メニュー



喧嘩用語辞典

| | | | | | | | |
わ行
|

現代喧嘩師リスト(表)

現代喧嘩師リスト(裏)

古代喧嘩師リスト(表)

古代喧嘩師リスト(裏)

戯言

|

リンク

冷やし猫鍋

主に喧嘩界のwiki

apocalypse


更新履歴

16/7/12 更新のための更新

15/9/24 大幅に加筆修正

項目追加:古代喧嘩師リスト(裏)

2d


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦国時代・其ノ肆


【-HKJ-】


突如として喧嘩界に宣戦布告し、戦国時代の実現を目論む(?)大手喧嘩サイト。
現時点での最大戦力を誇るが、更なる勢力拡大は確実。

筆頭たるSelciaに関しては、今更説明の必要はないだろう。
言わずと知れた超強豪喧嘩師にして、喧嘩界最大の功労者の一人である。

声高らかに所属を宣言した塾長。
かつての喧嘩界最大手"平成喧嘩塾"管理人としての知名度と人脈は、HKJにとって大きなアドバンテージである。
また彼のゴープとしての特性は、他サイトに対する嫌がらせにも大きく効果を発揮するはずだ。

一度は喧嘩界から退いた、"悪鬼(オーガ)"ことミキィ、。も参戦。
「喧嘩師の引退宣言ほどあてにならないものはない」
という定説がまたもや裏付けられたことは放っておくとして、彼女の積極性と刺々しさは、HKJに殺伐をもたらす上で、
引いては各地に戦乱を巻き起こす上で、非常に重要なものになってくるだろう。

意外や意外、Selciaと死闘(?)を繰り広げた喧嘩界の問題児、畢竟も所属を申請。
彼の奔放な性格がHKJにとって吉となるか凶となるかは分からないが、
少なくとも敵対する側にとって、彼の執拗な攻撃性は脅威であろう。
ただし携帯ユーザーゆえに受け入れの是非を検討中のようで、HKJの解答次第では他勢力への移住、あるいは独立の可能性もある。

突如として現れ、HKJでの敵性喧嘩師排除に動く苦情。
誰かの別HNか、全くの新参かは不明。何者だ!

もなちゃとからは白ごま、Lisbon、Arrowsの三人が参戦。
いずれも一度は名前を耳にしたことのある有名人だが、
今のところ所属表明以外の書き込みは見られない。
元々チャット喧嘩を生業としているので板での活動は不得手なのかもしれないが、
反HKJ派による一斉攻撃が行われている今、HKJ所属である以上何らかのアクションを起こすのが望ましいだろう。

ぶひひ、toshikiについては一切詳細不明!
toshikiは所属表明のみ行ったが、ぶひひに至ってはそれすら見受けられない。
初書き込みに期待がかかる。

喧嘩塾にもちらほら書き込んでいたソード・オブ・セイントレジェンド。
HNから一見色物かと思いきや、レスを見る限りだと意外に真面目そうだな、という印象を受ける。
喧嘩レスをあまり拝見したことがないので、今後の活動に注目したい。

また、竜宮城・喧嘩城方面所属かと思われていた鏖弑がHKJへの所属を表明したが、
Selciaからの受け入れ拒否を喰らい涙目となる。

【-ゲシュタルト一派-】


次に、ゲシュタルト崩壊をトップに据えたゲシュタルト一派。
独自のパイプと各方面への多大な影響力を有し、HKJに並ぶ大勢力への発展が見込める、HKJ対抗馬最有力候補である。

一派の首領、ゲシュタルト崩壊。
その知名度とキャリアは現代喧嘩界においてもトップクラス。
毒殺天国~平成喧嘩塾~HKJと三世代に渡って活躍する生粋の喧嘩馬鹿でもある。

KCCの管理人を務めるZERODOLL。
HKJでミキィに対し喧嘩を売る積極性は勿論のこと、零とCronosという強豪古参の召集を宣言するなど、
その侮れない人脈にも要注意である。

もなちゃとからやって来たらしい、新参の俺様。
Selciaにも黒うさぎにも容赦なく突っかかり、戦時中だろうが何だろうが遠慮なくレスをかます。
書き込みの頻度も高く、まさしく"逸材"と呼ぶに相応しい。

蛙・禁断の果実・sue(スエゾー)も、ゲシュタルト一派への所属は確実であろう。
前者二人は中世から活躍している古参で経験は豊富、
スエゾーの正統喧嘩師ながらも醸し出される独特の雰囲気は、"曲者"としての風格を感じさせる。

【-asuka陣営-】


asukaがリーダーを務めるasuka陣営。
トップが議論系サイト出身ということもあり、
思わぬ大戦力を擁して天下の趨勢に絡んでくるかもしれない、注目の新興勢力。

