声優相撲部屋と一門


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

声優相撲博物館 第2回「展示」
「声優相撲部屋と一門」(2015/06/06~)

 

「声優相撲部屋と一門」

声優相撲部屋は、声優力士を養成する機関であり、声優力士が所属する各グループ、またその建物のことである。
声優相撲においては「部屋」と略されることもあり、「声優事務所」に対応して設定されている。
本家大相撲と異なり、フリーの声優も居ることから、声優相撲部屋に所属せず土俵に上がることも可能だが、
フリーや、小規模事務所については、協会付の「堀江一門」の「堀江部屋」や「林原部屋」に属している扱いとしている。

声優相撲では「一門」と呼ばれる相撲部屋の系統ごとの人脈的派閥が存在させている。
ただし、「声優相撲協会 理事選挙」などで必要となったため便宜的に作成したものであるため、
本家大相撲以上に、個々の一門での結びつきは弱い。

 

「声優相撲部屋一覧」(2015年夏場所現在)
http://p.twpl.jp/show/orig/t17nF

声優相撲「相撲部屋」一覧 私益財団法人 声優相撲協会の主要な「相撲部屋」(=声優事務所)を纏めました。
ぜひ声優相撲を見る際に隣に置いてご観戦下さい。 当然、実在の事務所とは何の関係性もございませんのでご注意下さいw

 

①出羽海一門

声優相撲の保守本流的存在1969年に日本初の声優専門プロダクションとして
「青二プロダクション」が独立
した。1990年代までは常に三役力士を擁し、
親方の人数も最多と「名門」「古豪」として一定の力を保っている。
2013年に独立元である「東関部屋」(俳協)を、2014年には「雷部屋」(マウス)を一門に取り入れた。
2015年には雷部屋から「出羽海部屋」横綱・沢城みゆき が移籍し、
現役力士、年寄衆共に規模、勢力を巻き返している。

東関部屋(俳協・東京俳優生活協同組合)
 ・同人舎(同人舎プロダクション)
 ・出羽海部屋(青二プロダクション)
 ・雷部屋(マウスプロモーション、江崎プロダクション)
  ・高砂部屋  → (高砂一門)
 ・二所ノ関部屋 → (二所ノ関一門)
 ・時津風部屋  → (時津風一門)
 ・伊勢ヶ濱部屋 → (伊勢ヶ濱一門)

 ・宮城野部屋(ムーブマン)
 ・横沢部屋(ゆーりんプロ)

 ・春日野部屋(アトミックモンキー)
 ・振分部屋(アクロスエンタテインメント)

 

②二所ノ関一門

長い声優相撲の歴史の中でも新興勢力で、1990年代以降急速に力を付けた一門である。
一門は大別すると「3系統」に分かれるが、現在最も力を持つのが佐渡ヶ嶽部屋である。

「二所ノ関部屋」は1984年に設立された「アーツビジョン」一門総帥は元横綱の坂本千夏であり、
1990年代後半に掛けて横綱・林原めぐみを筆頭に、声優のアイドル化による近代化を進めた。
相撲教習所「日本ナレーション演技研究所」(日ナレ)を通じて
多くの若手を育て、「やまとなでしこ」などを輩出した。現在も一定の勢力を保つ。

一門の部屋は下記の通りだが、一門で最も大きな部屋が「佐渡ヶ嶽部屋」である。
2000年代前半は、日ナレを卒業した新鋭が二所ノ関部屋を目指す意味合いが強かった。
しかし2007年、当時の社長による「不祥事」により部屋存続の危機に瀕したが、
同年に二所ノ関部屋から移籍した元大関・「田村ゆかり」が中心となり部屋を再建
「芸人力士」とも呼ばれる多彩な技を磨く一方で、基本に忠実な基礎稽古を地道に積むことで、
日ナレ出身の才能が次々と花開き、2010年代には最大勢力にまで発展している。

一門の中では新鋭なのが「尾車部屋」である。以前は大嶽部屋と称した。
当初は小森まなみが師匠として設立。2010年代に入り「プロ・フィット三人衆(大嶽三羽烏)」
悠木碧、竹達彩奈、茅野愛衣
の3人の三役が台頭し存在感を増した。
しかし、茅野が時津風部屋へ移籍し、現行は「petit milady」が部屋の中心となっている。

他に、2014年に二所ノ関から移籍した東山奈央の「インテンション」が「中川部屋」となって一門に属する
また一門を代表する横綱だった堀江由衣の「堀江部屋」(ヴィムス)が堀江一門として2014年に独立した

二所ノ関部屋 (アーツビジョン)
 ・佐渡ヶ嶽部屋(アイムエンタープライズ、旧・花籠部屋)
  ・尾車部屋 (プロ・フィット、旧・大嶽部屋)
 ・堀江部屋  →(堀江一門)
 ・中川部屋   (インテンション)

 

