョコをあげるわ。ありがたく受け取りなさい。」
翠「別にくれる気はねぇがくれるです!もちろんギリですぅ」
雛「雛もくれるの~」
蒼「あの…バレンタインデーだからジュン君にチョコ…」
ジ「あ、ああ。みんなありがとう…(この争いの原因はこれかぁ。)」
ベ「何だろう…あれ…翠星石かな?いや違う…翠星石ならもっとぱっ~って(ry
男子たち「ふっやっと逝ったか…」
真「ちょっとジュンもらいすぎよ。私の以外捨てなさい。」
翠「真紅!何いってるですか!」
雛「うにゅ~」
蒼「ボクはジュン君に食べてもらいたい…」
真「ちょっと黙りなさい。ジュン、その中で一番美味しいチョコはどれか食べて選びなさい。」
ジュン「いや…そんなこといわれても…」
翠「チビ人間、早く食べるです!」
雛「うにゅ~」
蒼「ボクは別に…」
真「早く食べなさい!」
ジ「わかった食べるから!お前らがいると食べずらいから後でな!」そう言って教室から逃げていくジュン
真「逃げたか…」
翠「あのチビ人間~」
雛「うにゅ~」
蒼「ジュン君…」

ベ「キミは、生き残る事ができるか…」

屋上に逃げてきたジュン
ジ「まったくあいつらは…(真紅と翠星石)ん?水銀燈?」
銀「ぐすっ…え?あ、ジュン…」
ジ「どうしたんだ?何泣いてんだ?またあいつらか?(真紅と翠星石)
銀「え?あっえと…違う…の…」
ジ「ホントか?」
銀「…うん…。あ、それ…」
ジ「ああ。このチョコか?みんながくれたんだ。一人じゃ食べきれないし…一緒に食べないか?」
銀「でも…それは貰った物だよ…」
ジ「いいんだよ。…だって俺水銀燈が作ったチョコ食べたいからさ…」
銀「!?え?ほんとに?」
ジ「本当。ほんと言うと今日水銀燈からチョコもらえないかな~って思ってたんだけど俺にはないみたいだからちょっとがっかりかな…」
銀「ううん。違う。ちゃんとジュンに渡すチョコあったの…でも真紅にとられてベジータの野郎に勝手に…ぐすっ」
ジ「泣くなよ。やっぱりあいつら(真紅と翠星石)か…」(ベジータめ…後で滅殺せねば)
銀「あのね、チョコはジュンにしか作ってないの。ギリじゃないからね。だって私…ジュンの事大好きだから…」
ジ「今2人っきりだから言うけど、俺もお前の事好きだ。大好きだ。」
銀「え…ほ、本当に?!」
ジ「ああ。だから泣かないでチョコまた作ってくれよな。」
銀「うん!ありがとう!大好きよぉ!ジュン!」
ジ「は、恥ずかしいだろ」


妄想
J「ベジィータくん♪」
ベ「ん?なんだカカロット」
J「いや、カカロットじゃないし。ジュンだよ」
ベ「そうか。引きこもりか。で、何の用だ?」
J「聞いたぞ。チョコおいしかったか?」
ベ「フフ・・・あんなチョコざいなチョコはどぉーってこと無かったわ!ウハハハハ!」
J「ウハハハハハ」

トスッ

ベ「な、何をする!」
J「お前はあと3歩で・・・ハジけるッ!」
ベ「クク・・・面白い・・・・では歩いてやろう・・・いぃ~ち・・・にぃ~ぃ」

バァン!

J「実は2秒だ。これも思いやり。メイドの土産に持って逝けぃ!」


腕を組みながら帰る二人。
ジ「は、離れろよ。恥ずかしい。」
銀「私ははずかしくないわぁ。ジュンといるとあったかぁい」
ジ「しょーがないな」
銀「ねぇ今から家にきてチョコ作ってあげるわよぉ。」
ジ「それも悪くないか。」
銀「うん。行こう行こう」

真「何よ…この展開…」
翠「水銀燈めです!」
蒼「2人があんまりいじめすぎるから罰が当たったんだよ。それに…チョコは水銀燈のが一番みたいだし…」
翠「蒼星石!そんな簡単にジュンをあきらめるですか!?」
蒼星石「ボクは別にジュンの事好きじゃないよ!」
真「ムキになるところが怪しいわ。」
蒼「そんな事ないってば!それよりジュンと水銀燈はどうするの?」
真「そうだったわ。行くわよ翠星石!」
翠「おう!です。水銀燈にいい思いはさせんです!」
蒼「ボクもいくよ!」
ベ「水銀燈のチョコおいしかったな…失恋の味…か。お?蒼星石ちゃん!オレに渡すもんなんかないかい?」
蒼「え?何もないけど…」
ベ「あるだろ?甘い物なんだけど…恥ずかしいのかな?」
蒼「何いってるの?」
雛「雛がくれるの~」
ベ「お前のではない!蒼星石ちゃん!」
雛「雛のチョコもらえなの~」
蒼「でかした!雛苺!GJ」
ベ「え?でかしたって…蒼星石ちゃ~ん!!」
ジュンたちを追う真紅たち
真「いたわ!ジュンと水銀燈はあそこよ」
翠星石「腕なんて組んでゆるせんです」
真「そうね…私のもののくせに他の女と…こうなったら水銀燈き恥かかせてあげるわ。ウフフ」

