2016年夏場所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

2016年夏場所、番付発表!

2016年4月25日(月) 番付発表

 来月5月8日から始まる「夏場所」を前に、声優相撲の「番付発表」が行われ、
念願の大関を掴んだ「悠木碧」関が、西の大関に座りました。

 

<幕内>

番付 西
花澤香菜 13 横綱 佐倉綾音 12
茅野愛衣 10 横綱 沢城みゆき 1
日笠陽子 9 大関 悠木碧 13
小澤亜李 12 関脇 上坂すみれ 11
小松未可子 9 関脇 M・A・O 11
種田梨沙 9 小結 雨宮天 9
竹達彩奈 7 前01 諏訪彩花 9
上田麗奈 10 前02 山本希望 8
田村睦心 10 前03 沼倉愛美 8
早見沙織 6 前04 潘めぐみ 8
東山奈央 5 前05 瀬戸麻沙美 10
井上麻里奈 10 前06 石上静香 5
洲崎綾 5 前07 加隈亜衣 7
水瀬いのり 6 前08 小林ゆう 7
内田真礼 8 前09 戸松遥 5
久野美咲 13 前10 金元寿子 5
喜多村英梨 9 前11 高橋李依 8
高垣彩陽 9 前12 内山夕実 9
加藤英美里 8 前13 佐藤利奈 9
大久保瑠美 7 前14 小清水亜美 7
大原さやか 7 前15 千菅春香 13

※ 太字は「自身最高位」。右の数字は先場所での勝数。

 

前頭は「15枚目」まで。 その幕尻には、十両1場所通過の「千菅春香」関です。
「高橋李依」関は8勝ながら先場所の活躍ぶりが評価されてか、
 5枚出世、西前頭11枚目に異例の出世をしています。
「久野美咲」関は先場所13勝2敗で十両の優勝決定巴戦に進出。東前頭10枚目へ。

・ジャンプアップも見られる今場所の番付。
 前頭筆頭から前頭3枚目まで、平幕上位で「5人」が自身最高位です。

西前03・沼倉愛美  「だがしかし」の遠藤サヤ役などで注目。
東前03・田村睦心  少年声の足技が定着、上位をかき回せるでしょうか。
西前02・山本希望  堀江部屋初の三役に向け、着実に力をつけてきました。
東前02・上田麗奈  九重部屋注目の新鋭。 新人女優賞のうえしゃま、覚醒。
西前01・諏訪彩花  ご当所・名古屋場所での新三役目指して。

 

~三役~

小結2人には、9勝をあげた両者。西小結には「雨宮天」が三役復帰。
・これまで前頭筆頭で勝ち越せず、あと一歩「三役」が届かなかった
 “時津風部屋”の「種田梨沙」関が悲願の「新三役」の東小結昇進。

そして関脇は「4人」となる異例の番付となりました。
 これは2005年九州場所以来、11年ぶりの事態となります。

西関脇2・M・A・O    先場所11勝をあげた「M・A・O」が、新関脇!
東関脇2・小松未可子 
三役・小結で勝ち越し、関脇に復帰。
西関脇1・上坂すみれ 
新人女優賞に輝き勢いに乗り、最高位タイ。
東関脇1・小澤亜李  
新十両から全て2桁勝利、今場所異例の「大関取り」!

新大関を含めて、今場所から「2大関」となる夏場所番付。
 東大関は大関を守る「日笠陽子」関。今年初の2桁を目指したい。
・そして西大関には、「新大関」の「悠木碧」関!
 念願の大関ですが、ここが「ゴール」ではなく、新たな始まり。
 気合を込め、一気に横綱昇進を狙う2016年です。
(大関昇進後インタビューは本ページの下部にあります。)

・「4横綱」は、佐倉・茅野が入れ替わっての形。

西横綱2・沢城みゆき 先場所“途中休場”の横綱、今場所の出場は「未定」
東横綱2・茅野愛衣  一昨年九州場所以来、優勝から遠ざかる茅野は東。
西横綱1・佐倉綾音  西横綱の自身最高位、目指すは「優勝」ただひとつ。
東横綱1・花澤香菜  連覇で18回目の優勝誇る名横綱、12人居る三役を引っ張ります。

・今場所は、4横綱2大関4関脇2小結という、珍しい形での番付編成となりました。
 声優相撲2016年夏場所は「声優国技館」で、ゴールデンウィーク明けの、
 2016年5月8日から15日間の日程で行う予定です。 ぜひお楽しみ!!

