※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水「ヤクルトあげるわぁ」
   J「お、ありがとう」
蒼「(む・・最近水銀燈とジュン君が仲いいな・・嫉妬しちゃうよ・・)」ソワソワ
べ「恋する乙女はソワソワする物です、貧乏ゆすりと言わないようにしましょう・・か、なるほど」
 ↓
べ「なあ、蒼嬢。大事な話があるんだが」
蒼「(あ、もう邪魔だな・・二人の様子が見れないよ)」ソワソワ
べ「(ソワソワだ!食いついた!!!)実を言うと今度の土曜日暇なんだが・・・その・・」
   水「口移しで飲ませてあげるわよぉ」
   J「いやいや、ここ教室だって!」
べ「だから、さ。もし蒼嬢が暇なら、その・・・」
   蒼「もう、何してるのさ二人とも、ここは学校だよ!」
   水「もぉ、やきもち焼いちゃってぇ」
   J「こ、これは。す、水銀燈が!」


ベジータ「ジュン、今の俺ならスーパーベジータになれるぜ・・!」





朝5時
蒼「(ん、ジュン君まだ寝てる・・起きるまで、寝顔見とこうw)」
 ↓
J「・・蒼星石」
蒼「(え、な。何?)」
J「・・・夢か。まだ、5時半だし大丈夫かな」
蒼「(な、何の夢見てたんだろ?・・え、大丈夫?)」
J「シュシュシュシュシュシュシュ・・・ハァ、蒼星石・・ハァハァ・・(そろそろテッシュを」
蒼「(なななななな、何しだしてるんだよジュン君!・・でも、僕の名前を・・)」
J「(ん?テッシュの箱がなんで、柔らかいんだ・・?あれ?)」
J「そ、蒼星石・・?何で、いつから、ここに?」
蒼「ごめんね、ジュン君も男の子だもんね。さ、最初から何て見てないから・・」
J「(おれ、しっかり名前呼んじゃったよ・・もう、だめだ・・)」
蒼「・・そ、その。ジュン君は続きしないの・・?」
J「え・・見たいの、俺のオナニー?」
蒼「う、うん・・・」


省略されました、全て読むのならココをクリックしてください





蒼星石「うわっ、なんだこれ・・・」

翠星石「大量のラブレターですぅ!まったく蒼星石は罪作り!ですぅ」

雛苺「でもこれみんな女の子からのラブレターなのー」







JUM「お、青星石!今帰りか?」

蒼「え?そうだけど・・・。」

JUM「ゲーセンで脱麻雀やって帰ろうぜ!」

蒼「え?ジュン君・・・?」




JUM「いやぁー楽しかったなぁ、青星石。」

蒼「・・・あのさ、ジュン君。」

JUM「ん?」

蒼「僕、女なんだけど・・・。」

JUM「・・・・・」

蒼「・・・・・・」




×薔薇水晶

蒼「・・・なんでだろう。僕だって女の子なのになぁ・・・」
薔薇「・・・・・・ワタシモ・・・」
蒼「・・・そ、そうだね」

蒼「はぁ・・・僕だってたまには男の子に告白されてみたいよ」
 (・・・あ、でも実際されても困るなあ)
薔薇「・・・スキ・・・ヨ?」
蒼「・・・・・・あ、ありがとう」
 (さっき「女の子」に対して「私も」って言ってなかったっけ!?)
薔薇「・・・・・・フフ」
蒼「・・・・」
 (わらいやがったーー!!)




ジュン「今年もゼロ…か」

今日はバレンタイン。
オタクなジュンは当然貰えない。
しかし…

蒼「僕は一応、女の子なんだけどな…」

ジュンとは対称的に、紙袋一杯のチョコと
両手いっぱいのチョコを抱えて右往左往する蒼星石。

蒼「ん?…やぁ、ジュン君じゃないか。まいるよね、僕は女子なのに」

男子が言えば、羨ましさを通り越して殺意が湧くところだろう。
しかし、発言者は蒼星石。なんとなく安心してしまう。そして、それと同時に「秘密の花園」的なモノを想像してしまい、
ジュンはちょっと赤面してしまった。

蒼「どうしたの?何だか顔が赤いね?」
ジュン「な、何でもない…」
蒼「と、ところで…ジュンくん。君は誰かから…その、チョコを貰ったりはしたのかな…?」

顔を赤らめつつ、うつむき加減でジュンに尋ねた。

ジュン「見りゃ判るだろ…ゼロさ」
蒼「そうなんだ…じぁあ、全部は食べきれないから…
ジュンくん、この紙袋を貰ってくれるかな…?」
言うまでもない。
その紙袋の中には、彼女の手作りチョコが紛れこんでいる。そして、彼女の目は真剣そのものだ。
目的は判らないが、必死な眼差しに気付いたジュンは、紙袋を受け取る事にした。

ジュン「…分かった。貰ってやるよ」
蒼「!…フフ、ありがとう、ジュンくん。それは僕からのバレンタインチョコだね」

微笑みながら言うと、蒼星石は上機嫌で去っていった。
なんだか複雑な気分のジュンだったが、そんな気分も数時間後には蒼空になるだろう。
ウッカリ者のお姉ちゃんが、お赤飯を炊くかもしれない。