※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(どうしてだろう・・・彼のことを思うと胸が苦しくなる・・・)

金「カナったらどうしちゃったのかしら。今までこんなことなかったのに‥」

(どうして彼がほかの女の子と楽しそうに話しているだけでこんな気持ちになるんだろう・・・)

み「それはきっと恋ね。」
家に帰りみっちゃんに相談してみると、彼女はあっさりとそう答えた。

金「恋?」
み「そうよ。カナはJUM君に恋しちゃったのね。もうカナもそんな年かぁ・・まだまだ子どもだと思ってたのに・・・うれしいようでさびしい様な気分だわ~。」
金「でも・・・もしそうだとしても・・・カナどうしたらいいかわからないかしら・・」
み「JUM君をデートにでも誘ってみたら?」
金「デ、デートーー!?そんなことカナには・・」
み「大丈夫だって。向こうから何もないならこっちからアプローチしなきゃ♪」
金「そうかしら・・?」
み「そうよ♪」
金「・・・わかったかしら。カナがんばってみるわ!」
み「ファイト!カナ!」

次の日学校にて・・・)


金「ね、ねえJUM!」
J 「ん?ああ金糸雀か。どうしたんだ?」
金「あの…その…」
J 「?」
金「こ、今度の日曜日暇かしら?」
J 「ああ、別に用事はないけど?」
金「だったら、ちょっと付き合ってほしいんだけど、いいかしら?」
J 「ああ構わないよ。」
金「じゃ、じゃあ10時に公園で待ち合わせでいいかしら?」
J 「わかったよ。じゃあまた日曜にな。」



紅「今の見たわね?水銀燈。」
銀「この目でしっかりと見たわぁ。金糸雀からJUMを誘うなんて珍しいわねぇ。」
紅「JUMもJUMよ!誘われたからってすぐOKするなんて!私の下僕として失格だわ!」
銀「で、どうするつもり?放っておくつもりはないんでしょぉ?」
紅「ええもちろん。下僕の行動を把握しておくのは主人として当然のことだわ。」
銀「じゃあ決まりねぇ。」

そして日曜日・・・

J 「よお!待ったか?」
金「ううん。今来たところかしら。」
J 「そうか。ならよかった。で、どこ行くんだ?」
金「新しくドールショップが出来たの。そこに行ってみたいんだけど。」
J 「よしわかった。じゃあまずはそこに行ってみようか。」


紅「この距離じゃ何話してるかわからないわね。」
銀「でもあんまり近づきすぎると見つかるわよぉ…」
紅「あ!二人が移動し始めたわ!後をつけるわよ!」
銀「わかってるわよぉ。」

J 「ここか?」
金「そうかしら。」

(ガチャ・・・)

J 「ん?だれもいないのか?」
薔「いらっしゃいませ・・・」
J 「うわっ!何で薔薇水晶がここに!?」
薔「・・バイト・・・」
金「へ、へー。そうなの。」
J 「(よくこんなに愛想のない奴を雇ったな…)」
薔「二人は・・・デート?」
J 「っちょ!ただ金糸雀に付き合ってやってるだけだよ!」
薔「でも、人が見たらデートしてるように見えるわ・・・」
金「!(////) と、ところで、お人形のお洋服とかどこに置いてあるのかしら?」
薔「ハイ…こちらになります…ついて来て下さい…」


銀「薔薇水晶がバイトしてるなんて初めて聞いたわぁ。」
紅「あら、いつも仲良くしているあなたが知らないなんて珍しいわね。」
銀「私だってあの子の私生活までは知らないわよぉ。あらぁ、奥のほうに入ってっちゃった。」
紅「仕方ないわね。出てくるまで待機しときましょう。」

薔「こちらになります‥」
J 「結構たくさんあるんだな。」
金「ここのドールやお洋服はここで作ってるのかしら?」
薔「・・さぁ・・・?」
金「さぁって・・」
薔「すみません・・まだバイト始めたばかりなんでそこらへんは・・・」
J 「ちゃんと店の人に聞いとけよな。客が僕たちだからよかったものの。」
薔「うん・・」
金「このお洋服がかわいいかしら!これ一着いただくかしら!」
薔「ありがとうございます・・またおこしください・・・」
J 「よし。じゃあ行くか!」

(ガチャ・・・)

