※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金糸「やはりカナの情報は正しかったのかしら~」
翠星「ほ、ホントです……。今、信じがたい光景が見えたのです」
金糸「さあ、ここはもっとターゲットに近づき、情報を集めるのよ」

真紅「お帰りなさいま……二名さまで宜しいですわね?」
翠星「見ての通りです。客として持て成すですよ」
真紅「……では、ただいまお席へご案内いたしますわね」
金糸「最初に見たときは流石の金糸雀も目を疑ったわ~」
翠星「で、真紅はこんな所で何をやってるですか?」
真紅「見ての通り、社会勉強の為のアルバイトよ」
翠星「なんと! あのプライドの高い真紅がこんな使用人の真似事をするなんて!」
金糸「きっと天変地異の前触れかしら?」
真紅「……黙りなさい二人とも」
翠星「うわ、怖っ!」
真紅「それに……私だけじゃないわ。あちらを見なさい」
水銀「こら、真紅! こっちまで巻き込む必要ないじゃない!」
真紅「こうなったら一蓮托生よ」
水銀「後で覚えてなさいっ」
金糸「あ、ありえない光景が続きすぎて、逆に違和感が無いわ……」
翠星「本当にこれは現実ですか……?」

薔薇「……ご注文はお決まりでしょうか?」
金糸「わぁっ!」
翠星「もっとありえない奴が出てきやがったですっ!」
薔薇「他のお客様のご迷惑になりますので、冷やかしならばご遠慮願いできませんか?」
翠星「冷やかしだなんて失礼な奴ですね。翠星石たちは――」
薔薇「もう一度お伺いします。ご注文は?」
翠星「う……ダージリンとミルフィーユ……」
金糸「か、カナはローズヒップティーとガトーショコラ……」
薔薇「それではすぐにお持ち致しますので、少々お待ちください」
翠星「あ、はいですぅ……」
真紅「そうね、私達は仕事をしているのだから、あなた達の相手ばかりしていられないわ」
水銀「仕事に戻るわよ、真紅」
翠星「あ……行っちゃったですぅ」
金糸「そ、そうね。今回の事はもう少し整理する必要があるわね……」

水銀「真紅。私をダシにして回避しようだなんて、ちょっと酷いんじゃない?」
真紅「あら、最初からそう言う取り決めだったじゃない。一人より複数の方がこう言った厄介事は回避しやすいって」
水銀「まあそうは言ったけどねぇ。こうも早くバレるとは思わなかったわ」
薔薇「……でも肝心な所は回避できたわ」
真紅「……それもそうね」
水銀「まさか真紅があのJUMの為にこんな事をしてるなんてねぇ」
真紅「あなただって似たようなものじゃない!」
水銀「私はっ、メグに日ごろの礼をしようとしてるだけよ! あなたのような不純なものじゃないわ」
真紅「私の気持ちのどこが不純なのよ!」
薔薇「不毛な争いはしない」
真紅「……そう言えばあなたが一番不思議よね。普段のあなたからは行動が結びつかないわ」
薔薇「私だって……女の子……」
真紅「そ、そうだったわね。少し礼を欠いていたわ」
水銀「それにしても、あなたの不思議回路を射止めた殿方はいったい誰なのかしらねぇ~?」
薔薇「…………ぽっ」

皆で買い物に行きました。男陣は荷物持ち。ベジータは水銀燈専用荷物持ち

銀「たくさん買い物したわぁ。ありがとぉベジータ、お金まで払ってくれてぇ♪」
ベ「べ別に気にすることは無いぜw」
ベ「(これだけ荷物があれば水銀燈だけでは持って帰れない・・・グヘヘ、水銀燈の住所ゲットだぜぇ!)」
銀「プルルルル・・・あ、パパァ?ちょっと荷物が多いから迎えにきてぇ・・・うん・・・場所はぁ・・・」
ベ「お、お父様!?」
銀「うん・・・・パパありがとぉ♪・・・・ってことでぇ、パパが来てくれるから荷物はそこに置いといてねぇ♪」
ベ「いや、俺が家まで持っていってあげ」
バララララララララ
ロ「水銀燈、迎えに来たぞ」
銀「パパァ!ありがとぉ!」
ベ「ヘ・・・ヘリコプター・・・」
蒼「水銀燈の父さんはあの精密な人形を造る世界的に有名なローゼン社の社長なんだよ・・」
ベ「・・・・お、俺は王子だぞぉ・・・!」
銀「じゃあ皆ばいばぁい♪ JUM、またねぇ(チュッ」
ベ「ちょ、JU・・」
ロ「俺の娘になにをするぅ!」
銀「ちょっとパパァ・・・アメリカ流のあいさつよぉ」
ロ「そ、そうだな。私ともあろうものが取り乱してしまったよ。ハハハ」
銀「パパったらぁ♪」
蒼「・・・それと親バカな事でも有名なんだ」
翠「下手に手を出さないほうがいいですよ~。」
笹「ベジータ、お得意の変態行為はできそうにもないね」
ベ「orz」


翠「スィドリーム・・・水鉄砲!(如雨露で」
雛「うにゅー・・・雛はくさタイプだからこうかはいまひとつなの~。ベリーベル!つるのムチなのぉ!(苺わだち」

銀「なぁにやってるのぉ?」
紅「人工精霊でポケモンごっこだそうよ。五月蝿くて紅茶も飲めたもんじゃないわ」
銀「うふふ。高校生にまでなってポケモンなんてお馬鹿さぁん。ね、蒼星石?」

蒼「レンピカ、ハサミギロチン!」
紅・銀「!!」


水「JUM~、ちょっとお願いがあるのぉ」
J「なんだよ?っていうかお前教室違うのに堂々と入ってくるなよな」」
水「別にいいじゃない、いつもの事なんだから」
J「たく、っでなんだよお願いって」
水「英語の辞書わすれちゃったのぉ、だから貸してくれない」
J「なんだ、そんなことか、ちょっと待ってろ・・・・ほら」
水「うふ、ありがとう、このお返しは今晩、たっぷりとしてあげるわぁ」
J「何だよそれ・・・」
水「楽しみにしててね、じゃあ授業があるかまたね」
J「たく・・・」
翠「やい、チビ人間、あれはどういう意味ですか?」
J「はぁ何のことだよ」
翠「とぼけるなです、その・・・あの・・水銀燈が今晩・・・・モゴモゴ」
J「何が言いたいんだお前?」
薔薇「・・・銀ちゃんと・・・今晩何するの・・・」
J「うわぁ、急に出てくるなよ」

薔薇「銀ちゃんに・・・・今晩何する・・気なの?・・・」
J「なにって・・・ああ、さっきの話か」
翠「そのとおりです」
薔薇「・・・コクコク」
J「だから、お礼に晩飯作りにくるんだよ、いつものとおり」
翠「・・・な、なんでです。それにいつものようにとはどういう事ですかチビ人間」
J「いや、珍しいことじゃないぞ、あいつ時々、うちにメシ作りにくるし」
薔薇「・・・本当?」
J「ああ、こんなこと嘘ついてもしょうがないだろ」
翠「なんてことなんです」ガク
薔薇「・・・・っく・・これで勝ったとは・・・思わないで・・」
J「はぁあ?」
翠「蒼星石、私はもうだめです」


水「うふふ、本当にお馬鹿さん、ふふふ」


終わり