メニュー



喧嘩用語辞典

| | | | | | | | |
わ行
|

現代喧嘩師リスト(表)

現代喧嘩師リスト(裏)

古代喧嘩師リスト(表)

古代喧嘩師リスト(裏)

戯言

|

リンク

冷やし猫鍋

主に喧嘩界のwiki

apocalypse


更新履歴

16/7/12 更新のための更新

15/9/24 大幅に加筆修正

項目追加:古代喧嘩師リスト(裏)

(裏)No.021


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

neutral(Ash)


草い喧嘩師。
ドラクエプレイ歴15年を誇るスクエニ(旧エニックス)信者。
産まれて最初に発した言葉が「いおなずん」、
父のことを「ギラ」、母のことを「メラ」と呼び、二匹いるペットの内、愛猫の名前は「ホイミ」である。
このように純粋なるドラクエ馬鹿なのだが、過去、冒険の書の度重なる消失により、その幼心に深い傷を負った。
母親による掃除機侵攻、ペットのホイミの猫パンチ、ゴルフボールの捨て身タックル、
部屋上空からの漫画雑誌によるスーファミ空爆など、彼が経験した絶望は不貞腐れ27回分に相当し、
一般プレイヤーの約12倍も多く「でろでろでろでろでんでろでん」を聴いたとされる。
「"1日ゲームは1時間"の理不尽に耐えたというのにこの仕打ちか!」
と鬼になった彼は、母親の再三に渡る警告などどこ吹く風、ゲーム三昧の日々を送るクソガキに変貌を遂げるが、
数日後スーファミが神隠しに遭い、母親に1時間土下座をしたと言われている。
その後更生した彼は、自室を整備し、母親との綿密な話し合いを重ね、
ついに「冒険の書消失とは無縁のゲーム環境」を整えることに成功した。
一時はFFへの乗り換えを考えるほど追い詰められていたにも関わらず、奇跡の立ち直りを遂げたこの復活劇は、
彼の身内の間では今でも伝説として酒の肴になっている。
しかし、Selciaとの喧嘩によってトラウマが再発。
喧嘩放棄とデータ消失時の絶望を一緒にされたことに激怒し、
全国のぼうけんしゃを代表して、Selciaに猛攻を仕掛けた。
なみみに、現在はドラクエもメモリーカードだし一安心なのだが、
未だにあの呪いのBGMを聴くと頭痛、発熱、耳鳴り、寒気、動悸、息切れ、目まい、嘔吐、下痢、
などの症状に見舞われており、確実に寿命が縮んでいると医者に宣告されている。
履歴