ジュンと水銀燈が水銀燈の家に入る
ジ「へぇけっこう広いな。」
銀「ええ。まあね。じゃあ客間でくつろいでてねぇ。チョコ作ってくるから」
ジ「ああ。」

真紅たちは庭に侵入
蒼「いいのかな…こんな事して…」
翠「そう言ってついてきてるくせにです」
蒼「あっボクは…!」
真「あなたがジュンの事好きなのは誰にでもわかるわ」
蒼「……(なんでみんなわかるんだ?ボクってサトラレ??じゃ今まで全部筒抜け?!)恥ずかしい~~~!!」
どっかにいく蒼星石。
翠「?」

銀「ウフフ。早くおいしいチョコつくらなきゃ。」チョコをグツグツ
銀「ジュンにお茶持っていかないと…」
真「いなくなったわ…味噌でもいれてやるわ!ホウ酸を死なない程度に匂いでばれないようにハーブを少々」
銀「できたみたいねあとはひやすだけだわ。ウフフ。冷えるまでジュンと遊ぼぅ」
真「ふふん」


ベ「水銀燈の家はどこだぁ?」

銀「あれ?チョコがない…」
真「ドジだからなくすのよ。探してみなさい」

数分後
銀「見つからないよぉ…」
真「ふん、いい気味ね!(仕損じたわ…あのチョコは誰が持っていったのかしら…)」

ベ「うはwww水銀燈のチョコゲットwwwwwwwwどれちょっと味見…」


翌日の校内新聞

昨日、ベジータ氏が道路でのたうち回っているのが発見された
医師の診断によるとホウ酸の誤飲による症状とのことで現在病院にて胃の洗浄を行っている
ベジータ君はうわごとで何度も「水銀燈…恐ろしい子…」とつぶやいているらしく、水銀燈氏を呼び詳しい証言を聞く方針である

雛苺「ねー真紅ぅ。今日学校の前にパトカーが止まってたのー」
真紅「あら、それは大事ね。」
雛苺「真紅、意外と驚かないのね」
真紅「現場を見てないもの、正直なところどうでもいいわ。」

真紅は、雛苺たちとは家が別方向なので、裏門から通っていたのだった。

蒼「そういえば、もうすぐ授業始まるのに、まだ水銀燈こないね」
雛苺「ホント…あー!!水銀燈、ひなにだまってうにゅー食べにいったんだー!!」
蒼「・・・まさかそんなわけがwww」
真紅「ふざけた事言わないの。さて。先生がくるわよ。」
----

銀「私は何も知らないわぁ」
警「じゃあなぜ被害者(ベジータ)はお前の名前を連呼してるんだ」
銀「しらないわよぉ」
べ「ぎ、銀様ぁ、ぎん、ぎん、さまぁやっtだーーーーtgyふじこl」
~~~~~~~~~~~~
面会時間
J「大丈夫か、水銀燈」
銀「ジュン・・・格好悪いところみせちゃったぁ」
J「俺、待ってるから」
銀「え・・・・」
J「水銀燈の無実が証明されるまで、待ってるから」
銀「ジュン・・・・(///)」


その頃、水銀灯は所轄の警察署で刑事から激しい尋問を受けていたのだった。
事の真相が明らかになる事は今後一切無く、水銀灯はただひとり
華やかであるはずの青春時代を、世間から隔離された空間で過ごす事になる。
そして、彼女が再び娑婆に出るのは、これから3年程の月日を費やした後であった…

~~三年後~~
警「じゃああの事件は君が勝手に実験中の化合物を食べたんだね?」
べ「はい・・・・」
警「え~いまのベジータさんの証言により、
あなたの無実が証明されました、おめでとうございます」
銀「はぁ・・・・・(なにこの態度の違い、絶対刑事補償請求してやるからぁ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~
J「おめでとう水銀燈!」
銀「ジュン!待っててくれたのね?」
J「待つっていったじゃないか」
銀「ジュン・・・・(ホロリ」
J「俺、高校卒業してから人形師の勉強しはじめたんだ
俺が修理できるようになればもう真紅たちに苛められなくてすむだろ?」
銀「ジュン、大好き」
J「俺もだよ、もうジャンクなんて言わせない・・・・・・」

べ「俺のおかげじゃね?」




薔薇学園物語・水銀燈編 完