新参の中で一番の有望株と言われ、喧嘩塾上層陣からの信頼も厚かったasuka。
今回は自ら新勢力を立ち上げ、HKJに反旗を翻した。
確かな実力を有しながらも、今まであまり目立った活動のないasukaだが、
今後喧嘩界でどのような大立ち回りを演じるのかに注目だ。

喧嘩界最古参の一人にして、雌の中では比類なき強さを誇る女帝イシヤ。
正式な所属は確認されていないが、悪魔の館での交流などを考えると、
確かにasuka陣営に付くのではないだろうか。
しかし、所属すれば強大な戦力になることは間違いないが、
リアルでやたら忙しいという事情が大きなネックになるだろう。

喧嘩の神、喧嘩神山本。
見ての通りである。

【-JKH-】


喧嘩界に於ける喧嘩師の集中を一切許さないという強い意志。
そして高い志を持って生まれた反HKJ勢力JKH。
「名は体を表す」とはまさにこのことである。

HKJの一切を拒否するという声明を出した管理人の★。
正体は一切不明だが、早速Selciaと首脳会談を開いているあたり、
実は相当の手腕を有しているのではないか、と疑わせる。

彼以外にもちらほらと書き込みが見られるが、
所属申請も勧誘した形跡も見られないので、所属者の紹介については後回し。

【-争奪戦-】


HKJ・asuka両陣営から勧誘に遭っている、久しぶりに姿を現した優良喧嘩師の針ねずみ。
相手を委縮させる威圧感こそないものの、冷静沈着な頭脳派、且つサイトに忠実な兵として一役買うことは間違いない。

そして、今度はゲシュタルト一派とasuka陣営での取り合いに巻き込まれているプロミネンス。
両強豪に見込まれた期待の戦力だが、現時点では未だ姿を見せていない。

【-不明-】


どの勢力とも繋がりが不明な残りの人たち。
(と言っても、反HKJ派が多い)

こんな状況であっても気ままにスレを立て、喧嘩をする実力派中堅喧嘩師のΩЯΙмοЙΩ。
ミキィ、Selcia、苦情と、三人の猛者の攻撃に遭いながらも、独特飄々とした文体は相変わらず。
来年二月からのホームステイが決まっているそうだが、その時は喧嘩師引退となるのだろうか?

ゲシュタルト崩壊と同じく、三世代に渡り喧嘩界に居座る精子。
実力・活動性ともに高く、非常に有力な兵士と言える。
因みに、繋がりは不明としているが、ゲシュタルト崩壊の一味であると見てほぼ間違いはない。

荒ぶる鬼才、天才tinko。
チャット・掲示板ともに素晴らしい実力を持ち、即レスにおいて彼の右に出る者はいないと断言出来る。
管理権譲渡問題を巡って、喧嘩城にてとんでもない暴風雨を巻き起こしている彼だが、
今後の動向が気になるところである。

最早伝説級の大人物にまで昇華され、
複雑怪奇、奇想天外、難攻不落、硬軟自在、奇妙奇天烈摩訶不思議、喧嘩界最強最有力と称される黒うさぎ。
現在HKJに姿を現しているが、あらゆる人物を次から次へと食いつかせ、
あっという間にレス数100を突破してなお勢い衰えることなしというのは、
彼だからこそ為せる業、としか言いようがない。
ただ、定期的に姿を消してしまうため、どこかに所属し戦う、というのは少し考えにくいか?

特に注目すべきはこの四人だろうか。
他には、

葬儀まで執り行われたらしい、"生ける屍"三丁目の山田さん。
本当に久しぶりに戻ってきた彼は、かつての姿と少しも変わらない。
という紹介にしたかったが、よく考えてみればかつての姿を覚えていなかった。

そろそろ説明が面倒になってきたのでまとめるが、
宣戦布告スレにおいてSelciaに猛攻を仕掛けている^と黒猫、ミキィと喧嘩をしている植物人間M、元バババらしい\888、
喧嘩スレを立てるがHKJ陣営に袋叩きに遭っている威離芻、あと捨てハンっぽいのが大量にいる。
彼らの実力等については、ご自分の目で確認してください。

やたら長くなってしまったが、彼らが現時点で争いに参加している(しそうな)、つまりは宣戦布告以降にHKJに書き込んでいる人物である。
総計42名。まぁ実際の人数はもう少し少ないだろうが。
ただ、各勢力の実態、またイデア界や喧嘩城など他サイトの意向が明らかになれば、更に人数は増えることだろう。

長くなったので今回はここで終わり。
次回に続く!
履歴