 

<十両>

番付 西
大西沙織 5 十01 井口裕香 6
赤崎千夏 6 十02 釘宮理恵 6
村川梨衣 10 十03 伊藤かな恵 11
日高里菜 13 十04 豊崎愛生 3
木戸衣吹 2 十05 三森すずこ 8
朝井彩加 9 十06 明坂聡美 6
津田美波 3 十07 白石涼子 7
大橋彩香 5 十08 徳井青空 6
内田彩 8 十09 小倉唯 4
藤村歩 7 十10 寿美菜子 3
藤田咲 4 十11 藤井ゆきよ 4
阿澄佳奈 7 十12 芹澤優 4
牧野由依 7 十13 久保ユリカ 7
桑原由気 7 十14 橘田いずみ 7

・事前発表の通り、「新十両」が居ないという珍しい夏場所の十両。
 今場所はなんと「自身最高位」を記録した力士が一人も居ないという展開です。

・十両陥落力士と、十両2桁勝利力士による十両上位陣。
 下位だと、幕下優勝の「藤村歩」関が東十両10枚目。

 

<幕下上位>

番付 西
夏川椎菜 下01 安野希世乃
安済知佳 下02 ブリドカット
セーラ恵美
鈴木絵理 下03 伊藤美来
Lynn 下04 土屋太鳳
松井恵理子 下05 巽悠衣子
山村響 下06 佐藤聡美
高森奈津美 下07 花守ゆみり
中原麻衣 下08 浅倉杏美
田中美海 下09 種崎敦美
鈴木みのり 下10 木村珠莉
國立幸 下11 福圓美里
愛美 下12 五十嵐裕美
前田玲奈 下13 大地葉
相坂優歌 下14 寺崎裕香
高野麻里佳 下15 大坪由佳

・幕下上位は、全勝すれば十両昇進が約束された地位。
 特に5枚目以内は、勝ち越して関取を目指したい地位です。
・赤色が「自身最高位」の力士。 10名が自身最高位で夏場所の土俵に挑みます。

「夏川椎菜」は、TrySailのメンバーとしてもお馴染み。
 幕下筆頭で勝ち越し、「雨宮天」に続く朝日山部屋(ミュージックレイン)6人目の関取を目指します。
 「ハイスクール・フリート」など、白星を積み重ねられるか注目です。
ブリドカットセーラ恵美さんは167cm、鈴木絵理さんは143cm
 体格も含め、個性のある相撲振りが注目。 共に新十両を目指します。
・花守ゆみり、田中美海という大部屋期待の新鋭が幕下上位を狙える位置。
・そして、「マクロスΔ(デルタ)」で幕下付出デビューを果たした、鈴木みのりが幕下10枚目。
 地元愛知への凱旋となる名古屋場所を前に、勝ち越したい所。

 

<幕下>

番付 西
高橋未奈美 下16 新田恵海
今村彩夏 下17 小見川千明
村中知 下18 斎藤千和
古木のぞみ 下19 井澤詩織
麻倉もも 下20 田澤茉純
西明日香 下21 照井春佳
楠田亜衣奈 下22 長縄まりあ
田所あずさ 下23 黒沢ともよ
奥野香耶 下24 三上枝織
千本木彩花 下25 中村桜
吉田有里 下26 新井里美
田中あいみ 下27 南條愛乃
原由実 下28 矢作紗友里
伊瀬茉莉也 下29 福沙奈恵
松田颯水 下30 戸田めぐみ
大森日雅 下31 野水伊織
石原夏織 下32 山崎はるか
米澤円 下33 甲斐田裕子
中村繪里子 下34 古城門志帆
山崎エリイ 下35 長妻樹里
原紗友里 下36 藤田茜
橋本ちなみ 下37 渕上舞
井澤美香子 下38 大空直美
小岩井ことり 下39 斉藤貴美子
本渡楓 下40 原田ひとみ
葉山いくみ 下41 嶋村侑
金田アキ 下42 下地紫野
儀武ゆう子 下43 伊達朱里紗
櫻井浩美 下44 三咲麻里
村瀬迪与 下45 高橋美佳子
末柄里恵 下46 内村史子
山下七海 下47 恒松あゆみ
真堂圭 下48 小日向茜
田辺留依 下49 庄司宇芽香
森下由樹子 下50 山口立花子
清都ありさ 下51 芳野由奈
森永千才 下52 東城日沙子
丸山有香 下53 山田悠希
三瓶由布子 下54 相川奈都姫
渡部優衣 下55 日野まり
深田愛衣 下56 藤田奈央
鬼頭明里 下57 内藤有海
吉岡麻耶 下58 若井友希
新田ひより 下59 大和田仁美
三宅麻理恵 下60 松田利冴

