※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

J「・・・何で放課後に屋上に?」
水「あらジュン乳酸菌取ってるぅ?」
J「なんで第一声がそれなんだよ?」

水銀燈と一緒に帰ることになった
J「だからいいかげん紅茶にヤクルトいれるなって・・・」
水「いいじゃないべつにぃ」
紅「ジュン?・・・それに水銀燈」
水「あら・・・真紅」
J「どうかしたのか?水銀燈」
水「別にぃなんでもなぁい  ジュンちょっと寄りたい所あるんだけど良い?」
J「ったく まあたまには良いか」
水「早く行きましょ」
J「ちょ・・なんだよいきなり腕組んだりして」
水「いいじゃない別に」
真紅「・・・・・」
-------
parallel

水「ヤクルト飲むぅ?」
「あ、ありがとう、頂くよ」
水「ちょと待ってねぇ(グイッ」
「って、自分が飲むのかよ」
水「(引き寄せグイッ)ンッ・・フッ・・ん」
「口移しで、ヤクルト・・」
水「あらぁ、嫌だったぁ?」
「いや、もう一本貰おうかな」
水「何本でも飲ませてあげるわぁクスクス・・」
-------
翠「まったく昨日体育倉庫の掃除してたら鍵閉められたです まったく最低です」
蒼「僕が来なかったら朝練の人たちに助けられるところっだったね」
翠「鍵閉めた奴出てきたらこの世のものとは思えぬ苦痛をあじあわせてやるです!!!」
べ「・・・・」
雛「真紅~何怒ってるの?」
紅「別に怒ってなんて無いわ」
水「おはよう~真紅~あら・・ぶさいくな顔が今日はきわだってるわねぇ」
紅「うるさいわ誰がぶさいくよ」
J「おはよう真紅」
紅「・・・・・」
J「な・・なんだよ」
紅「別になんでもないわ」
J「おい真紅!・・・なんだよあいつ」
水「うふふ」
雛「雛昨日見たの~ベジータが体育倉庫に鍵閉めてたの~」
翠「ふっふっふ・・・聞いたデス聞いたデス」
ベ「ここから本当の地獄だ」
---------------
昼休憩か・・
 1教室で昼食
 2屋上へ
→3学食


学食へ
J「・・・プリンカレーって食うやついるのか」
翠「食えです」
ぽち
J「あああああああ」
J「何やってんだお前はあああ」
蒼「ちょっと翠星石・・・」
J「お前食えよこれ!!」
翠「うるさいやつですもう食券買ったんだから食えです」
蒼「ジュン無理して食べなくても」
翠「私が食べさせてやるですさっさと口開けろです」
J「・・・まあうまいかもしれないし」
ぱく
蒼「・・・・・・・どう?」
翠「うますぎて感動してやがるです」
J「うまい・・・」
翠・蒼「へ?」
J「ほら翠星石僕が食わせてやるから」
翠「な・・・まあ食ってやるです」
ぱく
翠「・・・・」
J「ふ」
翠「まずいです・・・」
J「ふん・・・じゃお前の卵サンドもらうな」
翠「待ちやがれです!!ちび人間」
J「さっきプリンカレー食わせたろその分もらっとく」
翠「割りがあwくぁない・・・う・・水」
蒼「はぁ・・・まったく」
皆守「あいつらプリンカレー食ったのか・・・上級者だな」
蒼「へ?」





水銀燈「(今日のお弁当のお楽しみはヤクルトなのぉ。んふぅ~♪いつものコンビニ弁当にもアクセントが必要だわぁ。」





水銀燈「(それじゃぁ最後のお楽しみのヤクルトを)・・いっただっー・・・」


真紅「あら、水銀燈。あなたの好きなヤクルト飲まないの?なら、私が貰って上げる。・・・んぐっ、んぐっ」


水銀燈「え、違うっ・・・飲まないでぇ、飲まないでよぉ。最後の楽しみに取っておいたものなのぉ・・・」


真紅「あら、そうだったの?でも、もう遅いわね。飲み干してしまったのだわ。」






水銀燈「みんなぁー。おっはよぉ。あれ?真紅の椅子が無い・・・どぉしたのぉ?」


真紅「何を言ってるの?ちゃんと椅子があるのだわ。私の目の前に」


水銀燈「えっ?でもぉ・・・あぁっ!真紅ぅー。やめてよぉー、降りてよぉー」





ジュン家
J「水銀燈の髪ってサラサラしてるよな」サラサラ・・
水「好きなだけ触って良いのよぉ?」
J「それに、匂いも良い匂いだし・・」スーハースーハー
J「(後ろから抱きしめる格好で、鼻を髪に埋めてる俺って。変態だなw)」
水「もぉ、息がこしょばゆいわぁ、フフ」
J「んー水銀燈大好き(あーなんか、凄く安心できるな・・)」
水「今日は甘えん坊ねぇ、そう言うのも嫌いじゃないわぁ♪」






「不思議ね・・・この桜、一人きりなのにずっと咲きつづけてる。」
その人は、そういって私に微笑んだ。

私、水銀燈はその問いの意味がわからなかった。
退屈な始業式を抜け出して、幼馴染のジュンを困らせようとか
クラス委員の”マジメな”蒼星石が担任の梅岡にしぼられる様子を眺めたりだとか
くだらないことを考えていた矢先だったからなおの事だった。