薔「あ・・金糸雀・・待って・・・」
金「? 何かしら?」
薔「これ・・・おまけ・・」
金「これなあに?」
薔「ペアリングよ・・・JUMといっしょにつけて・・」
金「ありがと。でも、指のサイズが合わなかったらどうしようかしら?」
薔「そんなことはないわ・・・だって私が二人に合わせて作ったんだもの・・・」
金「手作りかしら!?」
薔「金属加工するの・・少し大変だった・・」
金「そ、それじゃありがたくいただくかしら。どうもありがとうかしら。」
薔「じゃ・・頑張ってね・・・」
金「(///)わかってるかしら!」

J 「おーい金糸雀。何やってんだ?いくぞ。」
金「まって~JUM!今行くかしら!」


銀「二人が出てきたわよぉ。」
紅「それでは追跡を再開するのだわ。」


薔「JUMが誰かとくっつけば銀お姉さまは私のもの・・・」
薔「でも・・・」
白崎「フガッ!モガッ!(ロープでぐるぐる巻き)」
薔「ここまでする必要はなかったかも・・」

金「そろそろお腹がすいてきたかしら‥」
J 「ん?じゃああそこのファーストフード店にでも入ろうか?」
金「うん!」

(ウィーーン)

紅「あら、今度はハンバーガ屋に入ったようね。」
銀「私はハンバーガーは嫌いだわぁ。」
紅「あら?どうして?」
銀「・・わかってて言ってるでしょ?」
紅「さぁ?どうかしらね。とりあえず私たちも横のファミレスで腹ごしらえといきましょう。」
銀「・・なんか引っかかるけど、まあいいわぁ。」

J 「ダブルバーガーと、ポテトM、後コーラのMをひとつ。」
金「カナも同じものをたのむかしら。あっ!ハンバーガーはマスタード抜きでお願いするかしら!」
店員「かしこまりました。ではお席のほうでお待ちください。」

J 「ぷwお前マスタード苦手なのかよw」
金「カナ辛いのは苦手かしら・・」
J 「まだまだ子どもだなぁ。」
金「子ども扱いしないでほしいかしら!カナだって立派なレディーなのよ!」
J 「はいはい・・・」
(8番のお客様ー)
J 「おっ!呼ばれたみたいだな。じゃあ持ってくるから座ってろよ。」
金「ありがとうかしら。」

J 「さて、食べたし行くか。」
金「はいかしら。」

(ウィーーン)

銀「この店ヤクルトおいてないのねぇ。つまんなぁい。」
紅「あら、あの子達もう出て来たわ。食べるの早いわね。」
銀「ちょっとぉ、落ち着いてていいの?見失っちゃうわよぉ。」
紅「そうね。じゃあ私たちも出ましょうか。」
銀「?ちょっと待って。あそこにいるのって・・・」

べ「よう!JUM!」
J 「やあべジータ。そんなに荷物持ってどうしたんだ?」
べ「蒼嬢に頼まれて荷物持ちしてるのさ。全くモテる男はつらいな、HAHAHA!」

金「(ベジータったら蒼星石に体裁よく使われてるってのがわからないのかしら。)」

雛「あっ!JUMと金糸雀なのー!」
蒼「やあ、JUM君、金糸雀。」
翠「チビ人間に金糸雀。よっ!ですぅ。」

J 「よう。珍しい組み合わせだな。」
蒼「せっかくベジータが荷物持ちしてくれるって言うから雛苺も誘ったんだ。」
雛「これからうにゅーを買って帰るのよ!」
蒼「二人はもしかして・・・デート中だった?だったら邪魔してごめんね。」
金「べ、別にそんなことないかしら!(////)」
雛「うゆ?金糸雀顔が赤いのよ?」
金「な、なんでもないかしら!(////)」
翠「(ムカッ)」
J 「何怒ってんだ翠星石?」
翠「何でもないです!ただチビ同士お似合いだって言おうと思っただけですぅ。」
J 「何だとぉ!」
蒼「翠星石!JUM君もそんなに怒らないで・・・」
J 「フン!ほら、いくぞ金糸雀。」
金「あ・・待ってJUM!じゃあみんなまた明日学校で会いましょうかしら~!」

翠「・・・べーだっ!です!」
蒼「全く素直じゃないな君も・・」
翠「うるさいです!!ほらベジータ!さっさと来るです!まだ買い物は終わってないですよ!」
べ「え?まだ行くんですか?」
翠「あたりまえです!今日はまだまだ買い物するですよ!」
蒼「はぁ・・・やれやれ。」
翠「蒼星石とチビ苺もさっさと来るです!」
雛「あっ!まってなのー!」
べ「ここからが本当の地獄だ・・・」