・比較的、自身最高位が少ない印象のある「幕下」。それだけ実績ある力士が並んでいる模様。
 現時点で、新田恵海さんの出場の明言は避けられています。

・先場所、三段目優勝を果たした「千本木彩花」さんは東幕下25枚目。
・吉岡麻耶、若井友希といった人気力士も初めて幕下に番付をあげています。

 

<三段目>

番付 西
福原香織 三01 白石晴香
畑中万里江 三02 秦佐和子
原優子 三03 和氣あず未
宇山玲加 三04 矢野亜沙美
長久友紀 三05 一木千洋
斎藤楓子 三06 稲川英里
東内マリ子 三07 佐藤亜美菜
佐藤美由希 三08 深川芹亜
大津愛理 三09 平井祥恵
槇原千夏 三10 浜崎奈々
茅原実里 三11 水野理紗
森千晃 三12 立花理香
山岡ゆり 三13 茜屋日海夏
田中真奈美 三14 仲谷明香
北川里奈 三15 大亀あすか
幸田夢波 三16 小堀友里絵
中恵光城 三17 鷄冠井美智子
鳴海杏子 三18 森なな子
やなぎなぎ 三19 小島幸子
牧口真幸 三20 嘉山未紗
佳村はるか 三21 清水理沙
諸星すみれ 三22 矢尾幸子
佐藤奏美 三23 尾高もえみ
高橋めぐる 三24 小野早稀
丸塚香奈 三25 飯田友子
中根久美子 三26 金子有希
相沢舞 三27 生田善子
大橋歩夕 三28 奥谷楓
久保田未夢 三29 髙野麻美
日野未歩 三30 篠田みなみ
七瀬彩夏 三31 藏合紗恵子
山田奈都美 三32 湯浅かえで
Machico 三33 中津真莉
冨岡美沙子 三34 吉岡茉祐
合田絵利 三35 冨樫かずみ
ささきのぞみ 三36 荒浪和沙
安國愛菜 三37 持月玲依
勝田詩織 三38 MAKO
麦穂あんな 三39 東條加那子
奈波果林 三40 南里侑香
川崎芽衣子 三41 小松由佳
大井麻利衣 三42 田野アサミ
後藤友香里 三43 樺山ミナミ
田村奈央 三44 美山加恋
古賀葵 三45 和多田美咲
飯塚麻結 三46 澁谷梓希
石川由依 三47 石井ゆかり
堀越知恵 三48 近藤唯
後藤沙緒里 三49 鈴木愛奈
しもがまちあき 三50 小市眞琴
本多真梨子 三51 富樫美鈴
岸本百恵 三52 水野麻里絵
竹内絢子 三53 綾瀬有
笹本菜津枝 三54 長谷美希
松嵜麗 三55 日岡なつみ
斉藤佑圭 三56 千葉泉
伊藤彩沙 三57 杜野まこ
青山吉能 三58 吉田聖子
鵜殿麻由 三59 慶長佑香
御沓優子 三60 渡辺はるか
影山灯 三61 新谷良子
尾崎真実 三62 土井真理
高田憂希 三63 たみやすともえ
齋藤小浪 三64 下山田綾華
蓮未エリナ 三65 優希
巴奎依 三66 佐藤依莉子
設楽麻美 三67 まつだ志緒理
朝日奈丸佳 三68 Pile
荒川美穂 三69 あいざわゆりか
芝崎典子 三70 渡谷美帆
タカオユキ 三71 堀野紗也加
のぐちゆり 三72 皆瀬まりか
豊田萌絵 三73 平山笑美
東城咲耶子 三74 三上由理恵
武田華 三75 須藤沙織
小林桂子 三76 竹内恵美子
小堀幸 三77 吉田麻実
本泉莉奈 三78 山﨑朗子
根本流風 三79 森谷里美
佐藤あずさ 三80 中島由貴
富田美憂 三81 木野双葉
中川翔子 三82 三澤紗千香
今井麻夏 三83 後藤麻衣
佐藤はな 三84 金香里
逢田梨香子 三85 早瀬莉花
竹下礼奈 三86 桃河りか
飯田里穂 三87 壹岐紹未
あきやまかおる 三88 吉田仁美
高尾奏音 三89 福原綾香
世戸さおり 三90 辻あゆみ

