※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旅館
蒼「JUM君!」
J「ん?あれ?蒼星石・・・それ・・・」
蒼「あ、あぁ。置いてあったから着てみたんだ・・・変かな?」
J「いや、似合ってると思うけど・・・。こう見るとやっぱり女の子だなー」
蒼「なんだいそれ。浴衣に男物も女物も無いじゃないか」
J「雰囲気だよwなんか・・・かわいいな・・・」
蒼「そ、そうかな・・・君に言われると・・・嬉しいよ・・・///」
J「どーも。それで、何?」
蒼「あ、あぁ。月がきれいだから一緒にどうかな・・・って思って・・・いい?」
J「へぇ月か・・・・。いいな。」
蒼「でしょ?ジュースも持ってきたんだw」
J「用意いいなw流石だよw」
蒼「それじゃ、外へ行こう。涼しいよ」
J「あぁ」

蒼「ふぁ~。気持ちいいね」
J「あぁ、月もきれいだしな」
蒼「ンフフ♪」
J「どうかした?」
蒼「いえいえ、気になさらずに・・・・♪」
J「なんだよ?」
蒼「フフ・・・嬉しいなぁ~って」
J「月が見れたのがか?」
蒼「もう!・・・・そういう事にしといてあげるよ。」
J「?」
蒼「フフ♪」





蒼「行き成り呼び出したりして、ごめん。僕は君ともっと親密な関係になりたいんだ・・」
J「(蒼星石は、俺に好意を持っている、こんなクズみたいな俺に。だ)」
蒼「あの、どうかな?・・迷惑、かな・・?」
J「(ベ『俺は金持ちのボンボンさ!俺なら蒼星石に一生左団扇で過させる事が出来るぜ!』・・か)」
J「・・ごめん、俺じゃ。君を幸せにする事は出来ない・・ごめん(くそ!何に言ってるんだ俺は!」
蒼「ぼ、僕の方こそごめんね、行き成り・・・、タッタッタッタッ、(僕、振られちゃった・・」
J「くそっ!何で俺はこんなに矮小なんだ!好きな奴一人幸せに・・ッ!」ガンッ!
 ↓
J「ベジータ、さっき泣いてた蒼星石が居たよ・・慰めに行ってやれよ・・」
ベ「な、なに!?本当なのか?すぐいくぞ蒼星石!!!(これで、もっと親密なwwwwっうぇww」
 ↓
べ「だ、大丈夫か?蒼星石?誰に犯されたんだ!?」
蒼「・・・ねえ、胸貸してくれない?(もう、誰でもいいよ・・」
べ「あ、ああ!!(ちょwwwフラグじゃねーかwwwこれwww」
蒼「うっ・・えっぐ・・うぅ・・(何であの時、もっと我侭な奴だったら・・)」
べ「(ちょwwwジュンありがとうよ!!!)」
 ↓
べ「ありがとう、ジュン!何か俺達付き合うことになったんだ!」
J「そ、そうか・・おめでとう・・(ああ、離れていく」
べ「まあ、蒼星石とやったら、お前にも報告してやるからよ、wktkしながら待っとけwwww」
J「あ、ああ。楽しみに・・しとくよ・・(これが、蒼星石の幸せなら・・」
J「おはよう、蒼星石」
蒼「・・・あ、ベジータおはよう(駄目だ、声がかけれない」
べ「おう!おはよう、今日は一段と綺麗だな!!(決まったwww」
蒼「あ、うん。ありがとう・・(これが、ジュン君だったら・・」
翠「・・・・(馬鹿野郎共ですぅ」
 ↓
翠「チビ人間!耳かっぽじって聞くです!」
J「何だよ・・」
翠「何で蒼星石を振ったですか!あんたも好きだったじゃないですか!」
J「俺にも、色々考えがあるんだよ・・首突っ込むなよ」
ドゴッ!
翠「この、この!馬鹿チビ人間のこんチクショウがですぅ!!!」
J「おい、待てよ!!・・・ああ、くそ、何やってんだ・・俺・・」
J「あれは、蒼星石とベジータ?空き教室で何やってんだ?」
 ↓
べ「そ、蒼星石!お、俺達もそろそろ。やらないか?」
蒼「え、その・・僕、もう帰らなきゃ・・」
ガラガラガラ カチン
べ「おれ、もう我慢できないんだ・・・な?いいだろ?(ジィーー」
蒼「え・・いや・・待って。お願い、やめて(誰か・・」
べ「いただきまーーーーす!!!!」
蒼「きゃ、きゃーー!ジュン君助けて!!!!」
J「そろそろ、止めとけよ。泣いてるじゃないか」
べ「ジュン!何故お前がここに!(音もなく俺の背後に!?」
J「蒼星石の悲鳴が、お前には聞こえなかったのか?」
べ「黙れ!このスーパーベジータをJ王にも成らず倒せると思うなよ!くらえっ!」シュッ!
J「欲望に塗れた拳など、J王に成らずとも」トッ バタン!
べ「き、貴様!(何なんだ、このプレッシャーはッ!」
べ「くそ!覚えてろよ!!」

