全力二刀ファイター型


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『高所全力二刀型』
メイン:ファイター、サブ:ライダー、他:エンハン、アルケミ、魔法技能等

ビルド説明
 二刀流による近接攻撃に、騎芸【高所攻撃】と《全力攻撃Ⅰ or Ⅱ》を乗せ敵を粉砕するファイターライダービルドです。
 圧倒的な攻撃力を誇りますが、ライダー5レベルで【人馬一体】をとるまでは機能しないという欠点を持ちます。
 (よって、おおよそ7レベルでの《二刀流》の習得を目指し、そこから本格運用のビルドとなります)

 

戦闘特技(⇔はPC状況により入れ替え推奨)
「汎用型」
《全力攻撃Ⅰ》《武器習熟A/任意》《両手利き》《二刀流》⇔(選択枠) 以降任意:《二刀無双》等
(選択枠:《武器習熟S》or《防具習熟A/任意》or《頑強》/環境によっては《双撃》もあり)

「二刀無双型」(要:プリースト技能(ヒューレ)2レベル)
《全力攻撃Ⅰ》《武器習熟A/スピア》《両手利き》《二刀流》《武器習熟S/スピア》《二刀無双》 以降任意
「優先武器:ノーマルランス(二刀無双習得後はヘビーランス、フェイタルランスも選択可能に)」
 (接近後、ヒューレの特殊神聖魔法【☆フェザー・エッジ】で二刀流し、ランク効果で騎乗時攻撃力アップ攻撃)

 

騎芸
(1~4)【高所攻撃】【HP強化】(※1【騎獣の献身】)任意
(5~9)【人馬一体】【超高所攻撃】【HP超強化】任意×2
(10~)【バランス】【極高所攻撃】任意×3
 ※1:アラクネ系を選択する場合は不要
 ※2:命中一回目のみ適用の【チャージ】とは相性が悪く、非推奨

 

適性の高い種族
 基本的に、二刀流ファイターに適性の高い種族とは相性が良い。その中で、特におすすめしたいものは以下の通り。
「ドワーフ」
 前衛向きなステータスで、特に体が高い。また移動力を騎獣に依存出来るので、鈍足でも問題なく乱戦に参加出来るのも強み。種族特徴の強化ルールを採用しているならば、Lv6以降は騎乗中に騎獣も炎属性無効になるのも長所。
「ヴァルキリー」
 ドワーフと類似したステータスに加えて、[戦乙女の光羽]での落馬対策、[戦乙女の祝福]での援護を行える。騎獣に祝福を使えば、ファイター先行になりがちなこのビルドでも耐久力を確保しやすい。
「ライカンスロープ」
 生命力の高さに加え、相手を選ぶとはいえ、[獣化]中の耐久力に秀でる。
「ダークトロール」
 全種族で最も高い生命力が魅力。ただし、ダークトロール故の制限の数々には気をつけること。

 

騎獣
「ホース系、エレファント系」
 生物騎獣でかつ耐久力重視、【騎獣の献身】を最大活用
「ヒポポタマス」
 適性レベル帯においてはカバの守護で耐久力が確保できる。ネックは移動力(簡易メインならばまったく問題なし)
「アラクネ系」
 攻撃障害=不可・なしにより近接攻撃を受けなくなるという最大級のメリットあり。問題は適性レベルの狭さ

 

注意事項:
戦闘特技などで耐久力確保にまわせるリソースが少ないため、大ダメージの反撃には注意