③時津風一門

時津風一門は、「石橋を 叩いて渡る 時津風」と川柳で歌われた程、堅実で知られる
「大沢事務所」を中心とする一門で、2000年代以降勢力を伸ばしている。
2000年代は能登麻美子、川澄綾子、2010年代には花澤香菜、茅野愛衣と、
2人の横綱により一時代を築いてきた歴史を持つが、
ナレーション、舞台演劇を中心とする部屋が減っている現状から、
横綱経験者を4名持つ一門ながら現状、一門としては親方の数が極端に少ない。

2010年代に入り、他部屋に追随する形で「アイドル的活動」を容認すると、
一気に幕内力士を輩出し、佐渡ヶ嶽部屋に並ぶ大部屋となっている。

・枝川部屋 (テアトル・エコー)
時津風部屋(大沢事務所)
・大島部屋 (アクセント)

 

④高砂一門

高砂一門は、1979年出羽海部屋から高砂部屋=「ぷろだくしょんバオバブ」が独立。
「高砂改正組」
と称して、小原乃梨子、千々松幸子らが声優相撲の改革を推し進めた。
1981年には、高砂部屋から九重部屋=81プロデュースが独立し、
現在では多くの所属力士を抱え、一門の中心となっている。
また九重親方=元大関・高山みなみは協会ナンバー2の「事業部長」を務めている。
2011年、高砂部屋の有力力士を中心に「若松部屋」が設立され、
元横綱・折笠愛が師匠を務めている。

高砂部屋(ぷろだくしょんバオバブ)
 ・九重部屋(81プロデュース)
  ・野沢道場(オフィス野沢)
  ・若松部屋(アクセルワン)
 ・ケンユウオフィス
 

⑤伊勢ヶ濱一門

伊勢ヶ濱一門は2013年、現在の名称となった。本家大相撲に準拠した一門名変更で、
以前は「立浪一門」で、2012年に「春日山・伊勢ケ浜“連合”」を経ている。
大手や他一門に属さない「協会」付の小規模な部屋を集めた「連合」機能も兼ねていたが、
2014年に「堀江一門」がグループから昇格し、その機能はそちらに移っている。

一門の中心は、元大関・水樹奈々を中心とする「シグマ・セブン」の伊勢ヶ濱部屋である。
2009年から2015年まで系列に「伊勢ノ海部屋」(=シグマ・セブンe)があった。

一門には組合時代の名残として「声優事務所」系統の部屋が含まれる。
まず一門を伊勢ヶ濱部屋と共に形成していたのが「春日山部屋」(賢プロダクション)である。
元小結の野村道子が部屋を立ち上げ、元横綱・伊藤静が師匠を務めている。

また、特筆すべき存在として「朝日山部屋」(ミュージックレイン)もこの一門に属する。
実働10年程度ではあるが、「少数精鋭」の部屋経営を成功させ大関2人を輩出した。
「ソニー」をタニマチとし、関連のあった元大関・日高のり子が部屋を設立。
2009年に「スフィア」が、2015年に「TrySail」がデビュー。
力士7人ながら過半数が関取となるなど、注目度が非常に高い部屋である。
現在はスフィア審査にも加わった元関脇・田中理恵が部屋の師匠となっている。

この他、元小結・今井麻美が師匠で名関脇・喜多村英梨が属する「北陣部屋」(EARLY WING)や、
ミルキィホームズ、ブシロードの「山響部屋」(響)、2015年に元大関の松本梨香が移籍した、
松ヶ根部屋」(アミュレート)もこの一門に属している。

春日山部屋 (賢プロダクション)
伊勢ヶ濱部屋(シグマ・セブン)
 ・伊勢ノ海部屋(シグマ・セブンe)
朝日山部屋 (ミュージックレイン)
 ・八角部屋  (ソニー・ミュージックアーティスツ)
北陣部屋  (EARLY WING)
山響部屋  (響)
松ヶ根部屋 (アミュレート)
 その他、「声優」を本業とする力士を有する「声優事務所」は基本ここに属する。

 

⑥堀江一門

2014年に本家大相撲で「貴乃花グループ」が一門となり、「6一門」となったことから、
それまで伊勢ヶ濱一門が担ってきた「連合(組合)」要素を委譲させる形で独立した一門
アイドル声優の存在が中心的となっている現状を踏まえ、
「芸能事務所」など、声優だけでなくタレント業など多方面で活躍する
事務所や、フリー、個人事務所などで活動する声優力士を一挙に束ねる「連合」組織。

具体的には、理事長・林原の率いる「林原部屋」の役割を分割したもので、
他の一門どこにも属さない力士を便宜上、形式上 属させるための一門でもある。

「林原部屋」(スチールウッドガーデン)は、平成の大横綱・林原めぐみが、
二所ノ関部屋から独立し設立した個人部屋で、直属の現役力士は持たない。

「堀江部屋」(ヴィムス)は、現役横綱だった2007年に堀江由衣が
二所ノ関一門の部屋から独立する形で道場を開いたのを始まりとして、
2011年の現役引退、一代年寄・堀江親方の襲名後に正式に設立した部屋である。
初の幕内力士となった「山本希望」を始め、橋本ちなみ、福原綾香などの生え抜き力士を育てている。