・三段目12枚目には、りっか様こと「立花理香」が昇進。初の幕下が見えてきました。
・先場所6勝1敗で「ふらいんぐうぃっち」で初の名前ありキャラを演じたという
 「篠田みなみ」さんが西三段目30枚目まで大躍進。
・2場所連続の好成績で、「樺山ミナミ」さんは西三段目43枚目、
 各段優勝の「小市眞琴」さんは西三段目50枚目に出世、
 同じく、「くまみこ」で一気に注目を集めた「日岡なつみ」さんは西三段目55枚目。
 A応Pでも活躍する「巴奎依」さんは序ノ口優勝から2場所で東三段目66枚目。

・「ラブライブ!サンシャイン!!」で期待が集まる「Aqours」メンバーの一人、「逢田梨香子」さんや
 「アース・スター ドリーム」の「高尾奏音」さんも初の三段目出世です。

 

<序二段>

番付 西
長尾明希 二01 八百屋杏
伊藤はるか 二02 下田麻美
佐土原かおり 二03 中嶋ヒロ
工藤晴香 二04 佐々木未来
古川由利奈 二05 高木美佑
道井悠 二06 夏日凜子
美名 二07 山本亜衣
原愛紗実 二08 井上奈菜
木下鈴奈 二09 井上遥乃
江口菜子 二10 野村香菜子
佐藤恵 二11 桑山琴音
和久井優 二12 山北早紀
高本めぐみ 二13 田口香織
遠藤ゆりか 二14 高柳知葉
鈴夏あや 二15 長島光那
木野日菜 二16 磯村知美
小原莉子 二17 田中ちえ美
原奈津子 二18 小笠原早紀
奥井ゆうこ 二19 優木かな
川上莉央 二20 志村由美
濱口綾乃 二21 濱頭優
知桐京子 二22 青木瑠璃子
萱沼千穂 二23 前川涼子
齋藤彩夏 二24 岡田恵
杉浦しおり 二25 中島愛
松浦チエ 二26 藤村鼓乃美
佐武宇綺 二27 桜井春名
永野愛理 二28 菊地瞳
石川綾乃 二29 鳥部万里子
味里 二30 せきしほ
八重畑由希音 二31 摩天楼由香
水谷志織 二32 辻美優
谷口夢奈 二33 南波ゆき
泊明日菜 二34 白石真梨
森岡由花 二35 山下まみ
前田綾香 二36 小松奈生子
春野ななみ 二37 劉セイラ
上倉万実 二38 吉富ちか
金澤まい 二39 堀井千砂
郁原ゆう 二40 結城飛鳥
吉井彩実 二41 大門香実
栫優香 二42 庄司桜
衣川里佳 二43 橋本結
金子彩花 二44 大関英里
田端美保 二45 もものはるな
福井美樹 二46 小出ひかる
藤原夏海 二47 瑞沢渓
近藤玲奈 二48 上田のりこ
八島さらら 二49 川上千尋
藤本葵 二50 吉本真梨
藤堂真衣 二51 多田このみ
大下菜摘 二52 新田早規
阿部里果 二53 鈴木美咲
岡本沙保里 二54 伊藤結衣
升望 二55 藤田麻美
西田望見 二56 中野さいま
佐倉薫 二57 楠浩子
牛田裕子 二58 能登有沙
榎あづさ 二59 大前愛華
平尾明香 二60 石松千恵美
高木友梨香 二61 藤東知夏
小牧未侑 二62 植田ひかる
高橋花林 二63 新井田いづみ
西森梨花 二64 田上真里奈
宮本茉奈 二65 高井舞香
吉開友美 二66 多田なつみ
下田レイ 二67 志田有彩
藤田曜子 二68 神田みか
橋本まい 二69 橋本香穂子
桃瀬あやみ 二70 松本沙羅
三宅華也 二71 山本彩乃
小林真麻 二72 立花芽恵夢
桜川めぐ 二73 斉藤美菜子
名取舞 二74 長弘翔子
茉莉邑薫 二75 佐藤実季
馬渕由妃 二76 村上奈津実
杉平真奈美 二77 澤田美晴
葵井歌菜 二78 平田真菜
南早紀 二79 愛原ありさ
中嶋佳葉 二80 金魚わかな
緒方真優 二81 田尻まりあ
山川琴美 二82 菊池こころ
其原有沙 二83 高橋優里花
廣田悠美 二84 香坂さき
吉原綾希子 二85 相原まり
中川由貴 二86 髙山ゆうこ
水口まつり 二87 仲村かおり
真坂美帆 二88 徳弘早紀
谷尻まりあ 二89 中田沙奈枝
小林真奈 二90 中村瞳子
佐藤円香 二91 相田あすか
くまはらあきほ 二92 永峰遙
持田千妃来 二93 秋吉あや
咲々木瞳 二94 加藤敦子
福緒唯 二95 沙来
岩橋由佳 二96 春木宏水
西口杏里沙 二97 中山奈保
竹村加奈 二98 山口愛
夏野菜緒 二99 熊谷海麗
うえだ星子 二100 稲瀬葵