 ↓

蒼「ジュン君!何だよ!今更、何なんだよ!」
J「ごめんな・・」
蒼「君はいつも謝ってばっかりだ!他に言う事はないのかい!?(本当は、嬉しいのに・・」
J「蒼星石・・」
蒼「ん・・ンッ・・(ジュン君唇が、僕の唇に。暖かい・・」
J「最初にこうしとけば、良かったのかな」
蒼「・・・うん」
J「その、これからも一緒に居てくれるか?」
蒼「僕でよければ・・喜んで・・」


ベジータ「当て馬か・・へっ、幸せにな。お二人さん!」






蒼「ジュン君、何してるの?(え、何で土下座なんかしてるの?」
J「頼みがあるんだ、青星石・・」
蒼「僕に出来る範囲なら、適えてあげるから。顔あげなよ、ね?」
J「あ、有難う!ぜひ、このチャイナ服を着て欲しいんだ!!」
蒼「・・・ちょと、用事を思い出したよ。又ね」
J「ちょ、ちょと待ってくださいよ蒼星石さん!そりゃあんまりですよ!」
蒼「だって、やだよ。僕には似合わないよ水銀燈辺りに頼みなよ・・」
J「やだやだ!蒼星石じゃないとやだやだ!絶対、似合うから!ね!?」
蒼「う、うん。わかったよ(押しに負けた・・」
 ↓
蒼「これで、いいの?足がスウスウするよ」
J「GJ!最高だ!マーベラスだ!」
蒼「それに、このスリット・・腰まであるし・・(恥ずかしいな・・」
J「それが、良いんじゃないか!やべ、目から涙が・・」
蒼「そ、そんなに喜ばれても(ジュン君はこういうのが好きなのか」
J「大好きだーーー!(抱きしめるダキッ!」
蒼「きゃ!何か変だよ、今日のジュン君・・(抱きしめられたし、何か得したなw」






梅「今度の中間テストでクラス順位下げたら…委員長の責任だよな…蒼星石…?」
蒼「え……?そ…そんな…」
梅「もしその時はどうなるか分かってるだろうな…ん?」
蒼「し、知りません……っ!!」

蒼「クラスの平均を上げるにはやっぱり下から上げていくしか無いのかな…このクラスの最下位は…ベジータだ…

蒼「ベジータ…お願いがあるんだけど…」
ベ「何だい…蒼嬢…?」
蒼「今度のテスト…頑張って欲しいなぁ…」
ベ「頑張るって…どれ位…?」
蒼「もし全教科100点だったら…一日…僕を好きにして…いいよ…」
ベ「うはwwwwwwwおkwwww俺はやってやるぜ!!」

蒼「まさか…ね…」

ベジータは勉強した、それはまさに鬼のごとく

べ「くそ!!!あれだけ勉強したのに、国語が99点だと!くそ・・」

ベジータは泣いた、それは真の漢の涙だったと

蒼「(順位はあがったし・・なんか不憫だな・・)」
蒼「ベジータ君、一日好きに、とはいかないけど」
蒼「一つだけ、ならお願いを聞いてあげるよ・・(デートぐらいなら・・」
べ「ほ、本当だな!?」
蒼「う、うん(やっぱり、やめとけば・・」
べ「(やはり、性欲をもてあます・・!フヒヒヒヒヒ)」
べ「今はいてるパンツを贈れ!(最高の一品だぜ・・!しかも脱ぎたて!!!」
蒼「うう・・約束だし・・」

ベジータは 蒼星石のパンツを手に入れた!