その他、「芸能事務所」に属する力士などはこの一門に属する。
声優相撲初期に中村メイコが創設し、2013年に平野文が復活させた、
芸能事務所の名門「ホリプロ」=中村部屋は、2011年に
「次世代声優アーティストオーディション」と題した大規模なオーディションを実施。
その中から、田所あずさ、大橋彩香、every♥ing!など、強力なタニマチと、
科学的なトレーニングに基づいた個性的な力士を多く輩出している。

他に、スペースクラフトの「陸奥部屋」や、小松未可子の所属する「ヒラタオフィス」
スタイルキューブの「粂川部屋」などもこの一門に属しており、所属人数は多い。

・旧・中村部屋(ホリプロ)
 現・中村部屋(ホリプロ、2013年再興)
陸奥部屋(スペースクラフト・エンタテインメント)
林原部屋(スチールウッドガーデン、協会所属)
堀江部屋(ヴィムス)
粂川部屋(スタイルキューブ)
 その他、芸能事務所、声優業だけでなくタレント業も含む力士を有する
 声優事務所はこの一門に属する。

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:声優プロダクション
https://ja.wikipedia.org/wiki/日本声優事業社協議会
http://www8.atwiki.jp/seiyusumo/pages/25.html

 

事務所名 部屋名 創設 開設 一門 師匠 部屋頭 歴代 補足
                 
アーツビジョン 二所ノ関 1984   二所ノ関 坂本千夏 内山夕実 堀江由衣  
EARLY WING
Ability Soul Pro
北陣 2009 2009 伊勢ヶ濱 今井麻美 喜多村英梨 喜多村英梨  
アールグルッペ   1988 2008   (小川眞由美)     ←ウィットプロモーション
IAMエージェンシー
アズリードカンパニー
  2004   二所ノ関 (及川ひとみ) 松井恵理子 松井恵理子  
アイムエンタープライズ 佐渡ヶ嶽 1993 1997 二所ノ関 田村ゆかり 佐倉綾音 佐倉綾音 旧・花籠部屋
青二プロダクション 出羽海 1969 1969 出羽海 田中真弓 津田美波 野沢雅子  
アクセルワン 若松 2011 2011 高砂 折笠愛 小清水亜美 小清水亜美  
アクセント 大島 1987 1987 時津風 一龍斎春水 清水理沙 徳光由香  
アクロス エンタテインメント 振分 2008 2008 出羽海 金田朋子 伊瀬茉莉也 金田朋子  
アズクリエイティブ   2002     (小野涼子) 柏木美優 小野涼子  
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

 



<解説>

声優相撲を始めるにあたって常に難しかったのが、「一門」と「部屋」の割り振りです。

2012年に声優相撲を作り始めた当初は、「声優事務所」なんて数えるぐらいしか知りませんでした。
恐らく、声優さんに詳しく無い方は今も全くそうでしょうし、
あまり詳しく事務所に付いて触れられないことも多いと思われます。

しかし、本家大相撲が部屋に大きく依存していることは周知の事実です。
加えて、声優相撲を運営していくにあたり、「一門」と「部屋」は避けて通れませんでした。
具体的な要因は以下の通りです。

まずは「声優さん」の読み上げ時に、「部屋名」を言いたい!という自分なりの美意識です。
土俵に上がる時、呼出や場内アナウンスで、「東方、横綱・花澤、東京都出身、“時津風部屋”」と、
部屋の名前も必ず言っています。その部屋名を決める必要性がまずそこにあったのです。

2012年夏には当初、声優さんの名前から「年寄株」の名前を創作しようと考えました。
大山のぶ代さん→「大山」親方 あたりはすんなり決まるんですが、
白石冬美さん→「白石」親方やら、坂本千夏さん→「坂本」親方やら、
やっぱりしっくり来なくて、大相撲の年寄名跡を声優さんに当てはめる今の形に落ち着きました。

そして、「一門」「部屋」を決めなければいけない要因として、
「声優相撲協会理事」の選定が深く関わってきます。
というのも、大相撲の理事選挙は基本的に一門ごとに人数が割り振られています。
声優相撲でも一門ごとに割り振りたい…のですが、その「一門」を作る所が難しかったです。
声優事務所がどこからどういった経緯で独立したのか、誰がどこに所属していたか、
意外と体系付けるのが難しくて、かつ各一門でバランスを取るのも難しいです。

今の6一門制でも、「時津風一門」が横綱2人いながら弱く、
相対的に「伊勢ヶ濱一門」が強くなっていると自負しています。
今後も可変的に動いていくものと思われます。
2016年に来る「声優相撲協会理事選挙」までの会長である自分への課題、宿題です。

今後も流動的に変えていく、直していくつもりなので、
何かご意見ありましたら、ぜひお寄せ下さい。(対応できるかは未知数ですがww)