・先場所序ノ口優勝の「和久井優」さんは、東序二段12枚目と大幅躍進。
・出羽海部屋(青二プロダクション)期待の「辻美優」さんは西序二段22枚目。
・「少年メイド」に主演し、序ノ口大活躍の「藤原夏海」さんが東序二段47枚目。

 

<序ノ口>

番付 西
大塚琴美 口01 上野優華
庄子裕衣 口02 中島唯
三木美 口03 西墻由香
森優子 口04 佐々木日菜子
都丸ちよ 口05 田中音緒
土師亜文 口06 三上遥香
小松郁 口07 秋奈
行成とあ 口08 藤森涼美
藤村知可 口09 松本夕紀
高橋朋伽 口10 遠藤璃菜
山田茉莉 口11 清水茉菜
大原実紗 口12 北村真理奈
白兎夕季 口13 若狭史織
臼井晴菜 口14 小林さとみ
逢葉まどか 口15 中野友貴
大川香織 口16 井上詩央里
長﨑瞳 口17 高橋美衣
原嶋あかり 口18 春瀬なつみ
守屋亨香 口19 永田優美
柏山奈々美 口20 渡部恵子
河村梨恵 口21 亜城めぐ
玉木佑和 口22 石原舞
中里望 口23 小池万瑠美

・今場所は、番付に乗る人数が「616人」とやや少なめ。
・西序ノ口7枚目の「秋奈」さんは「スターダストプロモーション」に移籍、
・「玉木佑和」さんも元三段目、改名されました。

 


 

悠木碧、悲願の大関昇進!

