※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


あいつのことか ああ知っている
話せば長い そう 古い話だ
知ってるか?社長は3つに分けられる
親の七光り プライドに生きる奴 株市場を読める奴
この3つだ あいつは――


笹塚カンパニーへ 倒産は許可できない 売却せよ
だろうな 株価上乗せだ
10日前――政界を巻き込んだ事件があった



『笹塚カンパニーヒルズ』で大規模な捜索!
上も下も捜査員だらけだ!
全社員、証拠隠滅に向かえ!
よう相棒、俺たちにお似合いの任務だ


彼は『時代の寵児』と呼ばれた廊下に立つキャラ
『笹塚カンパニー』の社長だった男
警視庁捜査官接近!全員買収し、権益を確保しろ
正面玄関でお出迎えだ
私は『彼』を追っている


今までの奴より影が薄い
笹塚カンパニーの奴だ! 油断すんな
廊下に立ちっぱなしの奴ガイル、噂に聞いた奴か
笹塚には贅沢な墓場だ
ここは『法廷』 ベジータに口なし
そして――『JUN』の言葉で、物語の幕は上がる


あれは雪の降る寒い日だった


生き残るぞ!笹塚!


べ「ジュン!お前真紅と一緒に住んでるって本当か!?」
J「あ、ああ。本当だけど」
べ「今日、この紳士ベジータを君の家に招待してくれないか?」
J「?遊びたいって事?ああ、別にかまわないよ、放課後ね」
べ「心の友よ!!!!」
 ↓
J「ここが、俺の部屋だよ。それと、ミニカーには触らないでくれよ?」
べ「ああ、分かったよ!それと、真紅はどうしたんだ?」
J「ああ、なんか翠星石達と遊びに行ったよ、それが?」
べ「い、いや!残念だなと思ってね!ははははははは」
プルルルルルルルルルル
J「あ、電話だちょと待ってて」
べ「ああ!分かった!」
べ「(フハハハハハハハハ!この時を待っていたぞ!笹塚も時間通り電話してきてくれたしな!)」
ベ「さて、ここが真紅の部屋か・・なかなか、乙女チックな部屋をしてやがるぜ!」
べ「こ、ここがタンスか・・ぬお!赤い下着だと?!最近の高校生は!没収だ!あ、これは・・!」

J「何だったんだろ、笹塚の奴。おーいベジータ、茶菓子は何にする?・・・いない?まさかっ!」
ベ「はははははははは!まったく、何という宝の山だ!笑いが止まらんわ!」
ガチャ ギーバタン
J王「・・貴様、何をしておる」
べ「何だ、ジュンか!この前のようには逝かんぞ!今の俺はスーパーベジータだ!」
べ「サイヤ人こそ、最強の戦闘生物だ!くらえ!真紅は赤いパンツパンチ!」
J王「たわけがっ!最強はこの拳王だ!!ぬぅん!」
べ「ナッパ!!1」
ひゅー、どさっ
J王「殴られた反動で窓から逃げるとは。敵ながら中々やるの」
J王「ぬう、しかし真紅が赤い下着とは・・」
ガチャ
真「はあ、疲れた。後でジュンにお土産渡さないと・・」
真「・・何してるのかしら、私の下着を撒き散らして・・?」
J「え?あ、これは盗人だよ!今さっき追い出したんだ!」
真「なら、その手に握られた赤い物は、何かしら?」
J「こ、これは・・その、業務上過失(ry」
真「だまりなさい!この変態!」