私は何も問いかけには答えずに桜の木を見上げた。
白き花びら、雪のごとくに桜舞い散る様をただ見ていた。
「あなたはこの桜の木、好き?」
「今気が付いたからなんとも言えないわ」
「ふふ・・・とてもそうには思えないわ。ずっと昔からその木を知っているみたいだもの」
一歩、歩み出てそっと木の幹を撫でながら言った。
その時、その人の顔を初めてじっくりと見た。ワンレングスの長い髪
色素の薄い白い肌。同じ高校生とは思えない落ち着いたふいんき
これほど綺麗な人ならどこかで見たことがあるに違いないはずなのだが・・・
「ねぇ、あなた名前は?」
「柿崎めぐ・・・めぐでいいわ。あなたは」
「水銀燈、水銀燈でいいわ」
「ふふ、おかしな子ね。まねっこしなくてもいいのよ?」
「そんなつもりじゃないわ。」
「ねえ、今何時?」
携帯を取り出し、時刻表示を見る
「9:40分」
「いけない、遅刻だわ。」
「・・・呆れたおばかさぁん。私は最初からサボってたのかと思ったわ。」
「悪いけれど、私行くわね。あなたは?」
「桜、見てるわ。案外いいものね。桜を眺めるの」
「でしょう?また会いましょう。水銀燈」






水「はぁ…。どうしたらJUMとラヴラヴになれるのよぉ…」
雛「うゆー。雛に聞かれてもわからないなのー。でもJUMだいすきーなのー!」
水「…そうよねぇ…」
雛「あ、でもねでもね!うにゅーもだいすきーなのー!」
水「…恋の成就は大変なのねぇ…」

水「ねぇ~真紅ぅ♪」
真「何か用?水銀燈」
水「実は、相談したいことがあってぇ…」
真「フフフ。恋の悩みでしょう?」
水「ぐっ…よく分かったわねぇ…」
真「分かるわよ。だって貴女、恋する乙女の顔してるもの」
水「…/////」





さすがにあの後と言う事はあって、次の日は学校に行きにくかった。
チャイムの音が鳴っても、水銀燈は来ず、
担任の梅岡からは風邪だと聞かされた。
ふと、隣りの空いた席を見る・・・
留学は一年・・・だけど一か月でもう何ヶ月もたった気がする。
「―――で、――――から、―――」
担任が何か喋っている、どうせまた笹塚だろう
「――――だそうだ、席は、桜田の隣りだ。
桜田!おい、桜田!」
自分が呼ばれている事に気づき顔をあげると、
目の前には見たことのない少女がいた。
まっすぐと見る碧い二つの目、二つにくくられた金色の髪・・・
「桜田、ちゃんと先生の言うことを聞いておけよ?
その子は交換留学生の真紅だ。
日本語は流暢だが、知らない事だらけだ。
隣りのお前が面倒見てやってくれ」
「え?あ・・・はぁ・・・」
「よろしく。」
凛と澄んだ声、これが真紅との出会いだった。
真紅はあんまり喋らないから楽だった。
授業中もただ教科書を見せていれば良かっただけだ。
ただ、留学生と言う事もあって
休み時間にはクラスの連中に囲まれ
わざわざ真紅の噂を聞いてか、隣りのクラスからも見にくる奴もいた。

真紅もあまりうるさいのは好きではないのか、
素っ気なく質問などに答えていた。
そのせいか昼休みには真紅の不機嫌に気付いてか、話しかけるものは少なかった。

「雛悪くないの!」
「いちいちうるさいのよ、アンタ。」
「だいたいそのぶりっ子ぶってる所が気に入らないんだよっ!」
声に反応して振りかえると
クラスメイトの雛苺が、同じクラスの柄の悪い女子二人に絡まれていた。

髪を引っ張ったりしている・・・さすがにあれはまずいだろう。
誰も聞こえていないのか、いや聞こえているけど巻き込まれたくないだけだろう。
仕方ない、僕が
「おい、お前ら―
「何をやっているのかしら?」
けして大きな声ではない、真紅の声が教室に響き渡った。
「私から見ると、それはまるでイジメの様に見えるのだけど。
違うのかしら?」
クラスの視線が女子二人に向けられる、
やり切れなくなったのか、チッと舌を鳴らし二人は教室を出て行った。
「大丈夫?えっと・・・」
「雛!雛苺なの!助けてくれてありがとうなの」
「そう、雛苺・・・よろしく」


昼休みの終わりを告げるチャイムが鳴った。
「・・・・・・何?」
「さっきの、女なのに勇気あるなって思って」
「別に、あれくらいみて見ぬふりをする方がおかしいわ。」
「・・・・・・そうだな。」
「そうよ」



授業が終わると担任に水銀燈にプリントを渡される様言われた。
―あいつの家行くの、久しぶりだな・・・


ピンポーン
「―――あ、はぁい」
「桜田だけど、先生にプリント頼まれて―」
「ジュン!?まってぇ、今開けるわぁ!!」
奥からガタガタと物音がする、ドシン・・・ドシン?
「いったぁい・・・ど、どうぞぉ」
ドアを開ける水銀燈、階段から落ちたのか・・・
「ん、大丈夫か?あぁ、これプリント・・・・・・顔色悪いな、大丈夫か?」
「え?あ―――ありがとう、別にぃ大丈夫よぉ」
「そうか?んじゃまた―
「そうだぁ!せっかく久しぶりに来たんだからぁ、少しあがってったらぁ!?」
「え?あ―――でも身体悪いんだろ?
無理せずに―
「ぜんっぜん、大丈夫よぉ!
さぁ、入って入ってぇ」
「え?あ・・・そうか?んじゃおじゃまします」
「ふふっ・・・いらっしゃぁい」