 声優相撲協会は、春場所を終えた3月30日、大阪市内で、
声優相撲夏場所(5月8日初日予定)の番付編成会議を実施。
関脇・悠木碧の「大関昇進」を正式に決定し、伝達式を行った。

 春場所では13勝2敗という好成績をあげ、優勝決定戦に進出、
優勝同点とした悠木碧関は、九州場所から3場所続けて関脇の座を守り、
12勝→10勝→13勝と続けて2桁勝利を記録。3場所合計で35勝
をあげていた。
大関昇進の一つの目安とされる、
「3場所連続で三役の地位にあって、その通算の勝ち星が33勝以上」
を達成し、これまで何度も昇進を見送られてきた「大関」をついに掴んだ。

「大関昇進伝達式」
には、一門の理事である「佐渡ヶ嶽親方」(元大関・田村ゆかり)と、
一門の師匠である「二所ノ関親方」(元横綱・坂本千夏)の2名が使者として派遣され、
佐渡ヶ嶽「番付編成会議で…、大関に推挙されましたことをお伝え致します。
      おめでとうございます。」
と伝えられた。

これに対し悠木碧は、
悠木「謹んでお受けいたします。大関の名を汚さぬよう、
   夢と希望を叶えられるよう、相撲道に精進して参ります。
   本日は誠にありがとうございました。」
 と、鹿目まどかを意識した口上を述べた。

 

 伝達式後に行われた共同の記者会見の要旨は以下の通り。

5回目の大関挑戦で念願の昇進。今のお気持ちは?
悠木「正直、時間掛かっちゃったなーとは思ってます。期待も大きくて、
   その期待に応えようと気合がから回っちゃってたのかな、と思いますね。
   だから、時間は掛かりましたけど、こうして本当に昇進出来たことが、
   素直に嬉しいです。」

―3場所合計35勝以上で、過去3回大関昇進を見送られていますが、
 今場所こそは昇進出来る、という自信はありましたか?
悠木「発表があって、伝達式があるまで信じないように決めてましたww
   33勝すれば昇進出来ると決まってる訳じゃないですし、
   去年(2場所連続優勝で)も見送られたりしてましたから。
   でも、3場所続けて関脇で2桁勝ってましたから、
   
「文句は言わせないぞっ!」とは思ってましたねww」

―去年の初場所、春場所と連覇を達成。 5年間追い続けてきた「大関」。
 つかめた最大の要因は何だったと分析されますか?
悠木「そうですねー…、やっぱり自分の相撲、
   私やっぱりちっちゃいじゃないですか正直www 知ってると思いますけどww
   それを
最大限“活かす”ことに徹したのが、ここまでの結果に繋がってる要因だと思います。」

―一度、幕内力士から十両に陥落しました。気持ちの面で切れたりはしませんでしたか?
悠木「ええっと、大学との兼ね合いもあって、稽古不足だった時期があって、
   幕内で大きく負けて十両に落ちて…。その次の場所で確か負け越したんですけど、
   
「あー、このままズルズル行っちゃったらヤダな。また幕内で相撲を取りたいな。」
   って当時思ってました。 不安はありましたけど、ちゃんと環境を整えて、
   声優相撲に専念出来れば、また元の自分に追いつけると信じてましたから、
   気持ちの面で切れることは無かったですね。 寧ろ充実してましたww」

―子役時代から数えて、芸歴としては20年になりますし、
 キノの旅のサクラ役からでも13年。振り返って如何でしたか?
悠木「同期ともこないだ話しましたけど、そんな実感は全然無いですし、
   声優相撲の力士として正式に初土俵を踏んだのは、ここ10年の話ですから。
   でも、好きだからこそ続けられてきた仕事だとはっきり言えますね。」

―10代の頃から活躍し、記録も残されてきました。
 例えば早見関とか、寿関とか、東山関とか。同世代の仲間も刺激になりますか?
悠木「もちろんそうですね! 皆大好きです、稽古でもプライベートでも仲良くしてます。
   芸歴とか経歴は違っても、やっぱり同じ91年度だったりするだけで、
   お互いを意識しますし、他と違った感覚になったりします。
   結構早い段階でお互いのことを知ることが出来たのは、プラスだったと思います。」

―大関にいよいよ昇進し、更に責任が増す地位になります。
 どういった大関になりたいですか?
悠木「やること自体を変えるつもりはありません。
   
小さい体で相手に潜り込んだり、立ち合いから思いっ切り突き放す。
   自分の相撲に徹して、大きな相手を倒すだけですww

   ただ、責任って面で言うと、横綱・大関、6人になりますけど、
   
負けられない存在になりますし、注目も集まりますから、
   怪我や体調に万全を期して、悔いのない相撲を長く取って行きたいです。」