蒼「(うう、早く帰らないと・・恥ずかしいよ・・何もはいてないし・・)きゃっ!」どん
J「うわっ!」どん
J「いててて・・大丈夫?蒼星石・・・・・(え?何でパンツはいてないの?」
蒼「いたたた、僕は大丈夫・・・きゃっ!(見られた、ジュン君に見られた・・)」
J「その、そういう健康法もあるらしいな、でもスカートの時はやめた方が・・」
蒼「うう、違うのに・・(死ぬほど恥ずかしい!!)」



ベジータ「これで朝までフィーバーだぜ!!!!!!!!」





蒼「一度話をしておきたいと思っていたのだけど…」
ベ「何だい?蒼嬢」(告白フラグキタコレwww)
蒼「どうして…その君は…僕の体操服とか…水着とか…リコーダーとか…リップを持ちたがるの…?
  どうして僕にだけ…意地悪するの…?僕の事…嫌いなの……?」
ベ「えっ……」
蒼「僕のが…取り易いから取ってるだけ…?本当は誰でも良いんでしょ…?」
ベ「……いや…蒼嬢…これはその…」(匂いを部屋で一人で嗅いでオカズにする為なんて言えねぇ…)

蒼「ひょっとして……そういうお店で売ってお金稼いでるんでしょ…バイトしてないって聞いたし…
  反論も無いの…?もう馬鹿大嫌い!!」

ジャキーン

ベ「俺の髪の毛が……orz……」





J「ぬぅん、北斗剛掌波!!」
バキバキバキ、バタッ
J「ぬっ、技の切れが悪い。ぬぅ!はっ!」
ガシャ!ドコッ!
J「ふぅ、そろそろ帰るかの」


蒼「(あれ?ジュン君じゃないか、何してるんだろ?)」


蒼「あ、ジュン君おはよう」
J「あ、おはよう蒼星石、何してるの?」
蒼「僕はジョギングだよ、ジュン君は?」
J「最近体力が落ちてきたから、簡単な運動をね」
蒼「へージュン君は偉いなー」
J「いや、そんな事ないってw(嬉スww」
蒼「そうだ、なら明日から僕と一緒にジョギングしない?一人じゃ寂しかったんだ」
J「え、あ。うん、もちろん!俺も一人じゃ寂しかったんだ」
蒼「うん、じゃあ明日4時ごろに公園に集合って事で、いいかな?」
J「はい、喜んで!」
蒼「変なジュン君w所で、この公園は何でこんなに荒れてるの?」
J「何でだろう?俺は気づかなかったな、蒼星石は観察眼があるなw」
蒼「そ、そんな褒められても何もでないよw」








J「(蒼星石の読書姿は様になるよな。やっぱ)」
J「(あんな真剣な目を本じゃなくて俺に向けてくれないかな・・ってか、何読んでるんだ?)」
J「なあ、蒼星石。何読んでるんだ?」
蒼「う、うわ!ジュ、ジュン君じゃないか。驚いたよ」
J「何読んでるのか、気になってさ。で、何読んでるの?」
蒼「く、くだらない本だよ!」
J「えー凄く真面目に読んでたじゃないか、気になるんだけどなー」
蒼「え、あの・・いや・・(ど、どうしよう」
翠「蒼星石、ちょと手伝うです!」
蒼「あ、わかったよ。と、言う事だからここで失礼するよ(翠星石ありがとう!」
 ↓
J「本忘れてるんだよな、蒼星石。何か抜けてるって言うか何と言うか」
J「じゃ、ちょとチェックしますかね」ペラッ

”完全版・初恋樹立のABC”