翠星石は、身を翻すとそのまま蒼星石の方へと戻っていった。

紅「まったく。翠星石たちのせいでJUMを見失ってしまったのだわ。」
銀「急に走ってっちゃうんだものねぇ。」
紅「あ!あそこのゲームセンターに入って行ったわよ!」


J 「ゲーセンか。久しぶりだな。」
金「ねぇJUM、あのゲームやりましょうよ。」
J 「今時ス○Ⅱかよwまあいいや。やるか!」
金「お手柔らかにかしら。」

 『ョガフレイム!』
 『YOU LOSE!』

金「負けちゃったかしら(T_T)」
J 「なんだよ。弱いな金糸雀はw」
金「もう格ゲーはいいかしら!あっちのほうに行ってみましょうよ。」
J 「ん?UFOキャッチャーか?」



紅「あれは・・・くんくん!」



金「くんくん人形・・・ほしいかしら・・一回やってみるかしら!」
(ウィーーーン・・・・ぽとっ)
金「あっ・・・落ちちゃった・・・JUM~(T_T)」
J 「ったく、しょうがないな。じゃあ次は僕がやってみるから。」
J 「(アームが閉じてるな・・これなら紐に引っ掛けたら取れるか?)」
(ウィーーーン・・・・すとん)
J 「よしっ!ほらとれたぞ!」
金「JUMありがとうかしら!(ニコッ)」
J 「(////)いや・・別にお礼なんていいよ。」

銀「・・・JUMったらでれでれしちゃって。つまんないわぁ。」
紅「くんくん・・・」
銀「二人が移動し始めたわぁ。追いかけるわよ真紅。」
紅「そうね。まず百円玉に両替してこないと。」
銀「何言ってるのぉ?」
紅「くんくん・・必ず手に入れて見せるわ!!!」
銀「・・・・」

紅「結局くんくん取れなかったのだわ・・・」
銀「まったく。あなたのせいで結局JUM達を見失っちゃったじゃないのぉ。」
紅「はぁ・・・くんくん・・・」
銀「(って聞いてないし…)あら?あそこにいるのJUMと金糸雀じゃなぁい?」
紅「?あら本当・・もう帰るみたいね・・・」



J 「家まで送ろうか?」
金「JUMの家はあっちでしょう?ここまででいいかしら。」
J 「・・・そうか。じゃあ気をつけて帰れよ。」
金「うんかしら!」
J 「じゃあまた明日な。」
金「・・・・」

金「・・・あの・・・JUM!」
J 「?なんだ?まだ何かあるのか?」
金「あの・・・その・・・」
J 「なんだよ。用がないならもう行くぞ。」
金「・・・ちょっと・・耳かしてもらえるかしら?」
J 「?別にいいけど、何か言いt・・」



(チュッ)



紅「!!!」
銀「!!!!!!」
J 「!!!(/////)おい!カナr・・」

(タッタッタッタ・・・・)

金「じゃあねっJUM!今日は付き合ってくれてほんとにありがとう!また明日学校で会いましょうかしら!!!」

(タッタッタッタ・・・・・・)

J 「(///)ったく・・何だよいきなり・・・」

金「!真紅に水銀燈!何でこんなとこに!?」
銀「ほっぺにチュねぇ・・・気に入らないわぁ・・」
金「(///)二人とも見てたの!?」
紅「ええ、全部ね。金糸雀、今日のところは負けを認めてあげる。でも最後に勝つのはこの真紅よ!」
銀「私だって負けるつもりはないわぁ。とにかく、このくらいで勝ったつもりにならないことね!」
金「わかってるわ!カナだってぜぇーーーったい負けないんだから!」

(そして帰宅・・・)


金「ただいま~」
み「おかえり、カナ。で、どうだった?」
金「(///)別に何もないかしら!お部屋に行ってるかしら!」

(ギィ・・・バタン!)

み「あらあら。カナったら照れちゃって。かわい~♪」



金「JUMにキスしちゃった・・・ほっぺにだけど・・・(////)」
金「でもせっかく薔薇水晶にもらったペアリングは渡せなかったかしら・・・」
金「それに真紅と水銀燈も・・・」
金「・・・・」
金「まあいいかしら!まだチャンスはいくらだってあるもの!この薔薇乙女一の策士金糸雀が絶対にJUMを振り向かせて見せるんだから!」


~Fin~