※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梅「今日は転校生を紹介する」
 A「イィィィィィヤッホォォォォォォォォ!!!!」
 B「男ー女ー?」
梅「あーお前らちょと黙れー家の都合で転校する事になった蒼星石さんだ。入ってきなさい」
ガラガラガラ
蒼「蒼星石です。よろしくお願いします」
 C「うおおおおおお!!」
 D「きゃあああ、こっち向いてーーー!」
べ「おいおい、ジュン。俺はこの学校に居た事を誇りに思うぜ・・俺は勝ち組だぁぁぁぁぁぁ!!」
梅「ベジータ五月蝿いぞ、廊下に立ってろ」
ガラガラガラ ピシャ
J「確かに可愛いけど・・(なんか、外ッ面なだけな感じが?」
梅「んーじゃあ、とりあえず後ろの席に座ってくれ。ほら、あのメガネの隣だ。ジュン、色々面倒見てやれよー」



J「これから宜しくね、俺の事はジュンって呼んでよ」
蒼「・・・」
J「その、無視されるのは結構辛いんだけどな。」
蒼「なら言っておくね。必要以上に僕に話し掛けないでくれないかな?」
J「え、いや。俺はコミュニケーションを・・」
蒼「ほんと、君。そういうの気持ち悪いから止めてくれないかな?」
J「(な、なんだこの高飛車な奴は・・)」



委「りーつ、きおつけー、れーい」

A「蒼星石さんは何で転校したのー?」
べ「今彼氏居る?いないなら俺なんてお勧めだよ!」
蒼「ちょと、家の都合で色々あってね。それは絶対お断りかな」
ガヤガヤガヤガヤ



J「俺の時とえらい違いだな」
翠「はあ、お姉さんは心配なのです・・」
J「え?翠星石の妹なの?あいつ」
翠「そうなのです、今まで遠くに居ましたがコッチで一緒に住む事になったです」
J「へーそうなんだ(キャラが違い過ぎるだろ」
翠「でも、この話は内緒にしとくです、だまっとけですよチビ人間!」
J「分かったよ。」

J「なんか、凄い人気だったな」
蒼「転校生だからね。正直疲れたよ」
J「あ、そうだ。ここの学食初めてだろ?一緒に食べに行こうぜ」
蒼「それは誘い文句なのかな?でも生憎だね、先約があるから」
J「そうなのか。ま、困った事があったら言ってくれよ。助けるから」
蒼「そんな事はないと思うけどね、気持ちだけ受け取っておくよ」
翠「蒼星石。飯食いに行くですよー」
蒼「分かったよ、直行くね。じゃ、迎えが来たから」
翠「どうです?学校には馴染めたですか?」
蒼「まあボチボチかな」
J「やっぱ、姉妹なんだな。仲がいい」



J「初日なのに。凄い取り巻きだな・・」



B「えーそうなのー?イメージじゃないよー」
C「あの・・蒼星石さん・・今日私の家に・・」
蒼「ああ、今日はちょと・・」
翠「蒼星石、ちょうど良かったです。一緒に帰るです」
蒼「ああ、今行く所だっt」
B「いきなり何?勝手に割り込まないでよね!」
翠「わ、私は蒼星石と帰る方向が同じだから、一緒に帰ろうと・・」
C「関係ないわよ、そんなの!」ドン
翠「きゃ、イタタタですぅ・・」
蒼「す、翠星石!(こ、こいつら・・!」
C「無様ね。さ、一緒に行きましょうよ蒼星石さま」
B「アハハハハハハ、きんもーっ☆」
蒼「!!!(もう、我慢出来ない」
蒼「君たち何をy」
J「お前ら、何やってんだ。困ってるじゃん、どう見てもお前ら邪魔者だぞ?」
翠「じゅ、ジュン・・」
C「はー?何言ってるの?こいつ!」
B「そうよそうよ!きんもーっ☆」
J「(蒼星石に聞こえるように)ほら、ここは引き受けとくから。早く帰れ」
蒼「あ、ありがとう・・」



~翌日~
コトン
J「(・・お茶?)」
蒼「昨日はありがとう、これはお礼だから」
J「気にするな。助けてやるって言ってたしな」
J「それと、ありがとうな。お茶」
蒼「早く飲みなよ、それとも僕のお茶は飲めない?(本当は、違うことが言いたいのに・・」
J「あ、ああ。(ゴクゴクゴクゴク)・・その、見つめられてたら、飲み難いのですが」
蒼「・・・!ご、ごめん!(僕、アイツの顔見つめてたのかな?」
J「(何か、可愛い所もあるんだな・・コイツも)」
蒼「(うー僕今、顔真っ赤じゃないかな?何で、こんなにドキドキしてるんだろ・・?)」



翠「何やってやがるですか、あの二人は・・」